スポンサーリンク

【NTN】2022男子実業団陸上駅伝チーム情報まとめ!!

 いつもご訪問ありがとうございます。

 今年度から、春の時期は、男子実業団駅伝チームの紹介をしていこうと思います。

 勿論、箱根駅伝ランナーが多く所属しているから、というのもありますが、
昨今、実業団駅伝チームを閉鎖する企業さんが多くなってきています。

 企業運営上仕方がないのですが、陸上長距離ファンとして何かできることはないかと思ったのが、現時点の実業団チームのまとめです。

続いて、NTNになります。

スポンサーリンク

NTN【男子陸上長距離実業団情報】

参照サイト:NTN陸上競技部

スポンサーリンク

2021年度主要大会

■第65回中部実業団対抗陸上競技大会
1500m
10位小山陽平3分55秒20

5000m
5位C.カマウ13分36秒65
18位小山陽平14分20秒68
20位蛭田雄大14分29秒81

10000m
OPセルオド・バトオチル29分25秒57
OP横井裕仁29分46秒68
15位櫻岡 駿29分51秒46
OP峐下拓斗29分53秒22
17位小森稜太30分34秒61

3000m障害
山下 洸8分52秒11

■第22回中部実業団陸上競技選手権大会
10000m
横井裕仁29分38秒80
峐下拓斗29分45秒20
齋田直輝29分55秒22

 中部対抗ではカマウ選手が13分36秒と力のある所を見せましたね。また3000m障害は山下選手が8分51秒とまずまずでした。そのほかの選手は、この時点ではまだあがってなかったですかね。

 中部選手権は、夏が明けてからのレースです。横井選手ら3名が1万mに出場し、29分台でまとめています。この3名がそのまま実業団の後半区間に入ることになります。

■第61回中部実業団対抗駅伝競走大会
1区(12.0㎞)2位小森稜太34分28秒 2位通過
2区(8.3㎞)2位C.カマウ23分28秒 3位通過
3区(12.2㎞)3位櫻岡 駿35分40秒 3位通過
4区(15.5㎞)5位押川裕貴45分46秒 4位通過
5区(12.2㎞)5位齋田直輝37分06秒 4位通過
6区(8.5㎞)1位峐下拓斗24分54秒 3位通過
7区(11.8㎞)7位横井裕仁35分11秒 4位通過

 実業団駅伝は、小森選手が1区を務めて区間2位まずまずのスタート。カマウ選手も混戦の中3位で繋ぎ、3区櫻岡選手も流れに乗っています。この時点で先頭とは25秒差で、先頭争いに加わっていました。

 最長距離の4区では、ベテラン押川選手が出走。得意のロードでしたが、ここは少しずつ後退する区間5位に。続く斎田選手も区間5位でちょっと後退して総合4位となります。

 6区峐下選手が、競り合いう展開の中でないナイスラン。区間賞を獲得して、3位に上がります。アンカー横井選手が調子を合わせられなかった形で区間7位。でしたが、総合4位で通過は決めました。

■第66回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)
20位NTN4時間59分14秒
1区(12.3km)27位櫻岡 駿35分24秒 27位通過
2区(8.3km)30位C.カマウ23分26秒 30位通過
3区(13.6km)34位小山陽平39分28秒 32位通過
4区(22.4km)27位小森稜太66分14秒 31位通過
5区(15.8km)18位齋田直輝49分15秒 28位通過
6区(12.1km)7位峐下拓斗37分08秒 26位通過
7区(15.5km)14位押川裕貴48分19秒 20位通過

 NY駅伝は少しメンバーを入れ替えましたね。直前の記録会で調子が良かった櫻岡選手が1区に回りました。ここは区間27位ということでちょっと出遅れる形に。2区カマウ選手が持ち前のスピードの切れ味は出せず区間30位。3区、スピードのある小山選手も波乗り切れず区間34位で32位に後退します。

 嫌な流れを断ち切ったのが中盤区間。エース区間に入った小森選手が、区間27位で走り切り一つ順位を上げます。帝京大時代からハーフマラソンの距離は強かった。5区斎田選手が、予選の時から調子が急上昇。区間18位の好走で、3人抜き28位にへ。

 さらに予選に続き6区に入った峐下選手が激走。区間7位と今回NTN最高の区間順位。順位は26位に留まりますが、大きく前との差を詰めます。そしてアンカーに回った押川選手、強風の中で持ち味が出る走り。一気に6つ順位を上げて、総合20位に食い込んできました。序盤乗り切れなかった中、粘って順位を上げました。

■第50回全日本実業団ハーフマラソン大会
84位峐下拓斗62分21秒
99位押川裕貴62分46秒
櫻岡 駿62分53秒

 NY駅伝勢いそのままに出場した峐下選手が62分21秒と好走。押川・櫻岡選手も62分台でまとめていた中、印象的でした。

2021年度記録ランキング

1500m
小山陽平3分51秒87 2021/04/05第33回梅村学園陸上競技大会

5000m
C.カマウ13分25秒93 2021/07/03ホクレンディスタンス士別大会
(C.カマウ13分36秒65 2021/05/18第65回中部実業団対抗陸上競技大会)
小森稜太13分57秒31 2021/06/08第288回日本体育大学長距離競技会
横井裕仁14分08秒46 2021/06/08第288回日本体育大学長距離競技会
小山陽平14分10秒04 2021/07/03ホクレンディスタンス士別大会
セルオド バトオチル14分12秒86 2021/04/05第33回梅村学園陸上競技大会
押川裕貴14分18秒18 2021/04/19第1回中京大学土曜競技会
山下 洸14分18秒61 2021/04/19第1回中京大学土曜競技会
蛭田雄大14分29秒81 2021/05/18第65回中部実業団対抗陸上競技大会
辻野恭哉14分30秒00 2021/04/19第1回中京大学土曜競技会
峐下拓斗14分32秒35 2021/04/05第33回梅村学園陸上競技大会
櫻岡 駿14分34秒49 2021/07/12第84回三重県陸上競技選手権大会
齋田直輝14分49秒99 2021/06/08第288回日本体育大学長距離競技会

 5000mはほとんど前半シーズンでの出場でしたね。カマウ選手がホクレンで13分25秒の好走をしています。小森・横井選手の帝京大OB勢も力のある所を見せていて、日本人ワンツー。そのほか、大ベテランのバトオチル選手など14分10秒台となっています。

10000m
C.カマウ27分45秒90 2021/07/07ホクレンディスタンス深川大会
(C.カマウ28分16秒05 2021/04/26第69回兵庫リレーカーニバルアシックスチャレンジ)
櫻岡 駿28分29秒36 2021/11/29八王子ロングディスタンス
小森稜太28分46秒22 2021/07/07ホクレンディスタンス深川大会
横井裕仁28分43秒30 2021/12/07第293回日本体育大学長距離競技会
小山陽平29分02秒01 2021/12/07第293回日本体育大学長距離競技会
齋田直輝29分20秒90 2021/12/07第293回日本体育大学長距離競技会
峐下拓斗29分20秒96 2021/09/28第205回東海大学長距離競技会
セルオド・バトオチル29分25秒57 2021/07/12第84回三重県陸上競技選手権大会
蛭田雄大30分02秒54 2021/05/18第65回中部実業団対抗陸上競技大会

 1万mはカマウ選手がホクレンで27分台を出していますね。日本人は同じ大会で小森選手が28分台をマーク、また年末には櫻岡選手が28分29秒のナイスパフォーマンス。NY駅伝1区抜擢にも繋がりましたかね。

 その他、横井選手も28分台でレギュラー争いに加わる形でした。ポイントは、NY駅伝で好走した齋田・峐下選手が、記録会ではそれほど目立っていなかった点。このあたり、駅伝への繋げた流れが気になりますね。

3000m障害
山下 洸8分52秒11 2021/05/18 第65回中部実業団対抗陸上競技大会

ハーフマラソン
押川裕貴61分50秒 2022/01/31大阪ハーフマラソン
峐下拓斗62分21秒 2022/02/14第50回全日本実業団ハーフマラソン
(押川裕貴62分22秒 2021/05/10札幌マラソンフェスティバル)
(峐下拓斗62分47秒 2022/01/31大阪ハーフマラソン)
(押川裕貴62分46秒 2022/02/14第50回全日本実業団ハーフマラソン)
櫻岡 駿62分53秒 2022/02/14第50回全日本実業団ハーフマラソン
齋田直輝64分18秒 2021/05/10札幌マラソンフェスティバル
セルオド バトオチル64分31秒 2021/05/10札幌マラソンフェスティバル

フルマラソン
小森稜太2時間10分48秒 2022/03/07東京マラソン2021
(小森稜太2時間11分32秒 2021/12/07第75回福岡国際マラソン選手権大会)
押川裕貴2時間11分43秒 2022/03/01大阪びわ湖毎日統合マラソン
齋田直輝2時間17分36秒 2022/03/01大阪びわ湖毎日統合マラソン

 ハーフマラソンは押川・峐下選手が2度走っているのですね。押川選手は61分50秒と、ここにきて自己ベスト!さらにNTN記録にもなりました。フルマラソンは、小森選手が2度走って福岡で2時間11分台、東京で2時間10分台、間にNY駅伝を挟んでいますので、長距離3本走っています。その中で得たものが、今年度活きてくれば。

 また、押川選手が自己ベストを出しています。そして…これが引退レースだったそうです。

2022年度移籍・引退選手

セルオド バトオチル(2021年9月退社・三重陸協で現役続行)

押川裕貴(退職⇒指導者の道へ)
横井裕仁(社業専念)

 大きな動きがありましたね。バトオチル選手が2021年9月をもって退社。現役は続行しており、40歳で福岡国際マラソンに出場して、14位と上位で走り切っています。

 また、ハーフマラソン・フルマラソン自己ベストを出していた押川選手引退はびっくりなニュース。ですが、最近は現役で走れる走力を持ったまま、指導者の道を選ぶ選手が増えています。この後が気になりますね。

 さらに、中部駅伝出走し、NY駅伝もメンバーを争っていた横井選手も引退。帝京大時代はユーティリティプレイヤーで活躍していました。思ったより早い引退でしたが、次の人生頑張っていただきたいです。

2022年度新入部員・中途加入選手

坂田昌駿(中央発條)
源 裕貴(環太平洋大)※800m日本記録保持者
横澤清己(神奈川大)

 色んな選手が加入していますよね。中央発條の坂田選手が移籍してきます。同じ中部地区ライバルチームからですが、こういう移籍も増えてきています。神大から横澤選手も来ます。

 さらに、中距離となりますが、800m日本記録保持者となる源選手がNTNへ入社。そういえば、1500mの前日本記録保持者の小林史和さんもNTNでしたね。NTNの新たな中距離の歴史を造っていくことになりそうです。

女子35㎞競歩園田選手・オレゴンへ

 今回初開催となる女子35㎞競歩の、オレゴン世界陸上代表の園田選手は、NTN所属なんですよね。派遣設定突破しての日本選手権優勝!自信を持って、世界の舞台で戦って頂きたいです。