スポンサーリンク

【青山学院大学】全日本大学駅伝区間2022オーダー予想~出雲駅伝のまとめとともに

箱根駅伝予選会が終わり、いよいよ次は全日本大学駅伝ですね。

関東15校を中心に、
全日本大学駅伝2022の区間オーダー予想をしていこうと思います。

続いて、
駅伝男ら続々復活で、いざ一気に優勝戦線へ浮上へ!青山学院大学です。

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2022【青山学院大学】戦力分析&区間エントリー予想

まずは、表彰台に届かなかった出雲駅伝から

4位青山学院大学2:10:18

区間 区間順位 名前学年 区間タイム 通過順位 トップとの差
1区8.0㎞ 3位 目片将大④ 22分45秒 3位 0:13差
2区5.8㎞ 4位 横田俊吾④ 15分42秒 4位 0:19差
3区8.5㎞ 2位 近藤幸太郎④ 23分51秒 2位 0:19差
4区6.2㎞ 6位 志貴勇斗③ 18分45秒 4位 0:56差
5区6.4㎞ 6位 田中悠登② 19分30秒 4位 1:22差
6区10.2㎞ 3位 中村唯翔④ 29分45秒 4位 1:46差

1区目片選手…今年になって急成長した目片選手を1区に起用して、流れを作る作戦だったのですよね。4年生ながら初の大学駅伝でした。序盤から早いペースでしたが、5千m13分40秒を切る走力を持つ目片選手しっかりついていき、ラストの争いで区間3位でトップと13秒差。まずまずの位置で、ここは原監督も合格点を出したところです。

2区横田選手…ここがサプライズ采配でした。前回アンカーで好走、その後マラソンを走るなどスタミナのイメージが高かった選手。直近5千m良かったとはいえ、最短区間の5.8㎞で登場とは!順位こそ一つ落としたものの、区間4位と各チームのスピードランナー、ある程度食い下がる走り。トップと19秒差で襷リレーをします。

3区近藤選手…前日は、近藤選手と中村選手を控えにして、当日に近藤選手を3区に配置しています。おそらく、駒大のエース選手の動向を探ってのことだったと思います。3㎞過ぎに前にいた順大を捉えて3位に上がると、中間点付近で中大を捉え2位に。懸命に駒大を追いかけます。

 終盤差が開きかけますが、最後のスパートでもう一度追い上げ、駒大の選手と全く同タイムの区間2位。本当にエース近藤選手の走り、毎度大きいですね。彼がいるから、ここのところずっと優勝を狙えるチームであるといっても過言ではありません。

4区志貴選手…ここから追い上げられるかどうかというところ。過去1区で好走が続いた志貴選手が起用されましたが、思うようにペースが上がらず…。國學院大中大に交わされ4位に交代。調子が上がり切っていない中、強い向かい風にリズムに乗れなかったでしょうか。区間6位の走りでトップと56秒差に。優勝は厳しくなりました。

5区田中選手…大学駅伝初出場の2年田中選手。とはいえ1年の頃からハーフマラソン何度も好走してして、ロード力に長けていました。向かい風に立ち向かっていきますが、中々前を追い上げることはできず。並走していた順大は何とか振り切るものの、区間6位。やや消化不良のデビューとなりました。

6区中村選手…アンカーに好調の中村選手が当日変更で入りました。箱根9区区間記録、その後も日本ICの好走もありましたね。すぐに後方を突き放すと、懸命に2位3位の選手の背中を追いかけます。途中まで詰まりますが、追い抜くまでは叶いませんでした。単独走の中、区間3位は頑張ったのかな。

 とはいえ、夏の時点で、岸本・佐藤選手と、駅伝で+αが出る選手が相次いで故障し、さらに出雲エントリー後に、1区に強い想いがあった鶴川選手が、どうやら故障した模様。青学大の巨大戦力をもってしても、流れを作りきれなかった形でした。

スポンサーリンク

全日本大学駅伝メンバー&戦力分析

※11月3日(木)に暫定オーダー提出
※当日朝に、補欠から最大3名入れ替え可能

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝

近藤幸太郎④28分10秒50/13分34秒88≪22出3区3位、箱2区7位、21:全7区2位、出1区1位、日本IC5千m1位、箱7区3位、20:全2区13位≫
西久保遼④28分21秒39/13分53秒05≪22:関東IChalf3位、21:関東IChalf1位≫
岸本大紀④28分23秒71/13分37秒96≪22:関東IC1万m2位、箱7区1位、21:全3区3位、20:箱2区5位、19:全2区5位、出2区1位≫
中村唯翔④28分29秒43/13分45秒82≪22出6区3位、箱9区1位、21:全2区14位、箱2区14位、20:全3区3位≫
宮坂大器④28分34秒23/13分52秒15
目片将大④28分53秒40/13分37秒93≪22出1区3位、関東IC5千6位≫
関口雄大④28分56秒09/14分05秒21
横田俊吾④28分57秒28/13分46秒81≪22出2区4位、関東IChalf5位、21:出6区3位、関東IC2部half11位≫

倉本玄太③28分45秒97/13分51秒25
志貴勇斗③28分50秒54/13分53秒59≪22出4区6位、箱1区5位、21:全1区4位≫
佐藤一世③28分50秒56/13分49秒74≪22:箱8区2位、21:全5区1位、出3区3位、箱4区4位、20:全5区1位≫

田中悠登②28分46秒51/13分56秒25≪22出5区6位、関東IChalf7位≫
白石光星②28分49秒65/13分51秒21
野村昭夢②29分39秒23/13分48秒83

黒田朝日①/13分56秒02≪22:関東IC3障3位、21:IH3障2位≫
塩出翔太①/14分12秒89

 続く全日本大学駅伝、原監督の熱量がぐっと増してきていますね。出雲駅伝は、怪我で間に合わなかった4年岸本・3年佐藤選手が、エントリーしていること。実際前回も岸本選手が3区3位、佐藤選手が5区1位の活躍で、一気に優勝戦線に浮上してきました。原監督も起用を明言しています。確かにこの2人は優勝へのキーマンです。

 そして勿論、他のメンバーも勢ぞろい。エース近藤選手や、調子が上がっている横田・中村・目片選手に、長い距離に強い宮坂・西久保・関口選手と4年生が全員入ってきていますね。3選手とも大学駅伝はまだ走っていませんが、出雲出走メンバーとほぼ走力は同等と思います。

 3年生は佐藤選手に、出雲は苦しかったけど1区バッチリの志貴選手に、スピードのある倉本選手。2年生は鶴川・若林選手がエントリーできませんでしたが、出雲出走の田中選手に、将来楽しみな野村・白石選手が入りました。白石選手が調子上がっているとか??1年生も入学時から、監督が期待を寄せていた黒田選手に、塩出選手がエントリーに割って入っています。やはり16人の総合力が厚いですよね。

 このところ、全日本駅伝は、どこかの区間でブレーキ区間が出て、優勝を逃している印象があります。うまくオーダーを組んでいきたい。

全日本大学駅伝区間オーダー予想

 夏合宿直後の、9月絆記録会以降試合に出場していないのですが、そこから誰が上がってきているか。

1区(9.5㎞)白石光星②28分49秒65
2区(11.1㎞)目片将大④28分53秒40
3区(11.9㎞)岸本大紀④28分23秒71
4区(11.8㎞)佐藤一世③28分50秒56
5区(12.4㎞)宮坂大器④28分34秒23
6区(12.8㎞)中村唯翔④28分29秒43
7区(17.6㎞)近藤幸太郎④28分10秒50
8区(19.7㎞)横田俊吾④28分57秒28

1区白石選手…1区はまず志貴選手の名前が挙がってきますが、出雲はもう少しでした。もしかすると新戦力という可能性がある区間です。1年生黒田選手なども考えつつ、調子がいいともいう2年白石選手と予想しました。昨年1万m28分台達成して走力は申し分ないです。気持ちよく勝負出来ればと思います。

2区目片選手…今年大きく成長した目片選手。大学駅伝デビューの出雲1区見事区間3位と上位で襷リレーをしています。全日本2区でも十分に区間3位以内の候補になってくるのではないでしょうか。まだ混戦の中だと思いますが、しっかり上位でタスキを繋げると思います。

3区岸本選手…駅伝で切り札となるだろう岸本選手、2年連続3区にエントリーできるかどうか!?駅伝で、特に競り合いながらペース上げるのが得意で貴重な戦力です。夏の故障で、9月の大会では、5千m14分半ば。とはいえ、そこあら1か月半、どこまで上がっているか、乗り切れたら非常に大きいです。

4区佐藤選手…2年連続5区区間賞獲得している佐藤選手を、一つ前倒しで起用してくると予想します。記録会では出雲メンバーとほぼ同等の成績でした。多少上っているので、コースとしては佐藤選手には、向いているのではと思っていること。それと、流れを重視していくのではと。

5区宮坂選手…空いた5区、色んな選手を考えましたが、4年生宮坂選手を起用してくるのではと思います。大学駅伝こそ走っていませんが、マラソンもトラックも生成器を残している実力者。調子が上がっているなら、エントリーされてもおかしくない選手。

6区中村選手…この区間を強化します。出雲駅伝アンカー区間3位まずまずの中村選手をこの区間に起用すると予想します。実は2年連続ブレーキがを起こしているのですよね。ここで流れが切れてしまい、優勝を逃しています。実力者で勢いを加速させてくるのではと思います。

7区近藤選手…この前回の全日本7区で近藤選手の強さが、大きく際立ったのですよね。他校のエースと比べても強いという認識なっています。できれば、駒大田澤選手と同区間で、最大のライバルチームのエースを潰しにかかるか。7区なら、できればここで先頭に立ちたい。

8区横田選手…アンカーには、スタミナと勝負勘で勝負する横田選手を投入予想。前回、飯田選手が、出雲2区・全日本8区の流れでしたので、ありあえると思います。関東インカレでも上位入賞している力を、見せてくれればと思います。

 あとは、どうでしょうね。関東インカレで成績を残しているのは、西久保選手。横田選手を4区あたりにして、5区に3年連続佐藤選手もありえます。また、こおにきて練習を詰めている実力者2年野村選手もどこかに入ってくるかもしれませんし…青学大は区間予想が難しいです。

まとめ

・エース近藤選手に、復帰した岸本&佐藤選手の駅伝男
・横田目片中村選手ら自慢の4年生が勢ぞろい
・ブレーキなく、いい意味で”やんちゃ”な選手が出てくるか

 再びの優勝へ、大学駅伝界の王者が盛り上がってきていますね。まずはなんといってもエース近藤選手の存在。出雲駅伝も彼が追えた3区の地点で、トップが見えている2位でした。

 これに出雲ではエントリーできなかった、4年岸本・3年佐藤選手と、駅伝で流れを変える力がある選手がしっかりとエントリー。前回以上の状態になっていれば面白い。

 あとは自慢の選手層ですね。特に4年生の選手層が厚く、出雲駅伝で走っている目片・横田・中村選手に、持ちタイムでは変わらない西久保・宮坂選手がエントリー。4年生だけでも上位争いできるくらいに選手層が厚いです。

 そして、何人かエントリーしている3年生以下も実力者揃いですね。出雲駅伝の4位を、良い意味で”やんちゃな選手”がいなかったと、表現された原監督。カンフル剤的な選手が出てくると、ここは総合力一番のチーム。一気に優勝争い中心に浮上してくるはずです。


コメント

  1. 駅伝丸 より:

    2年連続失敗してる2区に中村・岸本選手のどちらかを起用してくると予想しますが、果たして。

    • hakonankit より:

      >駅伝丸さん
      今回の2区は、ある程度実力があるor調子が上がっている選手を起用する総合力あると思うのですが、誰になるか…。