スポンサーリンク

【愛三工業】2022男子実業団陸上駅伝チーム情報まとめ!!

 いつもご訪問ありがとうございます。

 今年度から、春の時期は、男子実業団駅伝チームの紹介をしていこうと思います。

 勿論、箱根駅伝ランナーが多く所属しているから、というのもありますが、
昨今、実業団駅伝チームを閉鎖する企業さんが多くなってきています。

 企業運営上仕方がないのですが、陸上長距離ファンとして何かできることはないかと思ったのが、現時点の実業団チームのまとめです。

 続いて、愛三工業です。

スポンサーリンク

愛三工業【男子陸上長距離実業団情報】

参照サイト:AISAN LONG DISTANCE TEAM 様

スポンサーリンク

2021年度主要大会

■第65回中部実業団対抗陸上競技大会
愛三工業初優勝
1500m
2位木村理来3分43秒21
7位中西玄気3分50秒58
3000m障害
1位フィレモン・キプラガット8分26秒60
2位山口浩勢8分32秒51
10000m
1位ロジャース・ケモイ28分09秒99
13位東 瑞基29分36秒27
OP中舎優也30分16秒85
OP小川絢也30分48秒33
OP大野日暉31分34秒36

5000m
1位フィレモン・キプラガット13分31秒10
2位山口浩勢13分31秒24
12位中西玄気13分57秒50
OP藤井寛之13分59秒99

 愛三工業が中部実業団初優勝したのですよね。長距離もしっかり貢献していて、1500mは木村選手が3分43秒で2位、3000m障害はフィレモン・山口選手が8分26秒・8分32秒のワンツー。競技人口が少ない中、レベルが高い選手が2名いるのは強い。

 10000mと5000mはロジャース・フィレモン選手と留学生がどちらも優勝、さらに5000mは山口選手が13分31秒の2位!3000m障害と連続で出場して結果を残しています。状態は本当に良かったですね。

■第105回日本陸上競技選手権大会(兼 東京2020五輪代表選考会)
1500m予選:1組3位木村理来3分42秒70
1500m決勝:11位木村理来3分44秒81
3000m障害:2位山口浩勢8分19秒96

10000m:OPロジャース・ケモイ27分33秒33

■東京2020オリンピック
男子3000m障害
予選3組12位山口浩勢8分31秒27
男子10000m
7位ロジャース・ケモイ27分50秒06

 日本選手権は、山口選手は3000m障害が8分19秒自己ベスト&オリンピック標準切りで2位!決めてくれましたね。また、1万mはオープンでケモイ選手が出場、27分33秒でゴールし、実質PMの役割を果たしてくれました。

 オリンピックでは、山口選手3000m障害鶏鳴に戦い切りました。ケモイ選手も27分50秒とオリンピックの舞台で7位入賞でした。愛三工業も、オリンピックという舞台に大きく貢献しています。

■第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会
1500m
木村理来3分44秒09
中西玄気3分51秒20
10000m
東 瑞基28分43秒96
5000m
山口浩勢13分42秒87
中西玄気13分53秒03

■第22回中部実業団陸上競技選手権大会
フィレモン・キプラガット28分40秒18
東 瑞基28分45秒12
山口浩勢28分53秒26
中西玄気29分04秒62
鈴木洋平29分44秒64
石川裕之29分54秒18
中舎優也30分37秒48
大野日暉30分42秒43
木村理来30分58秒20
藤井寛之DNF

 全日本では、オリンピック帰りの山口選手がさっそく13分42秒好記録。あとは東・中西選手らもまずまず、夏合宿明けながら結果が出ています。

 中部実業団選手権では、キプラガット・東・山口・中西選手が上位に。ただ、それ以降は少し差が開ているという状況に。その中で、中部駅伝を迎えます。

■第61回中部実業団対抗駅伝競走大会
3位愛三工業3時間56分25秒
1区(12.0㎞)1位藤井寛之34分24秒 1位通過
2区(8.3㎞)3位フィレモン・キプラガット23分30秒 2位通過
3区(12.2㎞)2位中西玄気35分17秒 1位通過
4区(15.5㎞)6位東 瑞基45分57秒 3位通過
5区(12.2㎞)6位鈴木洋平37分19秒 3位通過
6区(8.5㎞)2位石川裕之24分56秒 4位通過
7区(11.8㎞)5位山口浩勢35分02秒 3位通過

 1区は藤井選手が区間賞!秋は大会に出場していなかったのですが、バッチリ合わせていあmす。フィレモン選手が2位通過、3区好調だった中西選手がトップを奪い返します。優勝争いを繰り広げますね。

 4区最長距離に主力の東選手が入りましたが、やや重たい走りで区間6位、3位に後退。事前に調子上がっていなかった鈴木選手も区間6位、優勝争いからはここで後退しました。

 6区石川選手が順位は落とすものの、区間2位と好走。アンカー配置の山口選手が、しっかりとしたスピードで3位に浮上。見せ場を作っての通過でした。

■第66回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)
22位愛三工業4時間59分26秒
1区(12.3km)30位藤井寛之35分34秒 30位通過
2区(8.3km)20位ロジャース・ケモイ23分02秒 29位通過
3区(13.6km)19位山口浩勢38分27秒 26位通過
4区(22.4km)21位中西玄気65分58秒 25位通過
5区(15.8km)36位東 瑞基50分56秒 30位通過
6区(12.1km)3位鈴木洋平36分56秒 25位通過
7区(15.5km)17位石川裕之48分33秒 22位通過

 迎えた正月NY駅伝、最初躓きます。予選に引き続き、1区に藤井選手が担当するも、区間30位とちょっとうまくいかなかったですかね。2区は今度はケモイ選手が担当。区間20位と頑張ります。

 3区に山口選手が入り区間19位、最長距離区間の4区には中西選手が入り区間21位。厳しい流れの中、区間中位が連続して出て、総合25位と少しずつ順位が上がっていきます。

 でしたが、5区東選手が区間ブービーと苦しみます。トラックはともかく駅伝は今年度は苦しみましたね…。ここで30位と落ちます。

 ですが、駅伝は最後まで分からない。6区起用鈴木選手が区間3位大爆発!今季不調でしたが、元々主要区間をやれる力ありましたので、強かった。25位に上がると、アンカースピードがある石川選手がしっかり勝ち切って22位まで浮上しました。少し凸凹ながら見せ場も作っています。

■第50回全日本実業団ハーフマラソン大会
50位石川裕之61分55秒
81位東 瑞基62分20秒

 実業団ハーフマラソンにも参加。石川選手が61分台といい走り、東選手も62分台ではまとめました。

2021年度記録ランキング

1500m
木村理来3分42秒01 2021/07/17ホクレンディスタンス千歳大会
木村理来3分42秒08 2021/06/06Denka Athletics Challeng Cap 2021
(木村理来3分42秒70 2021/06/24第105回日本陸上競技選手権大会)
(木村理来3分43秒32 2022/03/29THE MIDDLE 陸上中距離種目世界選手権標準突破チャレンジレース)
中西玄気3分50秒58 2021/05/15第65回中部実業団対抗陸上競技大会

3000m
山口浩勢7分56秒19 2022/03/12Chemist Wareehouse Sydney Track Classic

 中距離専門の木村選手が何度もチャレンジ。3分42秒付近で記録は安定していました。3000mは山口選手が3月に海外で7分56秒を出しています。3000m障害に繋げるためでも、さすがの記録です。

5000m
フィレモン・キプラガット13分31秒10 2021/05/15第65回中部実業団対抗陸上競技大会
山口浩勢13分31秒24 2021/05/15第65回中部実業団対抗陸上競技大会
ロジャース・ケモイ13分38秒92 2021/04/17第1回中京大学土曜競技会
(ロジャース・ケモイ13分39秒10 2021/12/05第293回日本体育大学長距離競技会)
(フィレモン・キプラガット13分39秒18 2021/10/3第291回日本体育大学長距離競技会)
中西玄気13分39秒33 2021/11/14第292回日本体育大学長距離競技会
藤井寛之13分46秒85 2021/09/19第290回日本体育大学長距離競技会
石川裕之13分54秒65 2021/11/14第292回日本体育大学長距離競技会
東 瑞基13分57秒44 2021/11/14第292回日本体育大学長距離競技会
小川絢也13分59秒43 2021/07/04第2回絆記録挑戦会
木村理来14分07秒80 2021/11/14第292回日本体育大学長距離競技会
鈴木洋平14分12秒14 2021/11/20第91回平成国際大学長距離競技会
梶川由稀14分20秒49 2021/06/19第202回東海大学長距離競技会
中舎優也14分20秒66 2021/04/03第33回梅村学園陸上競技大会
大野日暉14分21秒62 2021/09/26第205回東海大学長距離競技会
今村謙心14分35秒32 2021/07/04第2回絆記録挑戦会
菅 真大14分37秒71 2021/04/17第1回中京大学土曜競技会

 先の中部実業団フィレモン・山口選手の13分31秒がワンツーとなっています。その次は、駅伝絵エース選手として安定している中西選手が13分39秒、中部駅伝区間賞の藤井選手が13分46秒好記録。また、石川・東選手に続き、若手小川選手が13分台を出しています。

10000m
ロジャース・ケモイ27分05秒51 2021/06/18ATHLETICS KENYA trials
(ロジャース・ケモイ27分33秒33 2021/05/03第105回日本陸上競技選手権大会)
フィレモン・キプラガット27分46秒91 2021/11/27八王子ロングディスタンス
(ロジャース・ケモイ27分50秒06 2021/07/30TOKYO 2020)
中西玄気28分13秒02 2021/12/04第293回日本体育大学長距離競技会
山口浩勢28分18秒76 2021/11/27八王子ロングディスタンス
東 瑞基28分24秒62 2021/04/24第286回日本体育大学長距離競技会
石川裕之28分35秒23 2021/12/04第293回日本体育大学長距離競技会
鈴木洋平29分04秒85 2021/12/04第293回日本体育大学長距離競技会
藤井寛之29分13秒97 2021/06/05第288回日本体育大学長距離競技会
木村理来29分14秒41 2021/12/04第293回日本体育大学長距離競技会
中舎優也29分18秒07 2021/04/24第69回兵庫リレーカーニバル
大野日暉29分55秒91 2021/04/24第286回日本体育大学長距離競技会

 ケモイ選手がケニアで27分05秒と、日本記録を超えるハイレベルな記録。というか、これでケニア代表を決めた形になるのですかね。長距離王国で代表になれるレベルの走力ですので、本当にいい選手を獲得しましたよね。キプラガット選手も、27分台出しています。

 日本人は、エース区間を走る選手はしっかり28分台前半。中西選手が28分13秒、山口選手も28分18秒まで伸ばしました。東・石川選手まではしっかり記録を伸ばしていますね。鈴木選手は12月に29分04秒でしたから、ここからぐっと駅伝に向けて仕上がった形ですね。そのほかの選手も29分台は出しています。

3000m障害
山口浩勢8分19秒96 2021/06/26第105回日本陸上競技選手権大会
フィレモン・キプラガット8分21秒10 2021/05/09READY STAEDY TOKYO
(山口浩勢8分22秒39 2021/05/09READY STAEDY TOKYO)
(フィレモン・キプラガット8分25秒13 2021/04/29第55回織田幹雄記念国際陸上競技大会)
(山口浩勢8分26秒52 2021/04/29第55回織田幹雄記念国際陸上競技大会)
(山口浩勢8分31秒27 2021/07/30TOKYO 2020)
(フィレモン・キプラガット8分32秒97 2021/06/19ATHLETICS KENYA trials)

 3000m障害は山口選手の日本選手権になりますが、山口選手安定して8分20秒台を叩き出しているのですよね。この走力があったからこそのオリンピックでした。

ハーフマラソン
ロジャース・ケモイ58分30秒 2022/02/19Ras Al Khaimah Half Marathon
(ロジャース・ケモイ59分15秒 2022/03/27Istanbul Half Marathon)
(ロジャース・ケモイ59分16秒 2021/10/24Valencia Half Marathon)
石川裕之61分55秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン大会
東 瑞基62分20秒 2022/02/13第50回全日本実業団ハーフマラソン大会
鈴木洋平62分23秒 2022/01/30大阪ハーフマラソン大会

フルマラソン
富安 央2時間8分55秒 2022/03/06東京マラソン2021
東 瑞基2時間11分32秒 2022/02/27大阪びわ湖毎日マラソン

 ハーフマラソンはケモイ選手が何度も海外でレースに出場しています。まだまだコロナ禍があった中でしたから、出れるレースに参加しています。今年2月の58分30秒のビッグパフォーマンスを見せています。

 マラソンは、東選手が出たのが唯一かな。ラフィネ所属の富安選手は、移籍が既に決まっていたからか、HPに載っていました。2時間8分台とかなりいい記録を出しています。

2022年度移籍・引退選手

大野日暉
中舎優也
今村謙心

 名簿から名前がなくなっていた選手になります。大野・中舎選手は箱根駅伝を走って実業団入り、昨年春に、1万m29分台を出していましたが、その後伸び悩んでいました。厳しい世界ですね。若手も今村選手がなくなりました。

2022年度新入部員・中途加入選手

富安 央(ラフィネ)
西方大珠(神奈川大)

 休部を宣言していたラフィネからエース選手の富安選手が、入りました。マラソンでも芽が出始めている実力者です。また、神大から西方選手が入部。3障~ハーフマラソンまでしっかりこなせる選手です。東選手ら神大OBが他にいますね。まだまだこれからの選手のはずです。