スポンサーリンク

第97回関東インカレ2018【3000m障害結果・速報】

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

参照サイト:wiki(相模原麻溝公園競技場) 2018年5月24日(木)~27日(日)に行われている関東インカレ長距離5種目の結果とコメント記事を掲載します。 こちらは3000m障害になります。
スポンサーリンク

3000m障害結果

スポンサーリンク

1部

予選:25日(金)13時10分 2組×5着+2人通過 決勝:26日(土)17時00分

予選1組

1位小室 翼(東洋大③)9分09秒81 Q 2位東島清純(明大④)9分10秒07 Q 3位阪口竜平(東海大③)9分10秒51 Q 4位足立直哉(東海大④)9分11秒03 Q 5位岡田 望(早大④)9分11秒25 Q 6位川瀬宙夢(筑波大④)9分11秒97 7位山本 嵐(城西大①)9分13秒81 8位工藤海良(国士大④)9分16秒27 9位濵田 諒(日体大③)9分16秒95 10位石井闘志(流経大①)9分24秒74 11位森 凪也(中大①)9分26秒32 12位谷川恒太(大東大③)9分27秒19 13位人見昂誠(法大①)9分27秒39 14位鈴木大介(国士大②)9分52秒30 15位太田裕也(山学大③)9分56秒12 DNS笹谷亮太(順大①) スタート直後は、法大・人見、中大・森選手が引っ張る展開に。1000mは3分09秒でスローペースだ。中盤に入り、国士・鈴木選手がトップに浮上するも2000m6分13秒とそこまで上がらない。 その通貨の直前で東海・阪口選手が飛び出す!つくのは東洋・小室選手、3位に東海・足立と明大・東島選手が競る展開に。その3位の2人は先頭に追い付き4人の争いに。最後は小室・東島・阪口・足立選手の順に。早大・岡田選手が最後に追い上げ5着、筑波・川瀬選手が2組待ちとなった。

予選2組

1位青木涼真(法大③)9分04秒01 Q 2位藤崎真伍(流経大④)9分04秒11 Q 3位吉田 匠(早大②)9分04秒21 Q 4位三上嵩斗(東海大④)9分04秒37 Q 5位大木皓太(早大③)9分04秒40 Q 6位萩原璃来(中大②)9分04秒97 q 7位小松力歩(日体大③)9分09秒40 q 8位小田太賀(東洋大②)9分12秒73 9位齋藤零司(筑波大③)9分19秒03 10位宮下璃久(城西大①)9分25秒09 11位川上瑠美梨(日大②)9分27秒59 12位森下舜也(順大②)9分30秒02 13位関川大悟(山学大③)9分30秒76 14位吉野 翔(国士大②)9分34秒47 15位續木悠也(順大④)9分37秒10 DNS田辺佑典(法大②) 優勝の本命の一人、法大・青木選手が一気に飛び出す展開に。東海・三上選手、日体・小松選手が続くが序盤で縦長の展開になる。1000m通過は3分02秒とかなり早くなる。この速さで三上選手が青木選手に並びかけるくらいに。2000m6分03秒で通過するころには先頭集団は7人に絞られた。 そこからラスト1週まで先頭集団は6人に。青木、中大・荻原、三上、早大・吉田&青木、流経・藤崎選手による争い。そこから荻原選手、藤崎選手が仕掛けていく展開。最後は青木選手がわずかな差で刺し返してトップ通過。全体的に早かったため、タイムでの決勝進出はこの組で2人出る展開となった。
スポンサーリンク

決勝

【レース展開】 阪口選手が先頭に立ち、青木・藤崎選手らが追いかける展開。1000mは2分54秒とハイペース。中盤からは阪口選手がややリード、小室選手が素早く反応し、青木・三上選手も追ってきて、2000m5分47秒で通過するころには4人の先頭争いに絞られる。5位争いは大木・小松・東島・足立選手となる。  最後に挙がってきたのは青木選手。一時3人から遅れをとったものの、自分の走りを取り戻し猛スパート。最後まで緩めずに3人を逆転しトップへ。2位小室選手が続き、3位三上選手となった
1位青木涼真(法大③)8分42秒11 +8点 2位小室 翼(東洋大③)8分43秒62 +7点 3位三上嵩斗(東海大④)8分47秒46 +6点 4位阪口竜平(東海大③)8分51秒94 +5点 5位吉田 匠(早大②)8分54秒33 +4点 6位足立直哉(東海大④)8分59秒20 +3点 7位小松力歩(日体大③)8分59秒63 +2点 8位岡田 望(早大④)8分59秒87 +1点 9位東島清純(明大④)9分01秒88 10位萩原璃来(中大②)9分13秒88 11位藤崎真伍(流経大④)9分14秒83 12位大木皓太(早大③)9分19秒93
https://twitter.com/k_7250/status/1000291573907664897 ★終盤に大逆転!箱根5区区間賞男の法大・青木選手が見事に連覇達成! 前回優勝の青木選手が強くなっているのは分かっていた。箱根5区区間賞の実績、3障のベストの更新と勢いがあった。ただ、ライバルも強くなっていたため、どうなるだろうかと思われた。 そんな中、優勝しきるのはさすがですね。2000m過ぎてから一時単独4番手に落ちるのですが、そこで自分のリズムを取り戻す強心臓は、主要大会で外さない一つの要素なのでしょうか。そこからギアチェンジし、ライバルたちを振り切っていきます。 タイムも8分42秒とここで更にベストを更新してきました。最終学年となる来年はもっと進化する姿を見れるかもしれません。   ★東洋大・小室選手は成長を告げる2位!日体・小松選手は7位で長距離初得点 続いてゴールしたのは優勝候補の一人と言われていた東洋・小室選手。彼も1年時から強かったですよね。もう一回り成長した今年、ついに表彰台に上り詰めるまでになりました。惜しくもトップにはなれませんでしたが、最後まで食いつきました。また別の舞台でリベンジを狙うかな? また、日体・小松選手が激しい5位~入賞争いの中、粘り切り7位入賞を確保。日体大は今回の関東ICでのポイント獲得ができるかどうか微妙なところでしたが、ここで確保できたのは良かったです。残り2種目に繋がればと思います。   ★東海大はトリプル入賞!三上・阪口選手は悔しさ残る3位4位、足立選手は嬉しい6位! 1部は3選手が決勝に残った大学が2校あったのですよね。そのうち、注目が高かったのは東海大。優勝候補に挙がっていた三上・阪口選手がいました。阪口選手は自己ベストが全体のトップで、スタートから積極的にいきましたね。最後は苦しく4位へ。また、前回2位だった三上選手はしっかり先頭集団に絡んでいきましたが、一つ順位を下げて3位へ。2年連続表彰台も少し悔しさは残るかな? そんな中、3人目の足立選手が6位入賞!正直、通過するだけでも大健闘だと思っていたのですが、自己ベストを大きく更新し8分59秒の記録で大接戦で粘り切りました。やっぱり、東海大はこういう無名選手を4年目で開花させるのがうまいという印象です。   ★3人決勝の早大は吉田選手が躍進の5位!締切直前B標準突破の岡田選手が8位へ そして、もう1チーム3人決勝に残ったのは早大。前回入賞している大木選手は決勝は失敗レースとなってしまいましたが、他の2名が奮起しましたね。 吉田選手は一時期故障などで冬はレースに出れなかったのですが、ピークがしっかりあいましたね。持っているポテンシャルをうまく引き出しました。 そして岡田選手の入賞は4年生の意地ですね!関東IC締切前日の記録会で初めてB標準を突破、それが予選を通過して、決勝本番で8分台を出して8位入賞するのですから…こういうところのドラマも要チェックです!
【関東インカレ1部長距離得点(3種目終了時)】 1位東海22点 2位山学14点 3位東洋14点 4位順大13点 5位早大9点 6位日大8点 6位法大8点 8位筑波6点 9位中大6点 10位大東4点 11位日体2点 11位明大2点 城西国士0点
スポンサーリンク

2部・3部

予選:25日(金)12時40分 2組×5着+2人通過 決勝:26日(土)17時00分

予選1組

1位髙橋翔也(中学大②)9分07秒80 Q 2位荻野太成(神大③)9分08秒79 Q 3位鈴木天大(東国大②)9分08秒80 Q 4位吉田光汰(中学大①)9分09秒08 Q 5位古川 舜(亜大④)9分10秒28 Q 6位河内宏太(麗澤大③)9分11秒10 q 7位細谷翔馬(帝京大①)9分22秒25 8位林田祥志(埼玉大④)9分23秒71 9位大澤智樹(創価大②)9分26秒25 10位荒幡寛人(東理大②)9分29秒24 11位増田慶太郎(首都大②)9分32秒79 12位渡辺大智(上武大③)9分34秒11 13位村田享之(東農大③)9分34秒13 14位町田将光(駒大①)9分39秒40 15位芳賀宏太郎(東国大①)9分39秒92 16位入江泰世(駿河台①)10分01秒39 DNS今江勇人(千葉③) スタート直後、農大・村田選手が飛び出すも、直に神大・荻野選手が先頭に立ち、1000m3分06秒で通過。中盤を過ぎて中学・高橋選手も並びかける。 2000m6分08秒で通過後、荻野選手がペースアップ。付くのは高橋選手と同じ中学・吉田選手。4位東国・鈴木、5位亜大・古川選手、6位麗澤・河内選手が続く。最終的に高橋選手がリードを奪いトップ通過。古川選手までが続き、河内、帝京・細谷選手が2組待ちとなった。

予選2組

1位田村丈哉(帝京大③)9分14秒44 Q 2位西方大珠(神大①)9分16秒55 Q 3位盛田和輝(東農大①)9分17秒28 Q 4位原田和輝(東国大②)9分17秒35 Q 5位大西峻平(駒大①)9分17秒40 Q 6位境 勇樹(帝京大②)9分17秒50 q 7位菅家希来(國學大④)9分24秒66 1位小野隼太(茨城大M1)9分29秒37 8位加瀬蒼一郎(中学大①)9分31秒14 9位山元創太(亜大①)9分35秒09 10位阪本大貴(駿河台①)9分36秒64 11位鶴田和博(桜美林③)9分36秒98 12位山本将輝(麗澤大②)9分41秒71 13位山本旺輝(関学大③)9分44秒90 14位山田純平(千葉大④)9分45秒01 15位脇本 岳(武蔵①)10分07秒20 DNF麻生 樹(創価大①) DNS緒方俊亮(東農大①) スタート直後から神大・西方選手が引っ張り、横に帝京・田村選手が付く形で1000m3分08秒で通過。直後に田村選手がペースアップ!つくのは中学・加瀬選手のみ、3位西方選手でそのあとは5人の集団となる。 2000mは6分06秒で田村選手が単独トップで通過。加瀬選手は直前で離れ、西方選手と並走する。その加瀬選手は水郷のハードルで転倒順位を大きく落としてしまう。最後は田村選手が終始独走でトップ通過、2位西方、ラスト1周で大きく順位をあげた農大・盛田選手が3位に入った。 またタイムは1組の河内選手と帝京・境選手が救われる形となった。

決勝

【レース展開】  スタート直後は高橋・吉田・田村・荻野選手が先頭へ、1000m2分58秒で通過するころには盛田選手が前を引っ張る展開となる。2000m5分59秒で通過した直後、荻野選手が先頭に出る。これに高橋・吉田・西方・鈴木選手が反応。  ここから更に抜け出したのはやはり荻野選手。そのまま優勝、見事に3連覇を飾った。激しい2位争いは最後は吉田選手に。西方・鈴木選手らが続いた。
1位荻野太成(神大③)8分52秒27 +8点 2位吉田光汰(中学大①)8分55秒38 +7点 3位西方大珠(神大①)8分56秒15 +6点 4位鈴木天大(東国大②)8分57秒20 +5点 5位髙橋翔也(中学大②)9分00秒44 +4点 6位大西峻平(駒大①)9分02秒89 +3点 7位原田和輝(東国大②)9分04秒71 +2点 8位古川 舜(亜大④)9分05秒78 +1点 9位田村丈哉(帝京大③)9分06秒53 10位盛田和輝(東農大①)9分12秒31 11位境 勇樹(帝京大②)9分17秒13 12位河内宏太(麗澤大③)9分18秒23
★勝負に徹した神大・荻野選手が見事に3連覇!復活を遂げる 2部はここまで2連覇している荻野選手が勝ち切れるか…まずはこの1点でしたが、見事な走りで横綱相撲でした。 この1年良かったことも嫌なことも色々ありました。長い距離の走力が上がり全日本駅伝で優勝メンバーになりました。一転、箱根5区では大ブレーキしてしまいました。 そこから復活するのに時間が少しかかりましたが、完全に吹っ切れましたね。日本選手権の表彰台に立つのが次の目標だそうなので、是非とも達成してほしいですね。   ★3障歴1か月の中学・吉田選手が見事に2位!神大・西方選手3位で1年生2人表彰台 そして混戦となった2位争いは驚きの結果に!中学大のルーキー吉田選手がまさかの2位に!高校時代には3障の経験はなく、大学に入って初めて3障に挑戦。この決勝が3度目の3障だったのですが…。まさかここまでくるのは本人も想定していなかったのでは??なんか中学大はここから伸びる選手が多いので、これから要チェックです。 また、神大・西方選手も見事な走りでしたね。こちらは高校時代から8分台をのタイムを持っている実力者。1年目で表彰台に上ったのはさすがといったところです。神大として、ここで荒稼ぎすることができたのも良かったです。   ★中学・髙橋選手が粘って5位、東国・鈴木&原田選手で両校W入賞! また、昨年の表彰台の選手は、荻野選手以外は立てなかったのですよね。帝京・田村選手は9位と入賞ならず…。中々激しい争いです。そんな中、高橋選手は何とか5位へ。ハードルに脚が引っかかってしまい、惜しくも失速してしまったようですが、中学大としてW入賞することはできました。 また健闘したのが東国大の2人ですね。前回も決勝に残っている鈴木選手は成長を見せ4位へ。後半ペース上がった時も勝負できましたね。また、今年9分一桁を出していた原田選手も自己ベストを更新、7位に入りました。   ★駒大・大西選手6位で踏ん張る、亜大・古川選手は2年連続で入賞! もう一人、1年生が入賞したのですよね。駒大・大西選手が大会前のベストを大幅に更新し6位に入りました。駒大も苦戦が続いていて、この3種目で得点は初めてでしたね。最終日に向けて勢いが付けばと思います。 また、亜大・古川選手が粘りましたね。前回8位入賞している選手、8位と9位が激しい争いになりましたが見事に制しています。勝負強いと言えるかもしれません。
【関東インカレ2部長距離得点(3種目終了時)】 1位青学16点 1位神大16点 3位日薬14点 4位東国13点 5位中学11点 6位桜美8点 7位拓大6点 8位上武5点 9位農大4点 9位明学4点 11位帝京3点 11位國學3点 11位駒大3点 14位駿河1点 14位亜大1点
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. アオ より:

    青木君と荻野君の両者が連覇をする形になりましたね。箱根の山では明暗が別れた2人でしたが、主戦場では他を寄せ付けない強さですね。絶対王者(塩尻君)不在の中でもしっかり勝ちきる辺りは本当に強いです。

    • hakonankit より:

      >アオさん
      主戦場の青木・荻野選手は躍動感が凄いですね!今の状態での対決の実現が待ち遠しかったり。全日本予選が大変ですが、日本選手権でとか走るのかどうか気になります。

  2. たけぽっぽ より:

    中央学院はお家芸の3千障害で2人が入賞。しかもルーキーの吉田選手が大学から取り組んで表彰台とは・・・。以前川崎監督がトラックの時期は選手がやりたい種目をやらせると書籍で見たことがありましたが、吉田選手の能力を見抜くとはただ脱帽です。高橋選手も粘って入賞したので、OBの篠藤選手や潰滝選手といい、3障についてはやっぱり何か持っていますね。

    • hakonankit より:

      >たけぽっぽさん
      中央学院大の3障力は凄いですよね。しかも3障のみでの活躍に留まらず、だいたい駅伝でもチームのエース格になっているという…。吉田選手がどうなるか分かりませんが、一つ中央学院大の明るいニュースになりました。