スポンサーリンク

【長距離結果】2022(第55回)東京六大学対校陸上競技大会(4月9日)+α

2022年4月9日(土)は、
第55回東京六大学対校陸上競技大会が行われます。

野球でも有名な六大学ですね。
法政大・早稲田大・明治大・立教大・慶應大・東京大の6大学の陸上対抗戦です。

特に、男子長距離の1500m・5000m・3000m障害の結果や、大学別まとめを記載します。

スポンサーリンク

【長距離結果】第55回東京六大学対校陸上競技大会

競技日程【男子長距離のみ】
10時45分:男子1500m決勝+OP
12時25分:男子3000m決勝+OP
15時10分:男子5000m決勝
スポンサーリンク

男子長距離対抗結果

[全体の結果]

男子1500m決勝+OP

🥇菖蒲敦司③(早稲田大)3分46秒91 +8点
🥈近藤 亨④(明治大)3分47秒45 +7点
🥉馬場勇一郎③(明治大)3分52秒34 +6点
4位大塚直哉①(立教大)3分53秒64 +5点
5位高橋彰太①(法政大)3分54秒26 +4点
6位マッキャーン将人①(立教大)3分55秒72 +3点
7位安澤駿空②(法政大)4分00秒25 +2点
8位松元泰治④(慶應義塾大)4分01秒24 +1点

9位野田大晴③(慶應義塾大)4分03秒47
10位森本 聡④(東京大)4分03秒60
11位加藤広人②(立教大)4分04秒10
12位山岸 成②(慶應義塾大)4分04秒50
13位中根美七海④(東京大)4分05秒07
14位竹 一虎①(早稲田大)4分05秒09
15位金山裕生(東京大OB)4分08秒75

 1500mは早大菖蒲選手が強かったですね!明大近藤・馬場選手と、中距離が専門というランナーを振り切っていくのは本当に強いなと思います。3000m障害もまたチャレンジする以降を示していますし、やはりスピードは非常に強化しています。

 また、各大学ルーキーが出走していますね。立教大は2人とも新入生で大塚選手が4位健闘、法大高橋選手実力者です。今後楽しみです。

男子3000m障害+OP

🥇内田賢利③(立教大)9分03秒08 +8点
🥈中園慎太郎④(法政大)9分06秒20 +7点
🥉北村 光③(早稲田大)9分13秒84 +6点
4位宮澤 徹③(立教大)9分25秒29 +5点
5位宮本哲汰①(法政大)9分27秒33 +4点
6位森田雄貴(東京大M1)9分34秒33 +3点
7位窪田悠人①(明治大)9分37秒54 +2点
8位蛭田哲平③(法政大)9分54秒53
9位東 叶夢①(慶應義塾大)10分00秒84 +1点
10位越川剛暉②(東京大)10分26秒30

 ここは実力ある3名が抜けていましたね。日本選手権にも出場している立教大内田選手が9分03秒トップ。上がってくるのは、これからですかね。

 2位は法大中園選手がしっかり入りました。彼も関東IC上位期待できる選手です。貧血の期間が長引いてしまった早大北村選手も9分13秒ながら、ようやく脱してきたのかなと言う感じがしました。

男子5000m決勝

🥇内田隼太④(法政大)14分03秒62 +8点
🥈伊藤大志②(早稲田大)14分18秒50 +7点
🥉松永 怜③(法政大)14分22秒16 +6点
4位鈴木祐太②(明治大)14分26秒01 +5点
5位木村有希②(慶應義塾大)14分28秒66 +4点
6位安倍立矩②(慶應義塾大)14分31秒68 +3点
7位林虎太朗②(立教大)14分38秒47 +2点
8位曳田道斗②(明治大)14分41秒47 +1点

9位忠内侑士③(立教大)14分58秒14
10位瀬川莉玖④(東京大)15分06秒31
11位中根美七海④(東京大)15分28秒21
12位西田大晟②(東京大)16分02秒02

 5000mはびっくり!実力者も出場している中、法政大内田選手が断トツの優勝。14分03秒のタイムで、2位以下を15秒もちぎっていたのはびっくり!もっと上のところで走らせたい。法大は3位にも、大学入ってからは目立っていなかった松永選手が入って、いよいよ本格化注目。

 ほかでは、早大は一人だけの出場となった伊藤選手がしっかり2位に入って、役割を果たしました。明大は若手出場で2年鈴木選手健闘、慶大も2年生の選手が上位、全体的には若手の出場が多かった印象です。

大学駅伝チーム別まとめ

法政大学

1500m
5位高橋彰太①3分54秒26
7位安澤駿空②4分00秒25
3000m障害
🥈中園慎太郎④9分06秒20
5位宮本哲汰①9分27秒33
8位蛭田哲平③9分54秒53
5000m
🥇内田隼太④14分03秒62
🥉松永 怜③14分22秒16

 4年生の主力選手が、まず引っ張ったのがポイントですね。中園・内田選手ともいいレースでしっかり表彰台大量苦得点に絡みました。次の大きなレースが楽しみですね。

 1年生も高橋・宮本選手あたりがデビュー。また3年生松永選手が対抗レースで3位食い込んだのも収穫ですね。次の主力になっていくかどうか。

早稲田大学

1500m
🥇菖蒲敦司③3分46秒91
14位竹 一虎①4分05秒09
3000m障害
🥉北村 光③9分13秒84
5000m
🥈伊藤大志②14分18秒50

 早大は少数の出場となりましたね。菖蒲選手が1500mで持ち前のスピードを発揮して優勝、5000mは早大伊藤選手が世代ではトップとなる2位、3障は北村選手が復調傾向にあるという形でした。

明治大学

1500m
🥈近藤 亨④3分47秒45
🥉馬場勇一郎③3分52秒34
3000m障害
7位窪田悠人①9分37秒54
5000m
4位鈴木祐太②14分26秒01
8位曳田道斗②14分41秒47

 1500mで中距離選手が躍動。近藤選手が2位、馬場選手が3位としっかり表彰台を確保しました。また、5000mに次の主力候補鈴木・曳田選手が出走。今回は鈴木選手が良かったですね。

立教大学

1500m
4位大塚直哉①3分53秒64
6位マッキャーン将人①3分55秒72
11位加藤広人②4分04秒10
3000m障害
🥇内田賢利③9分03秒08
4位宮澤 徹③9分25秒29
5000m
7位林虎太朗②14分38秒47
9位忠内侑士③14分58秒14

 立教大も得点が増えてきましたね。3障の内田選手がまず目立ちますね。彼は関東IC以降のレースも楽しみな選手です。また、1500mで新入生がデビュー、大塚・マッキャーン選手がデビューしました。5千mは林選手が他校に食いつきました。

慶應義塾大学

1500m
8位松元泰治④4分01秒24
9位野田大晴③4分03秒47
12位山岸 成②4分04秒50
3000m障害
9位東 叶夢①10分00秒84 +1点
5000m
5位木村有希②14分28秒66
6位安倍立矩②14分31秒68

 5000mは木村・安倍選手が健闘しましたね。同世代の他校の選手たちが多かったですが、最後までしっかり戦い切りました。まず彼らが他校のエースとどこまで戦っていけるか楽しみです。

東京大学

1500m
10位森本 聡④(東京大)4分03秒60
13位中根美七海④(東京大)4分05秒07
15位金山裕生(東京大OB)4分08秒75
3000m障害
6位森田雄貴(東京大M1)9分34秒33 +3点
10位越川剛暉②(東京大)10分26秒30
5000m
10位瀬川莉玖④(東京大)15分06秒31
11位中根美七海④(東京大)15分28秒21
12位西田大晟②(東京大)16分02秒02

 六大学、唯一非強化となる東京大ですが、3000m障害で得点が取れました。東京理科大から進学した森田選手が9分34秒の6位と健闘しています。5千mでは瀬川選手が結構食いついた感じです。

【結果】2022年度第1回早稲田大記録会は、思ったより出場数が多かったので別記事に。