スポンサーリンク

【関東インカレ陸上2022】1部男子長距離-大学別みどころ-

関東インカレ2022が迫ってきましたね。

簡単ではありますが、男子長距離5種目の大学別エントリーと、見所をまとめます。

まずは1部です。

関東インカレについて、詳しくはこちら

スポンサーリンク

【関東インカレ陸上2022】1部男子長距離-大学別みどころ-

スポンサーリンク

順天堂大学

1500m
1組佐藤怜音①、2組油谷航亮②、2組塩原 匠①

10000m
伊豫田達弥④、野村優作④、石井一希③

ハーフマラソン
四釜峻佑④、西澤侑真④、海老澤憲伸②

3000m障害
1組山崎 颯①、2組村尾雄己①、2組服部壮馬②

5000m
1組三浦龍司③、1組石井一希③、2組藤島幹大②

 順天堂大はどの種目もメンバーが充実していますね。長距離メインとなる5000mに三浦選手が今回も出場。対抗選手権と言うことと、日本選手権3000m障害への弾みがつく結果になればと思います。

 その3000m障害には前回2位快走の服部選手が再びエントリー。決勝での大逃げが決まるか!?またルーキーは走力の高い村尾選手に、IHでも活躍している山崎選手とトリプル入賞してもおかしくないメンバーですね。1500mも塩原選手ら若手中心、どこまでいけるか。

 1万mには、伊豫田・野村選手と前回のW入賞者がしっかりとエントリーしています。個人選手権で野村選手が復調傾向なのが嬉しいですね。5千mとWエントリーの石井選手はどこまでいけるか。

 ハーフマラソンは、四釜・西澤選手と4年生のロードで手堅い選手で加点狙っていますね。これに主力候補になりつつある2年生海老澤選手の構成です。チームとして、関東IC連覇がかかりますが、長距離ブロックもいいメンバー揃えていると思います。

東洋大学

1500m
1組石川 心③、2組及川瑠音④、2組甲木康博②

10000m
松山和希③、児玉悠輔④、佐藤真優③

ハーフマラソン
前田義弘④、梅崎 蓮②、木本大地④

3000m障害

5000m
1組緒方澪那斗①、1組西村真周①、2組九嶋恵舜③

 長距離種目が楽しみになってきますね。1万mにエース松山選手エントリー。今年こそトラックシーズンから爆発力のある走りができそうですかね。これに往路で、松山選手とタスキリレーをした児玉・佐藤選手もエントリー。しっかり入賞を狙っていけます。

 ハーフマラソンは、駅伝で手堅い4年生前田選手がエントリー!粘りはチーム屈指です。これに既に駅伝レギュラーの梅崎選手に、焼津ハーフ優勝の木本選手と手堅いですね。

 1500mは、トラックで記録を出すたびに話題になる及川選手に、中距離で力を伸ばしつつある石川・甲木選手ら、3人とも決勝で戦える力がありそう。5千mは有力ルーキー緒方選手ら1年生に注目です。前回はまさかの無得点でしたが、今年はそんなことないはず。

中央大学

1500m
1組中野倫希②、2組千守倫央④、2組山田俊輝③

10000m
阿部陽樹②、若林陽大④、湯浅 仁③

ハーフマラソン
園木大斗③、山平怜生②、助川拓海④

3000m障害
1組大澤健人③、2組浦田優斗②

5000m
1組伊東夢翔①、1組溜池一太①、2組中野翔太③

 中央大は一気に強豪校になっていきそうなチーム。1500mは山田・中野選手と中距離メンバーに加え、スピードある千守選手もエントリー。この種目で復活の狼煙なるか。

 1万mにはエース級をエントリー。エース候補と言う阿部選手がどこまで他校の主力選手と戦えるか。ロードエースの湯浅選手もトラック1万mへ。どこまでその力を見せられるか。

 ハーフマラソンには、今年の箱根走っていない中で、キーになりそうな選手。助川・園木・山平選手が、長距離ロードで結果を出せれば、さらに選手層に厚みがまします。3000m障害は大澤選手ら加点できるか。

 5000mは、個人選手権でも大活躍している3年生中野選手、さらに有力ルーキーの中から、伊東・溜池選手がエントリー。5千mに新人を置くチームが増えてきたように思います。色んな意図を感じるエントリーです。

法政大学

1500m
1組大島史也①、2組高橋彰太①、2組安澤駿空②

10000m
内田隼太④、川上有生④、松永 怜③

ハーフマラソン
河田太一平④、稲毛祟斗③、山本恭澄④

3000m障害
1組中園慎太郎④、2組宮本哲汰①

5000m
1組内田隼太④、1組清水郁杜①、2組松永 怜③

 法政大は昨年エース選手での加点が目立ちました。その中で、今回はエントリー数もかなり増えました。現時点で、昨年よりチームが充実しているということが伺えます。

 今回のエース内田選手は、1万mと5千mWエントリーで得点を狙っていきます。両立は簡単ではないと思いますが、どちらも入賞できる爆発力を秘めている選手です。同じくWエントリーとなった松永選手も気になるかな?

 3000m障害は、表彰台を十分に狙っていける中園選手がエントリー。どこまで伸びたか楽しみな選手。ハーフマラソンは、河田・稲毛選手といったロードで+αが出る選手がしっかりと入りました。こちでも加点できるか。

 ルーキー勢は4人エントリー。1500mに大島・高橋選手、5000mに清水選手と期待の選手が入りましたね。3000m障害には宮本選手。それぞれどこまでやれるかも注目です。

東海大学

1500m
1組佐伯陽生③、1組飯澤千翔④、2組草刈恭弓①

10000m
松尾昴来③、松崎咲人④、喜早駿介③

ハーフマラソン
竹村拓真④、宇留田竜希④、入田優希③

3000m障害
2組杉本将太④

5000m
1組溝口 仁③、2組鈴木天智①、2組徳丸寛大②

 石原選手の記録会復帰に沸いている東海大も、色々エントリー注目。1500mは絶好調の飯澤選手は、順位だけでなく記録も狙いに来るのかどうか。色んな種目に出ていた佐伯選手が1500mはやや意外ですが、復調のきっかけになるか。

 10000mには、今年になって復調してきた松尾選手が、記録を狙いに行きます。箱根2区を走った松崎選手と、今年になってついに上り調子の喜早選手がどこまでやれるか。

 ハーフマラソンは、箱根8区9区で襷を繋いでいる入田・竹村選手に、焼津ハーフでいい結果を出した宇留田主将がエントリー。実績では竹村選手が一番あります。3000m障害は、杉本選手が上位入賞を狙っていきます。

 5000mは、元々中距離の選手が出ているのがポイント。溝口・徳丸選手がどこまでやれるか。チームの総合力を今年こそみせていきたい。

早稲田大学

1500m
1組間瀬田純平①、1組栁本匡哉③、2組菖蒲敦司③

10000m
井川龍人④

ハーフマラソン
鈴木創士④、安田博登④、菅野雄太②

3000m障害
1組菖蒲敦司③、2組北村 光③

5000m
1組石塚陽士②、2組伊藤大志②、2組山口智規①

 4月出場大会が少なくやや心配していた早大ですが、1万mが井川選手に留まった以外はある程度エントリーしてきています。井川選手は日本選手権からの連戦ですが、走力的には上位充分狙っていけます。

 3年生エース菖蒲選手は、今年も1500mと3000m障害にエントリー。前回は2位と1位で大活躍でした。今年のさらなる走力アップでどれだけやれるか。

 ハーフマラソンには主将の鈴木選手が満を持してエントリー。2年生以降、春は苦戦していましたから、ほっとしします。5千mに楽しみな2年生石塚・伊藤選手がエントリーしています。どこまでやれるか。

 即戦力と言われたルーキーも、間瀬田選手が1500m、山口選手が5000mとそれぞれ持ちタイム高い種目にエントリー。間瀬田選手は1部の中でも屈指の実力者になりますが、現在の調子はいかがかな?

明治大学

1500m
1組馬場勇一郎③、2組近藤 亨④、2組吉川 陽③

10000m
小澤大輝④、児玉真輝③、富田峻平④

ハーフマラソン
加藤大誠④、橋本基紀③、鈴木祐太②

3000m障害
1組窪田悠人①

5000m
1組小澤大輝④、1組富田峻平④、2組漆畑瑠人④

 明治大は1万mが本当に楽しみですね。駅伝でも活躍かつトラックのスピードのある小澤・富田選手の4年生がエントリー。十分に上位入賞、児玉選手も合わせてトリプル入賞を狙っていく形になります。

 5千mにも小澤・富田選手がエントリーしていて、2人で何点取れるかといところにも注目したい。タイム的には主力と同等の漆畑選手もどこまでいけるか。

 1500mは中距離専門の馬場選手に、吉川選手もエントリー、どのあたりまで走ることができるか。ハーフマラソンは加藤選手が主力として加点しにいきます。あとは新戦力候補でしょうか。箱根予選もありますし、粘りに注目です。

国士舘大学

1500m
1組中島弘太②、2組富岡晃世①

10000m
ピーター カマウ②、福井大夢④

ハーフマラソン
清水悠雅④、望月 武④、佐藤悠貴也③

3000m障害

5000m
1組岩下翔哉①、2組山本龍神③、2組生駒直幸①

 国士舘大は、新留学生のカマウ選手がまずどこまでやれるか。昨年はあまり試合に出ていないだけに、持ちタイムがいい意味で相応でないと思います。

 他では、4年生が多くエントリー。福井・清水・望月選手の箱根出走組が、どこまで他校相手に食い下がれるか。3年、スピードは高いと思われる山本選手が通用すればと思います。

 それと例年以上1年生のエントリーが多いですね。記録会でも調子が良かった岩下選手に、生駒選手が5千mに挑戦。一気に主力になっていくか注目です。

日本体育大学

1500m
1組高村比呂飛②、2組山崎 丞①、2組廣澤優斗④

10000m
村越凌太④、大森椋太③、名村樹哉④

ハーフマラソン
藤本珠輝④、盛本聖也④、水金大亮③

3000m障害
1組富永椋太②、1組九嶋大雅④、2組分須尊紀②

5000m
1組平島龍斗①、2組溝上賢伸②、2組廣澤優斗④

 フルエントリー日体大は、エースの藤本選手がハーフマラソンエントリーが意外でした。昨年は1万mで印象に強かったせいでしょうか。調子あがっていれば十分に優勝を目指していけるのではないでしょうか。

 他のメンバーがどこまであがっていけるかは大事になってくるでしょうか。1万mエントリーの村越・名村選手、ハーフマラソンエントリーの盛本選手ら、主力4年生が、どれだけ戦えるかは、今後を占ううえで注目です。

 また、廣澤選手が1500mと5000mWエントリー、2種目どこまで戦っていけるか。今回は1500m決勝と5000m予選が同日に行われるのですよね。どのくらいいけるか。

 3000m障害が何気に得点源で、箱根も走っている九嶋・分須選手が再びエントリー。今度こそ得点できるか。1500mは期待のルーキー山崎選手、どれだけやれるかも気になります。

山梨学院大学

1500m
1組都築勇貴④、1組村本龍彦④、2組髙木駿太③

10000m
伊東大輝④、木山達哉④、砂川大河②

ハーフマラソン
篠原 楓④、横山竜之介③、栗原光弘④

3000m障害
1組品田滉人①、1組中込 空③、2組笛木慎之輔④

5000m
1組ボニフェス ムルア④、1組木山達哉④、2組髙田尚暉②

 山梨学院大は、昨年健闘していた1万mがまず注目となってきますかね。28分台持っている伊東・木山選手が、主要大会でもどこまでやれるか。

 ハーフマラソンは、大阪ハーフで上位だったメンバーがそのままエントリーされたような感じに見えました。コースなどは違うと思いますが、どこまでやっていけるか。2年生伸び盛りの髙田・砂川選手がどこまでやれるかも注目。

 また留学生はムルア選手が5000mへ。今回はレギュラーだからこそ、重要な役割になるはずです。1500mや3000m障害は、それぞれ専門の選手がいます。しっかり加点できれば。

駿河台大学

1500m
2組福田翔哉③

10000m
町田康誠④、新山舜心③、池原悠月②

ハーフマラソン
永井竜二④、出仙龍之介④

3000m障害

5000m
1組清野太成④、2組東泉大河①、2組M.ゴッドフリー①

 駿河台大は、まず1万mですかね。町田・新山・池原選手と、学年の代表選手が出てきています。それぞれどこまで戦えるか。ハーフマラソンは箱根駅伝も走った永井・出仙選手です。

 5000m、ついに新留学生のゴッドフリー選手が大学デビュー戦。あまり試合は知ってきていないだけに、他校にとっても脅威ですね。

 主力でスピードのある清野選手に、ルーキーでいい練習がもうできているという東泉選手が、どこまでいけるか。まだまだ注目度が高いチームです。

筑波大学

1500m
1組吉田海渡②、1組小林竜也④、2組堀口花道①

10000m
福谷颯太④、國井辰磨④

ハーフマラソン
岩佐一楽④

3000m障害
2組松村匡悟④

5000m
1組小林竜也④、1組吉田海渡②、2組平山大雅③

 筑波大は、トラックにかなりエントリーしてきましたね。小林・吉田選手が1500mと5000mWエントリー。ともにスピードありますし、特に小林選手は昨年の実績もありますね。入賞を狙っていけます。

 長い距離の主力も勢ぞろい。5000mに平山選手・1万mに福谷選手、ハーフマラソンに岩佐選手がエントリーしています。3000m障害の松村選手も加点チャンス。十分に戦っていけるメンバーです。

流通経済大学

1500m
1組鎌形駿也③

10000m
森川蒼太②

ハーフマラソン

3000m障害

5000m
1組嶋田翔太④、2組三角隼人②、2組森川蒼太②

 流通経済大は、昨年末力を入れていた5000mにフルエントリー。嶋田・森川選手ら、現時点での主力選手になります。

慶應義塾大学

1500m
1組田村颯斗④、1組安倍立矩②、2組河野慶太④

10000m
木村有希②

ハーフマラソン
田島公太郎②

3000m障害
1組黒澤瑛紀③

5000m
1組安倍立矩②、2組森田剛史④

 慶應義塾大は、主力がそれぞれの種目にエントリー。安倍選手が1500mと5000m、木村選手が1万m、箱根も走った田島選手は2年連続でハーフマラソンにエントリー。今年こそ入賞できるか。4年生の森田選手も力をつけてきています。

日本大学

1500m
1組大野雅也②

10000m
チャールズドゥング④、樋口翔太④、安藤風羽②

ハーフマラソン
チャールズドゥング④、若山 岳④、濱田祐知④

3000m障害
1組山口月暉①、2組秋山好輝①

5000m
1組下尾悠真③、2組松岡竜矢④、2組滝澤愛弥①

 日大はひとまずほっとするエントリー。ドゥング選手が1万mとハーフマラソンと、長い距離でW表彰台以上狙ってきます。また、1万mに樋口選手、5千mに松岡選手と主力選手が入りました。彼ら3人でどこまで得点できるかは気になりますね。

 また、若山・濱田・下尾選手らそれに続く選手がどこまで戦えるかは、今後を占う要素で大事になってきますかね。また滝澤選手らルーキーたちも多くエントリーしています。