スポンサーリンク

【結果】第7回絆記録挑戦会+順大・法大・早大記録会等!(2022/09/24)

9月下旬になって、多くの記録会が行われるようになりましたね。

2022年9月24日(土)は、
いくつもの記録会が行われています。

・第7回絆記録挑戦会
・第68回法政大学競技会
・2022年度第7回早大競技会
・2022年度第9回順天堂大学競技会など!

大学駅伝チーム別のまとめと、駅伝ファンとしてのコメントとなります。

スポンサーリンク

【結果】第7回絆記録挑戦会

【認定の部】
16時55分:男子5000m1組
17時15分:男子5000m2組
17時40分:男子10000m
18時25分:男子5000m3組
18時45分:男子5000m4組

結果pdf

※出雲駅伝2022にエントリーしている選手を、※印をつけます。

青山学院大学
5000m1組
広内 颯①14分50秒26
白石将隆①14分56秒73
中村颯汰②14分59秒62
石原正翔①15分08秒08
2組
片山宗哉②14分31秒33
佐々木塁③14分32秒54
大須賀風蒼①14分34秒96
片桐悠人②14分38秒69
阿戸将太朗①14分38秒95
小原 響③14分41秒70
3組
白石光星②14分12秒56★
皆渡星七①14分14秒37★
池田知史③14分16秒76
鈴木竜太朗③14分17秒94
山下悠河③14分23秒55
西久保遼④14分23秒84
岸本大紀④14分28秒04
神田大地①14分30秒68
多田奏太③14分43秒09
松並昴勢③14分56秒89
4組
近藤幸太郎④13分43秒07※
中村唯翔④13分45秒82★※
横田俊吾④13分46秒81★※
目片将大④13分48秒90※
黒田朝日①13分56秒02★
佐藤一世③13分58秒77
西川魁星④14分01秒47★
田中悠登②14分11秒79※
塩出翔太①14分12秒89★
志貴勇斗③14分16秒58※
宇田川瞬矢①14分33秒74
佐藤有一①14分38秒87

 青学大は出雲駅伝エントリーメンバーを含めて、多く出場していますね。エース近藤選手は、日本IC5千優勝後も、好調をキープ。合宿明けでチームトップの13分43秒!やはり今年のチームのエースも近藤選手か。

 そして4年生が好調ですね。中村・横田選手が13分45秒46秒の自己ベスト、前半戦好調だった目片選手も13分48秒まずまず。4年生が出雲駅伝メンバー中心となりそうな勢いです。

 また、メンバー外では、1年生の黒田選手が初の13分台となる13分56秒、1500m活躍が目立つ西川選手も14分01秒更新です。それから、夏合宿は故障で別メニューと言われていた3年佐藤選手が、この時点で13分台。もう一つ走り込みして、全日本駅伝から…もありえるか?

 岸本選手もひとまず試合に出られる状態でした。箱根駅伝にしっかり合わせることはまだまだ可能だと思います。この他、奥球磨駅伝にも出雲駅伝メンバーが走るそうで、楽しみです。

創価大学
5000m3組
志村健太③14分13秒56
家入勇翔①14分17秒54★※
本田晃士郎④14分22秒37
吉田 凌②14分23秒56
濱口直人②14分38秒98
山下唯心③14分39秒34
松田爽汰④15分22秒23
4組
リーキー カミナ②13分32秒97★※
フィリップ ムルワ④13分40秒73※
新家裕太郎④13分45秒22★※
桑田大輔③14分02秒85★
嶋津雄大④14分07秒34※
濱野将基④14分29秒30※

 創価大は、いい意味で大波乱!留学生対決となった4組で、リーキー選手が、現エースのムルワ選手を振り切って全体トップ!タイムも13分32秒とかなりの好タイムとなっています!凄いですね。箱根2区はともかく、出雲駅伝では一度リーキー選手に、”駅伝”を経験してほしいと思ってしまうほど!

 日本人エース対決では、新家選手が成長を告げる13分45秒!チーム内で今回は抜けていましたね。さらに、嶋津・濱野選手と言った4年生主力選手を、桑田選手が勝って14分02秒好記録!桑田選手はまさかの出雲駅伝エントリー漏れでした。故障じゃなくてほっとしています。全日本駅伝で全開でしょうかね。

 あとは3組では、長距離タイプと思われる志村・本田・吉田選手がまずまず。1年生でメンバー入りしている家入選手が14分17秒ベストを出しています。少しずつ仕上げてきていますね。

東海大学
10000m
湯野川創①31分19秒32

桜美林大学
5000m4組
ネルソン ンビディ①13分54秒98★

 桜美林大は新留学生のネルソン選手が本格始動。13分54秒とまずまずのタイムで走り切っています。

【結果】第68回法政大学競技会

法政大学
10000m1組
上仮屋雄太②30分50秒51
澤中響生①31分21秒61
2組
内田隼太④28分50秒49★
松本康汰④28分58秒41
松永 怜③28分59秒26★
扇  育④29分07秒34★
稲毛祟斗③29分09秒61★
小泉 樹②29分17秒00
中園慎太郎④29分20秒74
武田和馬②29分25秒38★
宮岡幸大②29分50秒57
緒方春斗③29分56秒53
清水郁杜①29分57秒47★
宗像直輝③30分01秒46
山本恭澄④30分14秒90
細迫海気③30分21秒98
高橋彰太①30分25秒99
横井嵩洋②31分43秒87

 出雲駅伝に出場する法政大は、1万mで調整しましたね。夏合宿に状態が上がってきたの言葉通り、主力の多くが好走していますね。エース内選手以外に、久々松本選手が完全ふかっかつの28分58秒、春ブレイクの松永選手もしっかり28分59秒で走り切っています。

 さらに中堅扇・稲毛選手が29分一桁、そして前半戦は故障で棒に振っていた小泉選手が復活し29分17秒!中園・武田選手までがある程度レベル高いタイムを出してきています。そのあとは今後、どのくらいあがってくるかですかね。

平成国際大学
10000m1組
佐藤 碧②31分03秒52
黒羽俊輔①31分04秒28
土赤本気①31分12秒22
新井今生人③31分12秒90
西中慈音①31分30秒51
救仁郷弓揮②31分32秒79
伊藤陸歩①31分38秒45★
阿部 健①31分41秒11
金子皓希④31分47秒25
2組
ステファン カマウ④29分11秒85★
穴澤友崇④30分21秒39

 平国大は、カマウ選手が29分11秒自己ベスト。今年はいつになく好調です。穴澤選手は、ここからどこまで上がるか。下級生は1組で31分前半。ハーフマラソンにうまく合わせていく選手は、誰になってくるでしょうか。

武蔵野学院大学
10000m2組
福本陽樹②30分23秒96★
銘苅春史②31分21秒90
尾形拓海③31分36秒59
DNFチャールズ カマウ③

 2年生福本選手が、30分23秒でまずまず結果を残しています。他にも32分台付近で多くの選手が調整出走。どのくらいチーム力が上がっているでしょうか。

【結果】2022年度第7回早大競技会

出雲駅伝2022エントリーメンバーに※印つけます。

東洋大学
5000m1組
増田涼太②14分34秒72
渡辺亮太③14分38秒07
鈴木隆介②14分39秒73
岡田朋也③14分40秒85
山下 翼①14分44秒14
岸本遼太郎①14分45秒32
古川 隼④14分45秒95
2組
奥山 輝③13分51秒17★※
児玉悠輔④13分53秒48★※
甲木康博②13分55秒80★※
小林亮太②13分55秒81★
石田洸介②13分56秒65※
吉田 周②14分03秒92★※
梶野稜太郎③14分08秒72★
西村真周①14分11秒96※
佐藤真優③14分12秒61※
及川瑠音④14分24秒23
藤宮 歩①14分30秒84
兼原尚也③14分59秒92
DNF緒方澪那斗①※

 東洋大は、出雲駅伝のエントリーメンバーを中心に、多くのメンバーが出走。エースの児玉だ選手だけでなく、奥山、甲木選手が13分50秒台、メンバー外で2年小林選手が13分55秒食い込んできて、全日本駅でねントリー候補名乗り。

 石田選手もひとまず流れの中で13分56秒でゴールして、これから調子を上げてきそうな気配。吉田選手も14分03秒、佐藤選手もまずまず。緒方選手も途中まで引っ張った形かな?結構メンバーが変わる中で、区間エントリーが楽しみですね。

早稲田大学
5000m
藤本進次郎①14分52秒83
宮岡凜太①14分54秒89
門馬海成15分08秒37
小玉瑞葵②15分13秒50

10000m
佐藤航希③29分35秒12
井川龍人④29分35秒23
山口智規①29分35秒47
諸冨 湧③30分11秒48
鈴木創士④30分12秒09
安田博登④30分12秒10
辻 文哉③30分12秒92
伊藤大志②30分14秒11
伊福陽太②30分19秒95
北村 光③30分58秒84
和田悠都②31分31秒27
草野洸正②31分58秒66
小指卓也④32分47秒50
菖蒲敦司③33分11秒79

 早大が、合宿後3日で1万m記録会を実施しました。それぞれ結果をどうみますか。佐藤選手が好調、諸冨・辻選手も復調気味、そのほか、井川・鈴木選手がおおむね順調、安田・伊福選手らに目途が立っている形かなぁ?

 あとは、かなり遅れている菖蒲選手は、最初から一人ペースを刻む形。まだまだ箱根予選出走へ向けて諦めていない形かなぁ?石塚選手ら一部出場していない選手も気になるところ。まずは箱根予選のエントリーですね。

【結果】2022年度第9回順天堂大記録会

全体の結果

金原祥汰①14分14秒83★
氷見哲太①14分17秒01★
前田徹平②14分21秒70★
和田倖明②14分23秒73★
藤原優希③14分29秒98
岩島共汰②14分30秒62
柘植航太③14分34秒86
中野壮太③14分39秒49
鬼澤大樹②14分141秒67
斎藤舜太③14分45秒07
塩原 匠①14分49秒63
中津瑛斗①14分50秒44
堀口颯亮①14分55秒60
花田 樹③14分56秒53
神谷青輝②15分00秒67
馬場園怜生③15分05秒74

 順大はレギュラーを狙う選手ですね。1年生金原・氷見選手が14分10秒台の自己ベストをマークしています。

【結果】2022年度第4回筑波大学競技会

國井辰磨④29分41秒97
福谷颯太④29分45秒94
藤原潤乃佑③29分47秒22★
平山大雅③29分59秒31
吉田海渡②30分11秒14★
皆川和範③30分26秒62
塚田萌成③30分39秒84
松村匡悟④30分54秒90
小山洋生①30分55秒46★
富山翔太③30分56秒79★
長井隆星③30分58秒88★
中山純静②31分14秒69★
田中康聖②31分20秒90
永山龍吉④31分29秒27
大津勇人①31分40秒27
寺田周正①31分41秒18
宮代和騎②31分46秒88
本村春人31分51秒89
五十嵐優汰④32分15秒04
小林竜也④32分28秒37
長谷川嵩汰③32分31秒70

 筑波大は、毎年恒例ですね、この時期に1万mに出場して感覚を確かめる形。主力では國井・福谷・平山選手がおおむね順調。藤原選手が急成長で29分47秒、吉田選手もついに箱根予選登場するかどうか。

 あとは1年生小山選手が31分切り。このあたりから箱根本戦に合わせてくる選手がどのくらい出てくるかですね。

【結果】関東学生新人陸上競技選手権大会

青山学院大学
喜多村慧②14分50秒86
中村唯翔④14分50秒88

順天堂大学
前田徹平②14分37秒15
岩島共汰②14分43秒48
氷見哲太①14分44秒74
和田倖明②14分48秒70
堀口颯亮①14分54秒07
鬼澤大樹②14分54秒89

東海大学
本村翔太①14分26秒92
野島悠太②14分28秒85
水野龍志②14分32秒31
上奥 輝①14分42秒02
野島悠太②14分47秒42
山田修人①14分50秒47
藤井智己①14分53秒98

その他
平坂春人①14分56秒54 亜細亜大
横田哲太①14分59秒60 亜細亜大

原木康佑②14分58秒59★ 明治学院大

村澤佑磨②14分48秒88★ 清和大
東 佑飛①14分53秒86 清和大