スポンサーリンク

【結果】第71回法政大学競技会+α(2022年12月24日)

2022年12月24日(土)に、
第71回法政大学競技会が行われました。

長距離のみで5000m4組・10000m5組といつになく組数も多いですね。

箱根駅伝出場校でエントリーに入れなかった選手、出場できなかったチームの主力選手も出場しています。

大学駅伝チーム別のまとめになります。

スポンサーリンク

【結果】第71回法政大学競技会

[結果速報(法政大陸上部Twitter)]

10000m4組のみ上がっていないので、それ以外がまとまっています。

中央大学
10000m5組
鈴木耕太郎(國學院久我山③)29分11秒53※中大進学
伊東夢翔①29分23秒93
佐野拓実②29分36秒96
伊東大翔③DNF

 伊東大選手がPMをする形で、出場していましたね。伊東夢・佐野選手が29分半ばでまとめていました。それを、中大の進学が発表されている國學院大久我山高鈴木選手がそれより早いタイムである29分11秒で走り切りました。またいい選手がやってきますね。

創価大学
5000m3組
中村拳士郎①14分25秒72
山下唯心③14分36秒50
森下 治③14分40秒40
竹田康之助①14分53秒78
4組
藤ノ木丈②14分06秒28★
有田伊歩希③14分10秒64★
吉田悠良③14分14秒91
黒木陽向①14分15秒92
家入勇翔①14分23秒15
若狭凛太郎②14分26秒27
志村健太③14分26秒55
石井大揮③14分27秒87
濱口直人②14分36秒45

 創価大は、5千mに来年の箱根エントリーを狙う選手が出場。1万mでも29分前半の好タイムを出していた藤ノ木選手が14分06秒でチームトップ。有田吉田選手もまずまず。そのほか、黒木・家入・中村選手ら1年生もまとめていたのが、次につながりそうです。

國學院大學
5000m3組
中川雄太②14分32秒93
中薮大智①14分41秒83
小松恵達①14分43秒04
陸 太陽①14分46秒34
大呂青葉①14分52秒78
日高龍之介③15分02秒35
奥山颯斗②15分02秒50
4組
板垣俊祐②14分32秒14
吉浦 悠①14分34秒12
田中登馬①14分34秒44
中野 匠①14分34秒58
10000m4組
本山凜太朗②29分27秒89★
沼井悠斗②29分29秒90
中西唯翔④29分32秒32
青木洸生②29分32秒99★
松下祐介③29分34秒33
吉田 鍾②29分34秒62
三潟憲人②29分52秒67
浅井大登③29分53秒49
阿部優樹③30分07秒57
植木来時①30分26秒40
DNF宮本大生④阿久津佑介④永谷連太郎④
5組
鈴木景仁③30分04秒84

 國學院大は1万m4組に、おそらく箱根エントリーまであと一歩だっただろ言う選手が出場。2年本山選手が29分27秒でチームトップ。続いて、昨年の全日本駅伝に出場している沼井選手も久々好記録29分29秒、

 そして…エース中西大選手の双子の兄、中西唯選手も出走。1万mも久々ですが29分32秒とまずまずの記録だったのは良かったですね。さらに青木・松下・吉田選手も29分秒台で続きました。選手層は厚いですね。

帝京大学
5000m2組
山下航平③14分51秒04
高橋 崚④14分58秒25
10000m1組
板橋将吾①30分22秒41
品川 慧②31分29秒35
若林凌汰①31分44秒31
3組
野村祐太朗②29分51秒87★
高島大空②29分55秒86★
大谷祥輝①29分57秒17★
細谷建斗①30分02秒75★
森田健伸①30分23秒32★
4組
石川湧月②29分30秒64★
栗田隆希①29分54秒39★
田中陽々希①30分20秒21
大類 駿③30分24秒58
鎗田大輝①30分31秒86
5組
林 叶大②29分47秒42

 帝京大も16人には入れなかったメンバーが多く出場しました。チームトップは2年石川選手29分30秒でした。これが抜けていますね。

 その他の選手も、2年野村・高島、1年栗田・大谷選手が29分50秒台、1年細谷選手も30分02秒まとめてきました。これは、来年以降期待できそうです。

法政大学
5000m2組
伊藤祐斗①14分42秒14
3組
大島史也①14分24秒84
徳永裕樹④14分26秒45
鈴木雄大①14分43秒55
4組
緒方春斗③14分18秒62
池田一貴④14分20秒35

10000m2組
行天陽虹①30分24秒38★
蛭田哲平③30分32秒02
長井尊将①30分35秒15
下山 翼②30分54秒03
松本一晟③31分31秒30
3組
安澤駿空②29分48秒22★
澤中響生①30分01秒98
4組
高橋彰太①29分37秒53

 主催の法政大も何人か出場していますね。5千mは、徳永・池田選手と言った4年生が出走し14分20秒台でナイスまとめ。大島選手と言った、今後が楽しみなルーキーも久々に姿を見ましたね。

 1万mは、MARCH対抗戦でも奮闘していた若手が出場。安澤・高橋選手と言った若いメンバーが、29分台でまとめているのは収穫と思います。

明治大学
5000m2組
杉本龍陽④14分40秒60
角南隆行③14分59秒02
3組
黒髪悠太郎④14分42秒14★
勝浦小太郎④14分56秒77
4組
橋本基紀③14分13秒18
10000m1組
新野冴生③30分22秒40★
山内智幸③30分58秒20★
尾ノ上一①31分22秒80
5組
山本 樹①29分29秒96★
窪田悠人①29分49秒82★
甲斐涼介②29分57秒14
三上晋弥④30分09秒65
井坂佳亮①30分48秒94

 明治大も最終組に、楽しみなルーキー勢が出場。山本樹・窪田選手は、16人に入ってもおかしくなかったメンバー。来年こそですね。三上・黒髪選手ら4年生も頑張りましたね。

専修大学
10000m1組
辻 優輝②30分25秒34
2組
藁科健斗①29分48秒58★
犬塚知宏①30分29秒62
安藤 凛①30分47秒54★
樋口拓海①31分11秒26★
3組
村上友哉①29分59秒98★
長谷川源②30分52秒69
石塚颯太②31分50秒55
4組
国増治貴④29分57秒32

 専修大が、トラックのベースがあがってきましたね。16人から外れたメンバーが29分台何人も出すのはかつてないこと。藁科・村上選手といった1年生が29分台をマークしたのは大きい。

 それから、主力選手国増選手が、最後29分台出せるまで戻せたのも、チームの士気として大きいかなと思います。

国士舘大学
5000m2組
後藤天馬①14分43秒24
信夫大輝①14分56秒34
3組
宮元雄大④14分52秒08
安達京摩③14分56秒22
4組
富岡晃世①14分21秒93
岩下翔哉①14分33秒04
大森由翔①14分42秒84
10000m1組
溝辺伊織①30分28秒31
2組
生駒直幸①29分45秒44★
木村聖哉④29分50秒20★
小林瑠偉②30分16秒35★
横田星那①30分22秒92★
小谷翼咲①30分25秒34
落合倭和③30分43秒02
菊池和人④31分06秒94
福岡亮宏③31分12秒21
3組
正木 楓②29分47秒83★
竹前光哉①29分52秒38★
安田快聖③29分55秒54
川田敏暉②29分56秒43
野中創太③30分04秒68
美谷佳輝②30分13秒98
笹井耕汰①30分22秒23
影山裕己②30分31秒01
佐藤悠貴也③31分10秒45

 5000mに1年背が多く出場、冨岡選手に、さらに即戦力候補で前半戦活躍していた岩下選手が約半年ぶり試合復帰。また持っている力を出せるレースが増えていければ。

 1万mも生駒・正木・竹前選手といった若手選手に、4年生木村主将が、ついに29分台到達。国士大も収穫が多かったなと思います。

日本大学
10000m1組
本田寛喜②31分00秒59
荒井裕太①31分10秒96
松村謙吾①31分15秒03
3組
大橋 優②30分51秒56
本間君耶①30分54秒40
4組
中澤星音①30分24秒84
土井拓実③30分58秒10
鈴木孔士①31分05秒55
5組
安藤風羽②29分19秒30★
若山 岳④29分54秒73

 日本大も多く出場。30分台・31分台が多かったですが、次につながるか。その中で、最終組出場の安藤選手が29分19秒自己ベストマーク。主力選手が引っ張れていますね。

麗澤大学
5000m2組
今野元揮③14分48秒44
小宮尚栄①14分49秒36
若井 涼①14分54秒31

10000m2組
小林丈留②31分29秒92
3組
若田宗一郎③29分59秒94
山口祐司④30分34秒50
大澤巧使③30分35秒29
4組
関 優樹①29分25秒04★
5組
D.ネイヤイ①28分21秒78★
廣瀬啓伍②29分20秒10★

 大きな収穫があったのは麗澤大。3組で3年若田選手が29分59秒を出すと、4組以降主力がベスト、留学生ネイヤイ選手がついに出場し28分21秒の大幅ベスト!日本人も廣瀬・関選手が29分20秒台ベストが出てきていますね。これで、全日本予選出場圏内に浮上しています。

拓殖大学
5000m1組
秋吉星弥③14分56秒30
10000m1組
赤平 翔①30分34秒54★
玉利和己①31分08秒88
3組
小林大祐②29分50秒10★
4組
強矢愛斗②29分30秒69★
富永匠海②29分35秒71★
宮川虎太朗①29分54秒64★
石川景次郎③30分07秒43★
富永悠生②30分30秒08
菊地圭太③31分03秒22
鎗田光希①31分56秒34

 拓殖大は、次の主力選手が懸命にタイム短縮していますね。3組で小林選手が29分50秒ベスト、4組では新エース候補強矢選手が29分30秒ベスト更新、富永選手も29分35秒と続きましたね。少しずつでも走力が上がっていければ。

芝浦工業大学
5000m4組
三浦 剛③14分15秒12★
横尾 皓①14分19秒89
10000m1組
志賀智也②30分17秒44★
森本博文②31分12秒29
野田大空①31分54秒83
4組
渡邊悠太②29分25秒31★
國井優仁①30分31秒14
5組
内山寿頼①29分12秒51★
松川雅虎④29分27秒38

 芝工大が、また記録を伸ばしてきましたね。5千mでは三浦選手が14分15秒復帰、さらに春先話題になった横尾選手が久々の試合出場を14分19秒の好タイムで飾りました。

 1万mでは、1年生内山選手が29分12秒の学内記録達成!過去箱根走っている松川選手もびっくりの記録。前の組では、渡邊選手も29分25秒で走っていますし、チーム力確実に上がってきています。

慶應義塾大学
10000m2組
大木啓矢③31分17秒49
田口翔太②31分46秒63
3組
黒澤瑛紀③30分24秒48
鈴木太陽①30分31秒08★
東 叶夢①30分32秒14★
島田 亘①31分28秒46
5組
安倍立矩②29分07秒93★
安田陸人①29分57秒14★
田島公太郎②30分39秒54

 慶應義塾大もまずまず収穫ありましたね。3組で1年生鈴木・東選手が30分30秒付近でまとめると、最終組に出場した安倍選手が29分07秒の好記録!条件に恵まれれば28分台も夢じゃない。さらに1年生安田選手も29分57秒と一気に記録を伸ばしています。この世代も徐々に注目が集まりそうです。

桜美林大学
10000m1組
荒木玖仁①31分04秒52★
佐藤 亘①31分06秒58★
塚田雄大③31分09秒04
高橋拓海①31分19秒40★
北原佑都②31分48秒45
山崎雄充①31分52秒59
2組
島津太一①29分50秒83★
志村鉱祐①30分49秒36
PMネルソン ンビディ①

 2組で、1年生島津選手がネルソン選手らのPMに引っ張られながら29分50秒自己ベスト。1年生の選手の出場が今回多かったかな。

武蔵野学院大学
5000m4組
尾形拓海③14分34秒05

 武蔵野学院大も出場が多かった中、尾形選手が14分34秒好記録を出していますね。

【男子結果】第23回日本体育大学女子長距離競技会

日体大記録会で、男子の組がありましたので、追記します。

10000m
浦上和樹①29分15秒24★
富永椋太②29分16秒43★
二村昇太朗①29分27秒69
石川龍芽②29分29秒39
植松孝太②29分44秒32
村上優心①30分08秒36★
三好紘生③30分32秒08
谷口貴亮④30分32秒46
竹下史啓①30分37秒24
渡野幹大①30分49秒43
溝上賢伸②30分56秒57
倉村 空①31分08秒97
大谷 翼②31分18秒97★
西坂 侑①31分27秒24★
平野 亮③31分39秒51★

5000m
中津川亮③14分26秒24★
松永悠吾④14分36秒56
奥山恵親④14分44秒96
北脇秀人④14分53秒10
伊藤 航①14分57秒90
村越凌太④14分59秒39

 日体大は箱根が外れたメンバーが学内記録会で出場。1万mで1年浦上・2年富永選手が29分10秒台の記録をマーク。二村・石川選手も29分30秒を切ってきています。選手層はぐっと厚くなりました。箱根メンバーにもいい刺激が入ればと思います。