スポンサーリンク

【トーエネック】2022男子実業団陸上駅伝チーム情報まとめ!!

 いつもご訪問ありがとうございます。

 今年度から、春の時期は、男子実業団駅伝チームの紹介をしていこうと思います。

 勿論、箱根駅伝ランナーが多く所属しているから、というのもありますが、
昨今、実業団駅伝チームを閉鎖する企業さんが多くなってきています。

 企業運営上仕方がないのですが、陸上長距離ファンとして何かできることはないかと思ったのが、現時点の実業団チームのまとめです。

続いて、トーエネックです。

スポンサーリンク

トーエネック【男子陸上長距離実業団情報】

参照サイト:トーエネック 様

スポンサーリンク

2021年度主要大会

■第65回中部実業団対抗陸上競技大会
1500m
1位河村一輝3分42秒67
3位服部弾馬3分43秒96
4位竹内大地3分44秒85

5000m
7位河村一輝13分43秒26
8位河合代二13分47秒04
OP小山裕太13分52秒22
13位中西亮貴14分01秒11
OP須崎大輝14分23秒35
OP河合拓巳14分29秒12
OP西澤卓弥14分57秒63

10000m
7位小山裕太29分02秒01
8位難波 天29分04秒70
19位髙畑祐樹30分35秒30
OP河合拓巳30分49秒77
OP須崎大輝31分13秒77

 中部対抗戦はまずは1500mでの活躍ですね。のちに日本記録を出す河村選手がトップでしたが、3位に服部選手・4位竹内選手と、これまた屈指のスピードランナーが所属しています。

 さらに5000mでも河村選手は7位入賞。長い距離タイプとみる河合選手や小山選手も13分50秒前後で走っています。まだ留学生なしのトーエネックは、チーム全体スピードに力を入れてカバーしています。

■第105回日本陸上競技選手権大会(兼 東京2020五輪代表選考会)
10000m
19位河合代二28分41秒16

1500m予選
1組13位竹内大地3分57秒54
2組4位河村一輝3分43秒03
決勝
1位河村一輝3分39秒18

5000m決勝
10位河合代二13分44秒09
23位服部弾馬14分04秒87

■第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会
1500m
河村一輝3分40秒41
服部弾馬3分42秒19
竹内大地3分43秒42

5000m
中西亮貴13分48秒64
竹内大地13分49秒40
服部弾馬13分54秒99

 日本選手権あたりから河村選手の調子が大幅に状してきていましたね。1500m決勝は、東京五輪も狙っていくペースとなり、3分39秒18の好タイムで優勝。世界はまだ遠いですが、それでも平均レベルは上がってきています。

 また、河合選手が5000mと10000mと2種目で日本選手権に出場。日程は分かれていたとはいえ、2種目は凄いですね。5000mで10位の健闘がありました。

 全日本実業団では、すでに日本記録保持者となっていた河村選手がここでも3分40秒高パフォーマンスキープしています。服部・竹内選手も、中部実業団りょいタイムを短縮しています。5000mでは中西選手が仕上がって13分48秒好記録でした。

■第61回中部実業団対抗駅伝競走大会
5位トーエネック3時間56分48秒
1区(12.0㎞)3位服部弾馬34分29秒 3位通過
2区(8.3㎞)6位竹内大地24分10秒 5位通過
3区(12.2㎞)8位中西亮貴36分06秒 6位通過
4区(15.5㎞)4位河合代二45分31秒 6位通過
5区(12.2㎞)7位小山裕太37分29秒 6位通過
6区(8.5㎞)5位河村一輝25分15秒 6位通過
7区(11.8㎞)1位難波 天33分48秒 5位通過

 迎えた中部駅伝、スパートのある服部選手がしっかりと3位でリレー。竹内選手がインターナショナル区間を、通過圏内の6位よりも余裕のある5位で通過します。3区中西選手が苦しい走りとなり、ギリギリの6位に落ちます。

 踏ん張ったのが、最長区間4区の河合選手。出遅れたトヨタ自動車に交わされますが、区間4位の走りで、別のチームを抜いて6位をキープ。自身も区間4位でした。

 その後、5区小山選手が繋ぎ、6区間に合わせた河村選手が区間5位、さらにアンカー新人の難波選手が激走。区間賞の好走で、5位に追い上げ通過を決めました。

■第66回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)
18位トーエネック4時間58分06秒
1区(12.3km)20位服部弾馬35分11秒 20位通過
2区(8.3km)18位河村一輝23分01秒 18位通過
3区(13.6km)7位難波 天37分36秒 12位通過
4区(22.4km)14位河合代二65分22秒 12位通過
5区(15.8km)26位中西亮貴49分52秒 16位通過
6区(12.1km)18位河合拓巳37分37秒 16位通過
7区(15.5km)27位竹内大地49分27秒 18位通過

 迎えたNY駅伝。1区服部選手は区間20位と真ん中付近でスタート。ここからの3区間が大きな見せ場でした。インターナショナル区間に、1500m日本記録保持者河村選手を投入。30チーム以上が留学生が走っていながら、区間18位。確かに準備期間があれば、ロードも走れる選手ですが、凄い。そしてチーム順位も2つあげています。

 続く3区には、中部駅伝で区間賞獲得の難波選手。追い風+下り坂で、1万m日本記録より早いペースで進む中で順位を上げていきます。最終的に区間7位の好走で、総合12位で通過。その前の年の学生連合の箱根駅伝が無ければ、競技を終えていた選手ですが、続けて良かった。

 4区最長距離区間位入った河合選手は、トラックもマラソンもチームトップレベル。強敵揃いの中、区間14位好走で総合12位キープ。入賞ラインに近づきました。

 5区以降は強風にだいぶ煽られましたね。スピードランナーが多いトーエネックとしては苦しかったですが、中西・河合・竹内選手が懸命の継走。総合18位でのゴールは、次年度に手応えがあったと思います。

■第50回全日本実業団ハーフマラソン大会
12位難波 天60分46秒
河合拓巳63分40秒
河合代二63分50秒

 ハーフマラソンでも難波選手の勢いは止まりませんでしたね。終盤までハイペースの集団についていき、60分46秒のナイスパフォーマンス!駅伝チームの中で一番の成長株となりましたね。

2021年度記録ランキング

1500m
河村一輝3分35秒42 2021/07/19ホクレンディスタンス千歳大会
(河村一輝3分38秒83 2021/04/10第29回金栗記念選抜陸上中長距離2)
(河村一輝3分39秒18 2021/06/25第105回日本陸上競技選手権大会)
(河村一輝3分39秒22 2021/05/04第1回東海大学中長距離記録挑戦会)
(河村一輝3分40秒41 2021/09/25第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会)
服部弾馬3分42秒19 2021/09/25第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会
竹内大地3分42秒52 2021/05/04第1回東海大学中長距離記録挑戦会
(竹内大地3分43秒42 2021/09/25第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会)
須崎大輝3分47秒56 2021/04/03第33回梅村学園陸上競技大会

3000m
河村一輝7分53秒95 2021/04/29第55回織田幹雄記念国際陸上競技大会
竹内大地7分55秒45 2021/04/29第55回織田幹雄記念国際陸上競技大会
難波 天8分04秒56 2021/04/29第55回織田幹雄記念国際陸上競技大会

 ホクレン千歳大会で、見事1500m日本記録を打ち立てた河村選手ですが、春は本当に調子が良くて、1ヵ月に1度のペースで3分40秒を切るパフォーマンスをしていましたね。本当に身体ができていてのことでした。そのあと、ロードも対応しているわけですから、唯一無二の選手ですね。

 3000mでは、織田記念で河村選手らが好記録。7分53秒に続き、竹内選手も7分55秒、難波選手の8分04秒もまずまずの記録になります。チームとしてのスピード強化の成果が出ています。

5000m
服部弾馬13分29秒65 2021/05/09READY STEADY TOKYO
河村一輝13分32秒36 2021/12/10エディオンチャレンジin京都
河合代二13分44秒09 2021/06/24第105回日本陸上競技選手権大会
(服部弾馬13分45秒95 2021/04/10第29回金栗記念選抜中長距離大会)
中西亮貴13分48秒64 2021/09/26第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会
竹内大地13分49秒40 2021/09/26第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会
(竹内大地13分49秒59 2021/04/12第29回金栗記念選抜陸上中長距離)
難波 天13分50秒56 2021/12/05第293回日本体育大学長距離競技会
(服部弾馬13分54秒99 2021/09/26第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会)
小山裕太13分52秒22 2021/05/15第65回中部実業団対抗陸上競技大会
河合拓巳13分57秒11 2021/12/05第293回日本体育大学長距離競技会
(服部弾馬13分57秒35 2021/12/10エディオンチャレンジin京都)
(中西亮貴13分58秒06 2021/07/03ホクレンディスタンス士別大会)
須崎大輝14分19秒60 2021/04/17第1回中京大学土曜競技会
髙畑祐樹14分25秒79 2021/04/17第1回中京大学土曜競技会
西澤卓弥14分57秒63 2021/05/15第65回中部実業団対抗陸上競技大会

 5000mはさすが多くの選手が好記録を出していますね。その中で、服部選手の13分29秒が2021年度の最速でした。爆発力はやはり凄いものがあります。続いて、12月に記録にチャレンジした河村選手の13分32秒。この記録がズバ抜けていました。

 続いて日本選手権の河合選手13分44秒、全実業団中西・竹内選手の13分49秒となっていました。記録会ではなく、対抗戦など主要大会で出しているのがポイント高いところです。

10000m
難波 天28分06秒95 2021/11/27八王子ロングディスタンス
河合代二28分41秒16 2021/05/04第105回日本陸上競技選手権大会
竹内大地28分45秒43 2021/11/27八王子ロングディスタンス
中西亮貴28分51秒33 2021/06/07第288回日本体育大学長距離競技会
服部弾馬28分54秒37 2021/11/27八王子ロングディスタンス
河合拓巳29分09秒94 2021/11/27八王子ロングディスタンス
小山裕太28分56秒83 2021/05/08第287回日本体育大学長距離競技会
須崎大輝29分48秒07 2021/06/05第288回日本体育大学長距離競技会
髙畑祐樹30分35秒30 2021/05/15第65回中部実業団対抗陸上競技大会

 1万mには年間通してはそれほど出場していないのですよね。チーム全体として、長めの距離は駅伝2本に合わせている感じです。

 その中で、八王子ロングディスタンスで難波選手が28分06秒とナイスパフォーマンス。高速化の今でも、結構な好記録ですよね。ここからNY駅伝3区までさらに仕上げているのですから、難波選手の凄さが伝わるかと思います。

ハーフマラソン
難波 天60分46秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン大会
河合拓巳63分39秒 2022/01/30大阪ハーフマラソン
(河合拓巳63分40秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン大会)
河合代二63分50秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン大会

フルマラソン
河合代二2時間8分31秒 2022/03/06東京マラソン2021
MGC中西亮貴2時間8分51秒 2022/02/06第70回記念別府大分毎日マラソン大会
小山裕太2時間12分28秒 2022/02/06第70回記念別府大分毎日マラソン大会

 フルマラソンも結果出ているのが、トーエネックの凄いところ。別府大分毎日マラソンにチャレンジした中西選手が、日本人6番手2時間9分以内のMGCの要項を満たして、MGC出場権を獲得しました。

 また、過去のMGCに出場した河合選手も、東京マラソンで2時間8分31秒とタイム上ではチームトップ。トラックとマラソン、今期も活躍しています。

2022年度移籍・引退選手

西澤卓弥
須崎大輝

 2021年度中に引退していますね。須崎選手は夏前に、西澤選手は年末に引退しています。須崎選手は高卒で入って、春記録会に出ていましたが、引退しています。

 西澤選手は、順大の1区で箱根ファンおなじみの選手(弟さんが今順大4年主将)です。2021年は故障もあったか思うような走りとはいきませんでしたかね。お疲れ様です。

2022年度新入部員・中途加入選手

野口雄大(小森コーポレーション)
蝦夷森章太(東洋大)

 トーエネックには、またそれぞれ特色の違う選手が加入しますね。小森コーポレーションから野口選手が移籍。ロードも行けますがトラックのスピードもある選手、トーエネックの色に合うか。

 新卒では、東洋大蝦夷森選手が加入。大学時代は故障は多かったものの、ロードの箱根駅伝には2度しっかり合わせています。トラックの色が濃いトーエネックを選んだのは意外でしたが、今後の活躍に期待ですね。