スポンサーリンク

2018.2.4【神奈川マラソン・守谷ハーフマラソン記録・結果】

シェアする

参照サイト:https://www.runningkanagawa.com/kanagawa_marathon/

2月4日は多くの大会が盛りだくさんでしたね。

今度は神奈川マラソン・守谷ハーフマラソンです

スポンサーリンク

第40回神奈川ハーフマラソン2018

かなり風が強い条件だったようですね。その中で制したのはちょっと意外な選手でした。

スポンサーリンク

上位結果

1位大西淳貴(サンベルクス)63分59秒
2位真船恭輔(東国大②)64分06秒
3位梶原有孝(ひらまつ病院)64分06秒
4位首藤貴樹(山学大②)64分06秒

優勝したのは上武大からサンベルクスに進んだ大西選手ですね。チームでエース格になっていますが、梶原選手ら実力者が集まっている中で勝ち切ったのは力がついてきた証なのでしょう。今後もっと大きな大会で名前を見るようになるかも?

全結果(http://hakonesaijo.sakura.ne.jp/2018-0204-kanagawa.html)

箱根1位~10位チーム結果

69分以内は全員追記予定

まだ全結果は判明していません。追記します

青山学院大学

8位吉田圭太①64分31秒
9位山田滉介③64分45秒
10位神林勇太①64分49秒
岩見秀哉①65分14秒
松田岳大③65分31秒
中山大樹①65分40秒
植村拓未②65分56秒
林 奎介③66分00秒
新号健志①66分02秒
松葉慶太①66分16秒
吉田祐也②66分33秒
生方敦也②66分57秒
中根滉稀②67分07秒
大藏洋人①67分13秒
森川弘康①67分22秒
花輪瑞貴②67分27秒
永井拓真②68分01秒

秋シーズンはもう少しだった1年吉田選手が距離に対応してきましたね。風がある中、64分半ばはまずまずだと思います。同じ1年の神林選手もまずは安定しているでしょうか。前回63分台を記録した岩見選手もまた次につなげてくれれば。3年の山田選手もあと1年、レギュラーにまだワンチャンスありでしょう。

東洋大学

7位中村拳梧③64分29秒
定方 駿②64分52秒
大西晴己②65分04秒
田上 健①65分05秒
岡里彰大①65分38秒
小田太賀①65分46秒
山口健弘③65分55秒
飯島圭吾①66分15秒
野口英希①66分15秒
田中龍誠①66分29秒
土壁和希②66分51秒
大澤 駿①67分22秒
小室 翼②68分56秒

駅伝出走は無くてもエントリーに入り続けている東洋・中村拳選手がしっかりと上位入賞。長い距離の安定感はついていますよね。ぐっと前に出てくる日もあるでしょうか。それから最近気になっていた定方選手がやはり伸びてきていますね。他にも65分少しでまとめる選手がいます。いつかの選手層の厚さが戻ってくるかも?

東海大・法政大・城西大

東海大学
鈴木雄太①65分06秒
小松陽平②65分44秒
越坂部隆成③67分29秒
丸山 剣③69分01秒

鈴木選手が65分少し、安定感が増してきていますかね。

法政大学
岡原仁志②65分16秒
田辺佑典①66分40秒
松澤拓弥②66分43秒
糟谷勇輝①68分00秒
中村雅史①68分17秒
奥山智広①69分03秒

箱根8区を走った岡原選手はさすが安定していますかね。4区出走の松澤選手は今回はうまくいかなかったか。そんな中、1年の田辺選手が粘ったと思います。

城西大学
鈴木勝彦③65分02秒
梶川由稀①65分49秒

箱根の補欠だった鈴木・梶川選手が65分台でまとめてきましたね。城西大は、まだまだ上昇ムードかも。

スポンサーリンク

箱根11位~20位チーム結果

東国大・山学大

東京国際大学
2位真船恭輔②64分06秒
河野 歩③65分01秒
相沢悠斗②65分11秒
堤 完一③67分48秒

箱根1区出走した真船選手が全体の2位!今回は最後までいい争いをしましたね!真船選手など戦える選手が増えてくると、東国大も一気に伸びてくれるはず。

山梨学院大学
4位首藤貴樹②64分06秒
6位宮地大輔②64分27秒
片山優人③65分58秒
関川大悟②66分24秒
川口竜也②66分39秒
井上広之②67分06秒
池田眞臣③67分19秒
斎藤有栄①67分20秒
森山真伍①68分24秒
大殿将司③68分45秒
安藤主税①69分01秒
熊谷尭之①69分02秒

2年生の首藤・宮地選手が終盤まで先頭争いをしたのが、大きな収穫ですね!昨年の秋ごろから少しずつ選手が伸び始めていましたが、形になる選手が表れ始めました!ここから覚醒なるでしょうか。

中央大学

5位畝 拓夢①64分13秒
冨原 拓②65分17秒
関口康平③65分24秒
川崎新太郎①65分31秒
萩原璃来①66分11秒
神崎 裕③66分37秒
池田勘汰①67分15秒
安永直斗②70分51秒
10㎞
1位田母神一喜②31分13秒

箱根予選で1年生トップを取った畝選手はやはり安定して長い距離は結果を出せますね。これからが楽しみ。また、短い距離のイメージがある冨原、新主将に就任した関口選手が大きくベストを更新する走りを見せたのは良かったのでは?

また10㎞で練習の一環として田母神選手が参加。目標の30分50秒まではいかずもまずまずですかね?3年目に飛躍してほしい。

駒大・國學大・国士大

駒澤大学
小島海斗①65分08秒
大坪桂一郎②65分33秒
伊東颯太①65分54秒
若林大輝①66分48秒

若手中心に出場しましたが、小島選手が65分一桁といい長距離ロードデビューになったのではないでしょうか。箱根5区で苦い思い出がある大坪選手も負けじと頑張ってほしい。

國學院大學
稲毛暉斗②65分27秒

国士舘大学
石川智康②65分58秒
ポール ギトンガ①67分02秒
杉本恭吾②67分09秒
鼡田章宏②68分01秒
山口純平②69分26秒

国士大の伸び盛りの石川選手が再び65分台を出しています。条件が決して良くない中というのもポイントです。

スポンサーリンク

箱根未出場チーム結果

明治大学

東島清純③64分55秒
角出龍哉③65分34秒
村上純大①65分54秒
岸 哲也②66分03秒
前田舜平①66分17秒
佐々木大輔②66分27秒
山口竜矢③66分37秒
岩本隼弥③67分28秒
枡田雄太③68分07秒
飯田晃大①68分34秒
寺前友喜①68分38秒
南 俊希②69分06秒
小袖英人①69分07秒

中堅選手候補の選手が大量に出場していますが、東島選手が一人大きく抜け出しています。上級生の安定感でしょうか。昨シーズン随所で光った核出選手も続きました。前田・村上選手ら1年、箱根予選で頑張った南・佐々木選手ら学生ハーフでどこまでいけるかも注目です。

専修大学

横山絢史②65分26秒
小林彬寛②66分34秒
島田匠海③66分55秒
西川優樹③67分28秒
宮下 竣③67分38秒
村上大宗①68分45秒
大石 亮①68分45秒
辻 海里①68分50秒
市来原潤①68分50秒
黒柳陽汰①69分22秒

専大のスピードランナーの横山選手がこの冬2度目の65分台、そしてベスト更新です。小林選手らも粘っています。

東京農業大学

吉田蒼暉②66分33秒
森 柊斗③66分55秒
平間大貴①68分21秒
那須野幸佑②68分23秒
原 大成②69分01秒
高木才叶②69分19秒
村田享之②69分33秒
尾辻 颯①69分40秒

吉田・森選手らが66分台をマーク。長い距離に強くなっていってほしいですね。

その他

東京経済大学
元川嵩大③67分08秒
小新裕貴③67分20秒
松本大寛①68分25秒
宮田共也①68分31秒
所河北斗69分03秒
阿部匠良①69分19秒
鈴木優斗②69分20秒

東経大が多く出場し、今回は粘り切った選手が多かったのではないでしょうか。来期主力の元川・小新選手がこのまま引っ張り続けてほしいですね。

平成国際大学
時任一輝①67分43秒
工藤淳平②68分02秒
上石敦士②68分19秒
青木雄貴①69分35秒

比較的若い世代が出場。時任・工藤選手らが上がってくると層が厚くなります。

関東学院大学
関口大樹②65分06秒
石本孝二①69分04秒
小野元也②69分29秒
大原一真69分41秒
山田拓磨69分57秒

関口選手が大きく成長してきていますね。このコンディションで65分少しは今後にとても期待が持てます。

明治学院大学
山内郁人③68分03秒
雨宮大地②69分38秒

その他
國司寛人(名古屋大)68分01秒
中村雅史(帝京科学大)68分17秒
馬場雅人(東情大④)68分29秒
小田切佑介(東情大)69分06秒

明学大は山内選手に安定感がありますね。他では、箱根予選に縁のない帝京科学大の中村選手が68分台マークしたのがびっくりです!

スポンサーリンク

第34回守谷ハーフマラソン

結果

日本体育大学

1位山口晟弥③64分18秒
2位山口和也②64分26秒
3位白永智彦②64分48秒
4位森崎拓海③65分20秒
5位森田諒太②65分26秒
6位亀田優太朗①65分30秒
8位林田元輝③65分36秒
岩室天輝①66分06秒
森 龍一②66分11秒
冨田真佑②66分27秒
山中貴善②66分33秒
大泉 奨③66分43秒
鈴木烈剛②66分51秒
福住賢翔①66分55秒
酒匂郁海③67分05秒
志賀康太③67分43秒
好 貴久②68分04秒

日体大が上位独占しましたが、また山口晟選手がチーム内トップ!箱根出走した選手は山口和だけとはいえ、多くの選手を置き去りにしているのはちょっとびっくりですね。本人も長い距離に自信がつくのではないでしょうか。白永・森崎選手らもじわじわ伸びてきています。このまま3月に繋げていきたいですね。

中央学院大学

由見光道④66分03秒
下川和樹③66分04秒
大濱 輝②66分15秒
石原圭祐②66分34秒
石綿宏人①66分49秒
畝 歩夢①66分52秒
杉谷駿輔③66分57秒
玉沢良太③66分59秒
大津吉信②67分27秒
原捷太郎③67分43秒
石井 海③67分49秒
實政瑛久③67分50秒
水野 優④67分51秒
川村悠登②67分57秒
石井 海③67分49秒
山本大貴③68分24秒
篠原崇希③68分41秒
川﨑耕平①68分49秒
長山瑞季②68分59秒
杉山拓郎②69分32秒

いつも日体大VS中央学大になるのですが、中学大は今回は主力中堅選手の出場は少なかったですかね。その中で箱根16人のメンバーに入っていた4年生の由見選手が懸命の力走でしたね。

スポンサーリンク

東京国際大学

10位草場大地①65分59秒
熊谷真澄①65分59秒
原田和輝①66分05秒
中村南斗③66分13秒
宇田川魁斗②66分40秒
三浦大和①67分54秒
濱添大地③68分18秒
加藤純平①68分40秒
石井俊哉①68分49秒
高橋開登①68分58秒
内山涼太②69分04秒

1年生3人が66分前後ながらハーフをしっかり走れたのは良かったのではないでしょうか?草場・熊谷・原田選手の次のレースに注目です。

流経大・筑波大

流通経済大学
7位小原佑介②65分30秒
地福詩音③66分22秒
三輪雄大②68分05秒
浅海雄大①68分11秒
馬越 啓68分23秒
木村壱正②68分48秒
瀬能裕二69分04秒
島龍之介②69分16秒
西田 楓①69分47秒

小原選手がよく日体大勢に食らいつきましたね!ここ数か月でかなり伸びてきていると思います。地福選手ら少しずつ戦える選手が増えてきていると思います。

筑波大学
川瀬宙夢③66分16秒
吉成祐人(M2)66分39秒
渡辺珠生①67分47秒
田川昇太①69分06秒
尾原健太①69分44秒

丸亀ハーフと筑波大勢が、ついに積極的にハーフに参戦するようになりましたね。タイムはともかく、今後も継続的な取り組みにできればと思いますね。


次週の予定

2018年2月11日も盛りだくさん!

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ユーポン より:

    守谷ハーフですが、日体大森田諒太くんの記録が抜けてませんか?65分26秒だったと思いますが・・・

  2. たけぽっぽ より:

    東京国際の真船選手は、箱根の1区を境に一気にチームの準エース格になった感じがします。
    出身の学法石川高校の同級生には阿部(明治)、田母神(中央)、相澤(東洋)と各大学のエース級選手揃いで、1学年下にはあの遠藤日向選手と凄いメンバーの中で高校駅伝を走っているので、ここで伊藤選手と2枚看板プラス留学生ができたら、来年は今年と違う往路が見られると思います(予選通過という条件はありますが・・・)。