スポンサーリンク

【愛知製鋼】2021-22男子実業団陸上駅伝チーム情報まとめ!!

 いつもご訪問ありがとうございます。

 今年度から、春の時期は、男子実業団駅伝チームの紹介をしていこうと思います。

 勿論、箱根駅伝ランナーが多く所属しているから、というのもありますが、
昨今、実業団駅伝チームを閉鎖する企業さんが多くなってきています。

 企業運営上仕方がないのですが、陸上長距離ファンとして何かできることはないかと思ったのが、現時点の実業団チームのまとめです。

続いて、愛知製鋼になります。

スポンサーリンク

愛知製鋼【男子陸上長距離実業団情報】

参照サイト:愛知製鋼陸上競技部

スポンサーリンク

2021年度主要大会

■第65回中部実業団対抗陸上競技大会
3000m障害
5位高橋流星9分26秒94
10000m1組
秋山清仁29分55秒15
水野優希30分08秒00
佐々木守31分47秒11
2組
松村和樹28分19秒35
マチャリア ディラング28分24秒72
山田泰史29分23秒62
5000m
マチャリア ディラング13分38秒70
寺内將人14分03秒20
角出龍哉14分34秒90

 10000mは主力の松村和選手が28分19秒の好結果でしたね。1万mと兼任していたとはいえディラング選手も上回っていましたので、この時は好調でした。

 ディラング選手は、5000mで本領を発揮し13分38秒好タイム。さらに寺内選手も14分03秒と続きました。

■第105回日本陸上競技選手権大会(兼 東京2020五輪代表選考会)
50kmW
1位丸尾知司3時間38分42秒

■東京2020オリンピック
20kmW3位山西利和1時間21分28秒
50㎞W32位丸尾知司4時間06分44秒

 競歩のオリンピアンが所属するのが愛知製鋼なんですね。日本選手権では丸尾選手が50㎞W優勝、そして本番では20㎞W出場の山西選手が嬉しい銅メダル。このあたり、企業のことも知っておきたいですね。

■第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会
5000m
山田泰史13分50秒55
10000m
5位マチャリア ディラング27分52秒97

■第22回中部実業団陸上競技選手権大会
10000m1組
秋山清仁29分42秒54
佐々木守30分01秒28
真砂春希30分30秒50
2組
内藤圭太29分34秒08
角出龍哉29分38秒72
水野優希29分51秒89
寺内將人30分33秒92
3組
3位マチャリア ディラング28分17秒55
4位山田泰史28分23秒48

 全日本実業団は、エースが出場。5000mは山田選手が13分50秒の好記録、10000mはディラング選手が27分台をマークしています。さらに中部陸上では、ディラング選手28分17秒、山田選手28分23秒、仕上がっていましたね。

 その他の選手は29分台でしたが、内藤・角出・秋山選手が29分台というところでした。なお、出場していなかった松村・高橋選手は、この時点で厳しかったのでしょうかね…。

■第61回中部実業団対抗駅伝競走大会
7位愛知製鋼3時間59分13秒
1区(12.0㎞)6位山田泰史34分35秒 6位通過
2区(8.3㎞)4位マチャリア ディラング23分34秒 4位通過
3区(12.2㎞)5位秋山清仁35分46秒 4位通過
4区(15.5㎞)8位内藤圭太47分15秒 7位通過
5区(12.2㎞)8位角出龍哉37分30秒 7位通過
6区(8.5㎞)7位真砂春希25分35秒 7位通過
7区(11.8㎞)4位佐々木守34分58秒 7位通過

 6枠の本戦出場枠を、実質7つの実業団チームが争っている状況。愛知製鋼も力がありますが、松村和・高橋選手の両エースを欠いていて、ギリギリの状態でした。

 1区山田選手は区間6位ですが、トップと11秒差まずまずの位置。2区ディラング選手が区間4位、3区秋山選手が区間5位と流れに乗って繋いでいき、この時点では4位。通過圏内でした。

 苦しかったのが中盤区間。最長4区を任された内藤選手が、力不足かジリジリ後退していき、区間8位の走りで、通過圏外の7位へ。

■第50回全日本実業団ハーフマラソン大会
79位ジョセフ カランジャ62分19秒
山田泰史62分49秒
寺内將人62分50秒
内藤圭太63分50秒
真砂春希65分22秒

 ハーフマラソンは、カランジャ選手が62分19秒の好記録。日本人も山田・寺内選手が62分台と走力ついているところをみせてくれました。次主力になってくだろう内藤選手も63分台でまとめています。

2021年度記録ランキング

5000m
山田泰史13分37秒12 2021/12/05第293回日本体育大学長距離競技会
マチャリア ディラング13分38秒70 2021/05/16第65回中部実業団対抗陸上競技大会
(山田泰史13分50秒34 2021/04/17中京大学土曜競技会)
(山田泰史13分50秒55 2021/09/26第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会)
松村和樹13分53秒20 2021/04/17中京大学土曜競技会
高橋流星14分01秒24 2021/04/03梅村学園競技会
寺内將人14分03秒20 2021/05/16第65回中部実業団対抗陸上競技大会
角出龍哉14分07秒52 2021/09/19第290回日本体育大学長距離競技会
佐々木守14分07秒99 2021/11/28第207回東海大学長距離競技会
小室 翼14分09秒76 2021/12/05第293回日本体育大学長距離競技会
秋山清仁14分10秒94 2021/09/19第290回日本体育大学長距離競技会
内藤圭太14分10秒90 2021/07/07ホクレンディスタンス深川大会
水野優希14分15秒71 2021/07/17ホクレンディスタンス千歳大会
真砂春希14分20秒01 2021/10/03第291回日本体育大学長距離競技会

 トラック5000mは山田選手の爆発力が炸裂しましたね。春から13分50秒台を連発していましたが、12月に13分37秒ビッグパフォーマンス。スピードはチームトップクラスになってきました。この他にも松村・髙橋選手はさすがの記録。寺内・角出・佐々木選手が14分一桁。小室選手も年末に復活していました。

10000m
マチャリア ディラング27分52秒97 2021/09/24第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会
山田泰史28分08秒48 2021/11/27八王子ロングディスタンス
高橋流星28分15秒46 2021/04/24第286回日本体育大学長距離競技会
(マチャリア ディラング28分17秒55 2021/10/08第22回中部実業団陸上競技選手権大会)
松村和樹28分19秒35 2021/05/16第65回中部実業団対抗陸上競技大会
(山田泰史28分23秒48 2021/10/08第22回中部実業団陸上競技選手権大会
佐々木守28分45秒63 2021/12/04第293回日本体育大学長距離競技会
秋山清仁28分55秒55 2021/12/04第293回日本体育大学長距離競技会
内藤圭太28分59秒70 2021/12/04第293回日本体育大学長距離競技会
水野優希29分10秒18 2021/09/19第290回日本体育大学長距離競技会
真砂春希29分36秒99 2021/12/04第293回日本体育大学長距離競技会
角出龍哉29分38秒72 2021/10/08第22回中部実業団陸上競技選手権大会
水野優希29分37秒28 2021/07/07ホクレンディスタンス深川大会
寺内將人30分33秒92 2021/10/08第22回中部実業団陸上競技選手権大会

 ここは留学生ディラング選手が27分台をマークしていて、チームトップでした。さらに山田選手が1万mでも強かった。10月に28分23秒をマークした後、八王子で28分08秒のパフォーマンス!トラックのスピードでチームを引っ張ります。

 さらに春絶好調だった髙橋選手の28分15秒、松村和選手28分19秒と、チーム上位は凄かった。さらに、佐々木・秋山・内藤選手まで28分台でまとめています。ギリギリで駅伝メンバー外れただろう水野選手も29分10秒と記録を出しています。今年こそね。

ハーフマラソン
秋山清仁61分23秒 2022/01/30大阪ハーフマラソン
角出龍哉61分46秒 2022/01/30大阪ハーフマラソン
ジョセフ カランジャ62分19秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン
山田泰史62分49秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン
寺内將人62分50秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン
内藤圭太63分50秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン
真砂春希64分28秒 2022/01/30大阪ハーフマラソン
(内藤圭太64分43秒  2022/01/30大阪ハーフマラソン)
水野優希65分08秒  2022/01/30大阪ハーフマラソン
(真砂春希65分22秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン

 ハーフマラソンは、先述の実業団ハーフ以外に、大阪ハーフにも出場しているのですよね。その中で、秋山・角出選手61分台のビッグパフォーマンス。秋山選手は全体でも2位になる記録です。合わせたときの爆発力は凄いですね。

フルマラソン
秋山清仁2時間10分58秒 2022/03/06東京マラソン2021
角出龍哉2時間21分10秒 2022/02/27大阪マラソンびわ湖マラソン
水野優希2時間24分12秒 2022/02/27大阪マラソンびわ湖マラソン

 ハーフマラソンを、フルマラソンに繋げるのは、もう少しでしたが、秋山選手が東京マラソン2時間10分台でまとめました。また次のマラソンに繋がっていきそうです。

2022年度移籍・引退選手

 多分以内ですかね?珍しいなと思いました。

2022年度新入部員・中途加入選手

坂本佳太(ひらまつ病院)
市川繁貴(東京経済大)
吉原遼太郎(拓殖大)

 そして、駅伝復活に向けて3名加入。ひらまつ病院から、坂本選手が加入。即戦力なるか。新卒では、東経大市川選手と拓大吉原選手が入りました。市川選手がここまでベストを更新していますかね。

 また、競歩の山西選手が、再び20㎞Wで世界へ。もうまもなくですね。オレゴン世界陸上で勝負しに行きます。昨年に続いて、世界の中に割って入るか注目です。