スポンサーリンク

【結果】第47回甲佐10マイル/第84回奥多摩渓谷駅伝(2022年12月4日)

2022年12月4日(日)には、ロードの大会も行われています。

そのうち、トップランナーや大学生ランナーが出場する

・第47回熊本甲佐10マイルロードレース大会
・第84回奥多摩渓谷駅伝競走大会

の上位結果と、

駅伝チーム別の結果のまとめになりあmす。

スポンサーリンク

【結果】第47回熊本甲佐10マイルロードレース大会

スポンサーリンク

国際男子10マイル決勝

🥇ベナード コエチ(九電工)44分04秒【世界新】
🥈ジョナサン ディク(日立物流)45分47秒
🥉クレオファス カンディエ(三菱重工)45分49秒
4位マゴマ ベヌエル モゲニ(旭化成)46分27秒
5位K・パトリック①(上武大)46分36秒
6位J.ムトゥク①(山梨学院大)47分04秒

 スタート直後から飛び出していたコエチ選手が44分04秒の10マイル世界新!!次元の違う走りをまざまざと見せつけられましたね。

 大学1年生の留学生も挑戦、今回は上武大パトリック選手が46分36秒と、実業団留学生にもついていく結果。ムトゥク選手は少しは離れての47分04秒でした。

一般男子10マイル決勝

🥇難波 天(トーエネック)45分50秒
🥈西 研人(大阪ガス)45分54秒
🥉野中優志(大阪ガス)45分57秒

4位古賀淳紫(安川電機)46分05秒
5位相葉直紀(中電工)46分07秒
6位二岡康平(中電工)46分08秒
7位大塚祥平(九電工)46分09秒
8位中西大翔④(國學院大)46分09秒

 日本人は、先日1万m27分台達成したばかりのトーエネック難波選手が、45分50秒とここでも好記録!大阪ガス主力選手や、安川電機古賀選手実力者を振り切りました!ここから調整がうまくいけば、1区や3区で区間賞候補になるかな!?

 また、大学生で國學院大中西選手が8位にランクイン。タイム差からすると、最後まで実業団の集団内にいたようですね。出雲・全日本に引き続いてやっぱり強いです。

大学駅伝チーム別まとめ

順天堂大学
三浦龍司③47分03秒
野村優作④47分18秒

 順大は主力の三浦・野村選手が出場。タイム的には10㎞29分少しで通過。やっぱり往路1区2区あたり見据えての参加かな?

創価大学
16位嶋津雄大④46分24秒
野田祟央②47分21秒
黒木陽向①48分32秒
家入勇翔①50分28秒

 創価大は、主力の嶋津選手はさすが。実業団の手段からそれほど遅れずに参加しました。野田選手ら下級生は、少しでも感覚を掴めたか。その野田選手が1㎞3分切るペースでした。

國學院大學
8位中西大翔④46分09秒
12位山本歩夢②46分16秒
藤本 竜④46分33秒
青木瑠郁①46分34秒
上原琉翔①47分17秒

 國學院大は主力が結構参加していたのですよね。中西・山本選手はほぼ実業団トップ集団の中についていました。

 中西選手はチームのためなら復路も…との話ですが、これは4区、いや2区もあるのでは??山本選手も3区に向けて臨戦態勢。

 そして今年の新戦力となった藤本・青木選手が46分半ばでゴール。往路・復路どちらでもいきそうな勢い。上原選手も何とか走り切りましたね。

上武大学
K・パトリック①46分36秒
海村 蓮②50分49秒

 パトリック選手とともに引っ張る海村選手。ロード少しずつ上向けばいいな。

実業団チーム別まとめ

※3名以上出場チームのみ

Honda
木村 慎46分45秒
設楽悠太46分59秒
田口雅也47分30秒

SUBARU
照井明人46分09秒
長田駿佑46分27秒
栗原啓吾47分30秒
真船恭輔48分07秒
森田佳祐48分08秒

コモディイイダ
黒田雄紀47分26秒
大久保陸人47分47秒
横田佳介47分54秒

NTN
齋田直輝46分55秒
辻野恭哉47分04秒
?下拓斗47分21秒

中央発條
樋口大介46分37秒
吉岡幸輝46分55秒
冨田直樹47分38秒
瀬戸祐希47分54秒
竹内 颯48分41秒
米田智哉49分11秒

大阪ガス
西 研人45分54秒
野中優志45分57秒
辻村公佑47分08秒
辻横浩輝47分21秒
岩﨑祐也47分34秒
今﨑俊樹48分26秒
籔下響大49分11秒

マツダ
延藤 潤47分47秒
大隅 裕介48分17秒
山本憲二48分26秒
向 晃平48分46秒
小林 青49分12秒
有馬圭哉49分20秒
山本雄大50分07秒

トヨタ自動車九州
大津顕杜46分10秒
横田玖磨46分13秒
藤曲寛人46分16秒
右田綺羅46分21秒
大城義己46分34秒
河野琉威46分34秒
牧瀬圭斗46分36秒
山口賢助46分49秒
坂本大志47分21秒
今井篤弥47分22秒
志水佑守47分31秒
改木悠真47分50秒

三菱重工
井上大仁46分19秒
江島崚太46分55秒
吉田裕晟46分57秒
目良隼人47分03秒
定方俊樹47分14秒
近藤亮太47分42秒

旭化成
鈴木聖人46分33秒
市田 宏46分47秒
荻野太成46分52秒
今井崇人46分57秒
齋藤 椋47分22秒
藤木宏太47分49秒

九電工
大塚祥平46分09秒
窪田 忍46分53秒
伊東颯汰47分51秒
原富慶季48分01秒
東 遊馬48分29秒
木付 琳48分37秒
吉岡智輝49分33秒

安川電機
古賀淳紫46分05秒
合田 椋46分49秒
岡田浩平47分48秒
鈴木雄太48分05秒
山口晟弥48分32秒
山瀬大成50分24秒

西鉄
津田将希47分17秒
甲斐翔太47分32秒
吉冨裕太47分51秒
河東寛大48分11秒

ひらまつ病院
上村直也49分13秒
片山拓海49分40秒
藤田啓生49分49秒
雲井崚太50分21秒
朝長拓也51分01秒
小林史弥51分32秒

【結果】第84回奥多摩渓谷駅伝競走大会

総合結果

一般の部
🥇コモディイイダ2時間12分35秒
🥈警視庁2時間14分49秒
🥉富士山の銘水クラブ2時間16分49秒
4位御殿場RC2時間22分08秒
5位おくたなを駅伝部2時間22分54秒

大学男子の部
🥇中央大学B2時間15分34秒
🥈中央大学A2時間16分27秒
🥉麗澤大学2時間16分55秒
4位国士舘大学C2時間17分36秒
5位東京大学C2時間18分04秒
6位国士舘大学A2時間18分20秒
7位国士舘大学D2時間19分07秒
8位東京工業大学A2時間19分41秒
9位国士舘大学B2時間21分09秒
10位山梨学院大学2時間21分31秒

 1区で飛び出した中央大Bが、後半に追い上げたAチームを振り切って優勝しています!他に国士舘大が4チーム上位に入る中、麗澤大が3位表彰台、

 さらに東京大や東京工業大といった国立大も5位8位に入る健闘を見せています。

区間別結果(大学生のみ)

1区7.4㎞
🥇吉中祐太①21分44秒 中央大B
🥈古川大晃(D2)21分53秒 東京大C
🥉木村聖哉④22分12秒 国士舘大A
4位工藤郁也④22分16秒 麗澤大
5位小谷翼咲①22分16秒 国士舘大D
6位松田朋樹②22分29秒 湘南工科大
7位落合倭和③22分30秒 国士舘大B
8位美谷佳輝②22分31秒 国士舘大C
9位村本龍彦④22分42秒 山梨学院大
10位岩田知大①22分42秒 東京工業大C

 中大1年の吉中選手と、東大院古川選手が飛び抜けた形ですね。吉中選手のスピードが勝りました。そのあとは国士大木村・麗澤大工藤選手ら4年生が頑張りました。

2区8.4㎞
🥇永島陽介①25分40秒 中央大B
🥈秋吉拓真①25分44秒 東京大B
🥉山口祐司④25分59秒 麗澤大
🥉小林瑠偉②25分59秒 国士舘大C
5位西 優斗①26分06秒 中央大A
5位小林将吾④26分06秒 東京工業大A
7位丸山翔太郎(M1)26分19秒 東京大C
8位菊池和人④26分29秒 国士舘大A
9位水野龍吾①26分38秒 国士舘大D
9位小松崎海斗④26分38秒 東京都立大B

 中大B永島選手が連続で区間賞。さらに東京大1年生秋吉選手がそれに迫る成績、最近好調で注目です。麗澤大山口・国士大小林選手らも小差で続きました。

3区6.6㎞
🥇松本開渡④20分38秒 麗澤大
🥈森田雄貴(M1)20分47秒 東京大C
🥉柴田瀬允④20分51秒 東京工業大A
4位福岡亮宏③20分55秒 国士舘大B
5位折居幸成①20分58秒 中央大A
6位後藤天馬①21分01秒 国士舘大D
7位松元 司④21分13秒 国士舘大A
8位吉木駿平②21分35秒 国士舘大C
9位鎌田虎太郎③21分37秒 湘南工科大
10位本多健亮③21分41秒 東京大B

 麗澤大松本選手が区間賞!麗澤大は4年生が続きましたが、みんな良かったですね。さらに東京大森田選手に東工大柴田選手が好走、国立大の選手の奮闘がありました。

4区6.6㎞
🥇浦田優斗②19分22秒 中央大B
🥈山田俊輝③19分58秒 中央大A
🥉影山裕己②20分02秒 国士舘大C
4位永井智久③20分18秒 国士舘大B
5位信夫大輝①20分21秒 国士舘大D
6位松元 響④20分32秒 麗澤大
7位菊池竜馬④20分33秒 国士舘大A
8位栗山一輝(D1)20分43秒 東京大C
9位山田蒼志郎③20分58秒 山梨学院大
10位大野成輝③21分00秒 東京工業大A

 4区は再び中央大B浦田選手が区間賞。区間2位中大A山田選手を、30秒以上の差をつけているのですから、今回は本当に良かったですね。他、国士舘大が全体的にいい成績でした。

5区8.4㎞
🥇居田優太③24分44秒 中央大A
🥈矢萩一揮②25分14秒 中央大B
🥉宇都木秀太④25分23秒 麗澤大
4位髙木駿太③25分26秒 山梨学院大
5位熊谷 澪②25分28秒 国士舘大C
6位宮元雄大④25分52秒 国士舘大A
6位望月和知③25分52秒 国士舘大B
8位中村駿太②26分00秒 東京工業大A
9位松本一希(M1)26分11秒 東京大C
9位山本 要①26分11秒 国士舘大D

 ここで初めて中央大Aが区間賞を獲得。前回の箱根駅伝7区を走っている居田選手が、断トツの成績。ここhじゃさすがですね。他では、山学大髙木選手が、健闘して順位を上げています。

6区7.4㎞
🥇髙沼一颯②21分47秒 中央大A
🥈小木曽竜盛④21分52秒 中央大B
🥉川田敏暉②22分01秒 国士舘大C
🥉所 倖平④22分01秒 国士舘大A
5位清水佑輔④22分07秒 麗澤大
6位松本啓岐(D3)22分11秒 東京大C
7位岡田拓巳④22分26秒 帝京平成大B
8位勝碕 玄①22分40秒 国士舘大D
9位裏野凌央②22分49秒 東京工業大A
10位勝又健智②22分51秒 清和大

 区間順位では中大A高沼選手が僅かに上でしたかね。レースとしては中大B小木曽選手が優勝のゴールテープを切った形です。この他、帝京平成大や清和大ら、ちょっと意外なチームが区間上位に入ってきています。

チーム別結果

🥇中央大学B2時間15分34秒
1区(7.4㎞)🥇吉中祐太①21分44秒 1位
2区(8.4㎞)🥇永島陽介①25分40秒 1位
3区(6.6㎞)11位濵田宙尚③21分42秒 3位
4区(6.6㎞)🥇浦田優斗②19分22秒 1位
5区(8.4㎞)🥈矢萩一揮②25分14秒 1位
6区(7.4㎞)🥈小木曽竜盛④21分52秒 1位

 概ね順調でしたね。吉中・永島選手ルーキーが突進。3区で一旦首位を明け渡すも、4区浦田選手が断トツ区間賞で勝負を決定づけました。最後は、大学では苦しんだ小木曽選手が、有終の美でゴールテープを切りました!

🥈中央大学A2時間16分27秒
1区(7.4㎞)11位篠原 寛①22分54秒 11位
2区(8.4㎞)5位西 優斗①26分06秒 7位
3区(6.6㎞)5位折居幸成①20分58秒 7位
4区(6.6㎞)🥈山田俊輝③19分58秒 4位
5区(8.4㎞)🥇居田優太③24分44秒 2位
6区(7.4㎞)🥇髙沼一颯②21分47秒 2位

 1区で出遅れていましたが、4区山田5区居田選手といったスピードランナーが流れを変えましたね。最後は連続で区間賞でした。

🥉麗澤大学2時間16分55秒
1区(7.4㎞)4位工藤郁也④22分16秒 4位
2区(8.4㎞)3位山口祐司④25分59秒 3位
3区(6.6㎞)🥇松本開渡④20分38秒 1位
4区(6.6㎞)6位松元 響④20分32秒 2位
5区(8.4㎞)3位宇都木秀太④25分23秒 3位
6区(7.4㎞)5位清水佑輔④22分07秒 3位

 麗澤大は4年生のみでチームを構成していました。工藤・山口・松本選手の並びで、一旦先頭を奪うという見せ場を作りました。

4位国士舘大学C2時間17分36秒
1区(7.4㎞)8位美谷佳輝②22分31秒 8位
2区(8.4㎞)3位小林瑠偉②25分59秒 4位
3区(6.6㎞)8位吉木駿平①21分35秒 8位
4区(6.6㎞)3位影山裕己②20分02秒 5位
5区(8.4㎞)5位熊谷 澪②25分28秒 4位
6区(7.4㎞)3位川田敏暉②22分01秒 4位

 国士大Cは2ん遠征以下でメンバーを組んでいます。最長距離2区の小林選手が区間3位、アンカー川田選手も区間3位に食い込みました。

5位東京大学C2時間18分04秒
1区(7.4㎞)2位古川大晃(D2)21分53秒 2位
2区(8.4㎞)7位丸山翔太郎(M1)26分19秒 2位
3区(6.6㎞)2位森田雄貴(M1)20分47秒 2位
4区(6.6㎞)8位栗山一輝(D1)20分43秒 3位
5区(8.4㎞)9位松本一希(M1)26分11秒 5位
6区(7.4㎞)6位松本啓岐(D3)22分11秒 5位

 1区に古川選手を起用した東大Cが流れを作りましたね。3区森田選手も区間2位で先頭に迫りました。前区間区間一桁は中々凄い。

6位国士舘大学A2時間18分20秒
1区(7.4㎞)3位木村聖哉④22分12秒 3位
2区(8.4㎞)8位菊池和人④26分29秒 5位
3区(6.6㎞)7位松元 司④21分13秒 5位
4区(6.6㎞)7位菊池竜馬④20分33秒 7位
5区(8.4㎞)6位宮元雄大④25分52秒 6位
6区(7.4㎞)3位所 倖平④22分01秒 6位

 国士大Aは4年生でチームを組んでいますね。1年間チームを引っ張った木村選手が区間3位スタート、アンカー所選手も区間3位でしたね。

7位国士舘大学D2時間19分07秒
1区(7.4㎞)5位小谷翼咲①22分16秒 5位
2区(8.4㎞)9位水野龍吾①26分38秒 6位
3区(6.6㎞)6位後藤天馬①21分01秒 6位
4区(6.6㎞)5位信夫大輝①20分21秒 6位
5区(8.4㎞)9位山本 要①26分11秒 7位
6区(7.4㎞)8位勝碕 玄①22分40秒 7位

 国士大Dは1年生のみのメンバー。1区小谷選手が5位でスタートして、概ね安定した走りでした。

8位東京工業大学A2時間19分41秒
1区(7.4㎞)12位伊藤颯吾(M1)22分55秒 12位
2区(8.4㎞)5位小林将吾④26分06秒 8位
3区(6.6㎞)3位柴田瀬允④20分51秒 4位
4区(6.6㎞)10位大野成輝③21分00秒 8位
5区(8.4㎞)8位中村駿太②26分00秒 8位
6区(7.4㎞)9位裏野凌央②22分49秒 8位

 東工大も結構チーム力高いのですよね。2区小林3区柴田選手が大きく順位を上げ、一時4位を走った場面もありました。

9位国士舘大学B2時間21分09秒
1区(7.4㎞)7位落合倭和③22分30秒 7位
2区(8.4㎞)17位安達京摩③27分28秒 12位
3区(6.6㎞)4位福岡亮宏③20分55秒 11位
4区(6.6㎞)4位永井智久③20分18秒 9位
5区(8.4㎞)6位望月和知③25分52秒 6位
6区(7.4㎞)22位中山颯真③24分06秒 9位

 国士大Bは3年生チームです。中盤区間が良くて福岡・永井選手が区間4位で走っています。

10位山梨学院大学2時間21分31秒
1区(7.4㎞)9位村本龍彦④22分42秒 9位
2区(8.4㎞)20位加藤大成④27分44秒 14位
3区(6.6㎞)12位八鍬拓斗21分45秒 13位
4区(6.6㎞)9位山田蒼志郎③20分58秒 12位
5区(8.4㎞)4位髙木駿太③25分26秒 10位
6区(7.4㎞)11位米田拓海22分56秒 10位

 村本・加藤選手ら中距離で走った選手でスタート、5区で髙木選手が区間4位と健闘、総合10位に浮上しました。