スポンサーリンク

【関東インカレ陸上2022】男子長距離5種目[1部エントリー]

今年も関東インカレの季節ですね。

2022年5月19日(木)~22日(日)にかけて
第101回関東インカレが行われます。

場所は、国立競技場(東京)※一部日本大学陸上競技場

無事、行われそうで何よりです。

その関東インカレの概要についてと、

箱根駅伝中心のブログの為、

1500m・5000m・10000m・ハーフマラソン・3000m障害の長距離5種目のエントリーと展望を掲載します。

スポンサーリンク

第101回関東学生陸上競技対校選手権大会について

関東陸上競技連盟

関東インカレ2022要項

関東インカレ2022標準記録

関東インカレ2022エントリー

スポンサーリンク

関東インカレ1部・2部校について

陸上の強いチームが1部、それ以外が2部、大学院が3部となっています。

1部校と2部校は、前年の1部下位2校・2部上位2校が入れ替わります。

今年は以下の大学が1部校になります。

1部校
順天堂大学、東洋大学、中央大学、法政大学
東海大学、早稲田大学、明治大学、国士舘大学
日本体育大学、山梨学院大学、駿河台大学、筑波大学
流通経済大学、慶應義塾大学、日本大学、東京学芸大学

2部校は、この16校以外全部。紹介しきれませんので、箱根駅伝で有名な大学をいくつかあげます

2部校
青山学院大学、駒澤大学、東京国際大学、創価大学
國學院大學、帝京大学、神奈川大学、中央学院大学
駿河台大学、専修大学、拓殖大学、大東文化大学
上武大学、城西大学、立教大学、東京農業大学などなど

となってます。

長距離中心の強化で、青学大と駒大が2部にいますので、長距離種目に関しては、1部以上に盛り上がることも多いです。

男子長距離5種目競技日程

【5月19日(木)】
13時00分:男子2部3部1500m予選
13時50分:男子1部1500m予選
17時05分:男子2部3部10000m決勝
18時35分:男子1部10000m決勝

【5月20日(金)】
12時50分:男子2部1500m決勝
13時20分:男子1部1500m決勝
18時00分:男子2部3部5000m予選
19時10分:男子1部5000m予選

【5月21日(土)】
14時55分:男子2部3部3000m障害予選
15時40分:男子1部3000m障害予選

【5月22日(日)】
8時15分:男子2部3部ハーフマラソン
9時30分:男子1部ハーフマラソン
11時40分:男子2部3000m障害決勝
12時00分:男子1部3000m障害決勝
15時10分:男子2部5000m決勝
16時00分:男子1部5000m決勝

1部長距離5種目エントリー・展望

種目別エントリーを紹介して、軽く展望を行います。

予選がある種目は、予選組順、それ以外は駅伝など実績順にしています。

なお、この記事では1部だけです。2部3部は少しお待ちください。

1500m

大学名 1人目 2人目 3人目
順天堂大学 1組佐藤怜音① 2組油谷航亮② 2組塩原 匠①
東洋大学 1組石川 心③ 2組及川瑠音④ 2組甲木康博②
中央大学 1組中野倫希② 2組千守倫央④ 2組山田俊輝③
法政大学 1組大島史也① 2組高橋彰太① 2組安澤駿空②
東海大学 1組佐伯陽生③ 1組飯澤千翔④ 2組草刈恭弓①
早稲田大学 1組間瀬田純平① 1組栁本匡哉③ 2組菖蒲敦司③
明治大学 1組馬場勇一郎③ 2組近藤 亨④ 2組吉川 陽③
国士舘大学 1組中島弘太② 2組富岡晃世①  
日本体育大学 1組高村比呂飛② 2組山崎 丞① 2組廣澤優斗④
山梨学院大学 1組都築勇貴④ 1組村本龍彦④ 2組髙木駿太③
駿河台大学     2組福田翔哉③
筑波大学 1組吉田海渡② 1組小林竜也④ 2組堀口花道①
流通経済大学 1組鎌形駿也③    
慶應義塾大学 1組田村颯斗④ 1組安倍立矩② 2組河野慶太④
日本大学 1組大野雅也②    
東京学芸大学      

 1部の1500mは予選は2組となりました。中心になるのは東海大の飯澤選手になってくるでしょうか。先日3分40秒切る高パフォーマンスを出しています。対抗戦での結果も楽しみになります。

 他、箱根の強豪校を見ると、東洋大が中距離陣にトラック好調の及川選手、中央大は中距離陣にスピードランナーで箱根も走っている千守選手がエントリー。

 早大は、エース級で前回2位の菖蒲選手に期待のルーキー間瀬田選手。明治大は馬場選手、日体大は廣澤選手ら中距離が強いランナーです。筑波大も吉田・小林選手とかなり強い選手が出場している印象です。あとは若手中心のメンバーとなった順天堂大や法政大から活きのいい選手が出てくるかといったところです。

10000m

大学名 1人目 2人目 3人目
順天堂大学 伊豫田達弥④ 野村優作④ 石井一希③
東洋大学 松山和希③ 児玉悠輔④ 佐藤真優③
中央大学 阿部陽樹② 若林陽大④ 湯浅 仁③
法政大学 内田隼太④ 川上有生④ 松永 怜③
東海大学 松尾昴来③ 松崎咲人④ 喜早駿介③
早稲田大学 井川龍人④    
明治大学 小澤大輝④ 児玉真輝③ 富田峻平④
国士舘大学 ピーター カマウ② 福井大夢④  
日本体育大学 村越凌太④ 大森椋太③ 名村樹哉④
山梨学院大学 伊東大輝④ 木山達哉④ 砂川大河②
駿河台大学 町田康誠④ 新山舜心③ 池原悠月②
筑波大学 福谷颯太④ 國井辰磨④  
流通経済大学 森川蒼太②    
慶應義塾大学 木村有希②    
日本大学 チャールズドゥング④ 樋口翔太④ 安藤風羽②
東京学芸大学      

 留学生のエントリーが今年は2名に留まった1万m。実質初お披露目となる国士大カマウ選手に、日大のドゥング選手のみ。日本人も優勝争いに絡んでいく事は十分可能なはずです。

 箱根上位校から見ると、上位校はやはり強力ですね。昨年も上位に入っている順大4年伊豫田・野村選手に、3年石井選手も強くなってきています。東洋大は、今年こそ楽しみなエース松山選手に、他佐藤選手ら主力選手が出ます。

 中央大は、エース級となってきた阿部選手に、中大は5000mで高パフォーマンスがあった内田選手が楽しみ。東海大は復調途上の松尾選手が楽しみですね。

 早大は、日本選手権出場の井川選手一人エントリー。連戦ですが、調子が合えば早い選手。明大は今年のエース小澤・冨田・児玉選手が揃って、得点を取りに来ています。

 他の大学もエース級ですね。山学大は木山選手、駿河台大は町田選手、筑波大は福谷選手とそのチームのエース選手がエントリー。日大樋口選手の復調具合も気になります。さすが1万m各大学の主力が揃っています。

ハーフマラソン

大学名 1人目 2人目 3人目
順天堂大学 四釜峻佑④ 西澤侑真④ 海老澤憲伸②
東洋大学 前田義弘④ 梅崎 蓮② 木本大地④
中央大学 園木大斗③ 山平怜生② 助川拓海④
法政大学 河田太一平④ 稲毛祟斗③ 山本恭澄④
東海大学 竹村拓真④ 宇留田竜希④ 入田優希③
早稲田大学 鈴木創士④ 安田博登④ 菅野雄太②
明治大学 加藤大誠④ 橋本基紀③ 鈴木祐太②
国士舘大学 清水悠雅④ 望月 武④ 佐藤悠貴也③
日本体育大学 藤本珠輝④ 盛本聖也④ 水金大亮③
山梨学院大学 篠原 楓④ 横山竜之介③ 栗原光弘④
駿河台大学 永井竜二④ 出仙龍之介④  
筑波大学 岩佐一楽④    
流通経済大学      
慶應義塾大学 田島公太郎②    
日本大学 チャールズドゥング④ 若山 岳④ 濱田祐知④
東京学芸大学      

 ロード自慢が揃いましたね。留学生は今年はドゥング選手に留まりました。例年通り2種目出場ということになりそうかな?日本人では、日体大がエース藤本選手をハーフマラソンにエントリーしていて、実績的にも彼が中心になってくるでしょうか。

 順大はロードに強い四釜・西澤選手、東洋大も今年の箱根復路好走の前田・梅崎選手がエントリー。法大はエース級の河田選手に、東海大はロード強い竹村選手に、焼津ハーフ好走の宇留田選手がエントリーしています。

 中大は今年の伸びが楽しみな園木・山平選手がどこまでやれるか。伝統の早大と明大は、4年生エース鈴木・加藤選手がエントリーしていてどこまでやれるか。

 あとは、筑波大は復調してきたエース岩佐選手に、慶大は昨年当時1年生ながら出場した田島選手が調子を上げています。また、長い距離で渋い走りをする山学大篠原・駿河台大永井選手らも楽しみです。

3000m障害

大学名 1人目 2人目 3人目
順天堂大学 1組山崎 颯① 2組村尾雄己① 2組服部壮馬②
東洋大学      
中央大学 1組大澤健人③   2組浦田優斗②
法政大学 1組中園慎太郎④   2組宮本哲汰①
東海大学     2組杉本将太④
早稲田大学 1組菖蒲敦司③   2組北村 光③
明治大学 1組窪田悠人①    
国士舘大学      
日本体育大学 1組富永椋太② 1組九嶋大雅④ 2組分須尊紀②
山梨学院大学 1組品田滉人① 1組中込 空③ 2組笛木慎之輔④
駿河台大学      
筑波大学     2組松村匡悟④
流通経済大学      
慶應義塾大学 1組黒澤瑛紀③    
日本大学 1組山口月暉①   2組秋山好輝①
東京学芸大学      

 3000m障害が、今年は意外と少なかったですね。もう少しで一発決勝になるのではという人数…(汗)。

 その中でフルエントリーが順大。これは楽しみですね。前回2位の服部選手に、期待のルーキー村尾・山崎選手でトリプル得点を狙っていける陣容です。なお、前回トップの早大菖蒲選手も再度エントリーしています。

 他にも実力者では、法大中園選手に、東海杉本選手、早大北村選手。日体大は箱根も走っている九嶋・分須選手は走力が高いです。フルエントリー山学大は専門の選手を育成しているようで、ひそかな楽しみです。上位争いはやはり熾烈です。

5000m

大学名 1人目 2人目 3人目
順天堂大学 1組三浦龍司③ 1組石井一希③ 2組藤島幹大②
東洋大学 1組緒方澪那斗① 1組西村真周① 2組九嶋恵舜③
中央大学 1組伊東夢翔① 1組溜池一太① 2組中野翔太③
法政大学 1組内田隼太④ 1組清水郁杜① 2組松永 怜③
東海大学 1組溝口 仁③ 2組鈴木天智① 2組徳丸寛大②
早稲田大学 1組石塚陽士② 2組伊藤大志② 2組山口智規①
明治大学 1組小澤大輝④ 1組富田峻平④ 2組漆畑瑠人④
国士舘大学 1組岩下翔哉① 2組山本龍神③ 2組生駒直幸①
日本体育大学 1組平島龍斗① 2組溝上賢伸② 2組廣澤優斗④
山梨学院大学 1組ボニフェス ムルア④ 1組木山達哉④ 2組髙田尚暉②
駿河台大学 1組清野太成④ 2組東泉大河① 2組M.ゴッドフリー①
筑波大学 1組小林竜也④ 1組吉田海渡② 2組平山大雅③
流通経済大学 1組嶋田翔太④ 2組三角隼人② 2組森川蒼太②
慶應義塾大学 1組安倍立矩② 2組森田剛史④  
日本大学 1組下尾悠真③ 2組松岡竜矢④ 2組滝澤愛弥①
東京学芸大学      

 留学生は山学大ムルア選手と、駿河台大の新留学生ゴッドフリー選手2人だけですね。ゴッドフリー選手は、走れば関東ICが日本でのデビュー戦になるだけに不気味ですね。

 とはいえ、優勝争いの観点で言えば、日本人にも十分チャンスがあります。前回も2位表彰台にたった順大は三浦選手は、今年は5000mのみにエントリー。5千mも日本トップレベルの力があるだけに、優勝候補筆頭かもしれません。

 このほかでは、中大の実力者中野選手、法大スピードランナー内田選手、東海大は溝口選手ら中距離上がりの選手もいますね。

 早大と明大はエース。明大は小澤・富田選手が1万mに引き続きエントリー、とはいえ予選もあるしどちらかに絞ることも考えられます。早大は石塚・伊藤選手、さらにルーキー山口選手と自慢のスピードランナーを投入しています。

 駿河台大も清野選手ら主力選手を投入。筑波大は1500mにもエントリーしている小林選手ら、日大も松岡選手他新たな主力選手エントリーしています。やはり上位争いは熾烈になりそうです。

 また、1年生中心の大学もあり、東洋大・中大・国士舘大が1年生2名エントリー。高校時代から名前を聞く選手も多く、どこまで上位に食い込むか純粋に楽しみです。