スポンサーリンク

全日本大学駅伝2021【東京国際大学】戦力分析&区間エントリー予想

出雲駅伝・箱根駅伝予選会終了!

全日本大学駅伝2021モードに入っていきたいと思います!
当ブログでは、関東地区15大学を中心に、区間オーダー予想をしていきます。

続いて、いきなり出雲駅伝優勝!引き続き台風の目へ
東京国際大学の区間オーダー予想です。

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2021【東京国際大学】戦力分析&区間エントリー予想

 よもやよもやの出雲駅伝でした。初出場ながら、アンカーに大砲を抱え、優勝にワンチャンと思われていました。それが中盤で先頭に立ち、実質この地点で決着をつけるという横綱相撲。悠々と初出場・初優勝を成し遂げてしまいました。

 3度目の挑戦となる全日本大学駅伝も、もちろん優勝候補の一角にあがってくるでしょう。出雲よりも区間距離が長く、区間数が多いということ、出雲の主役ランナーが故障明けで迎えそうなので、同じようにはいかないかもです。それでも、直近の大会でベストラッシュ。やっぱり注目校です。

スポンサーリンク

エントリーメンバーと戦力分析

※5日(金)暫定区間エントリー発表、補欠5名に。
※7日(日)補欠と最大2名まで交代可能

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝

芳賀宏太郎④14分07秒82/29分07秒82≪21:箱6区19位、20:箱8区5位、19:全3区11位、箱7区6位≫
三浦瞭太郎④14分04秒99/29分18秒43
野澤巧理④13分57秒17/29分26秒26

イエゴン ヴィンセント③13分15秒15/27分30秒24≪21:出6区1位、箱2区1位、20:箱3区1位、19:予3位≫
山谷昌也③13分49秒47/28分11秒94≪21:出1区3位、20:全1区13位、19:全1区14位≫
丹所 健③13分46秒17/28分19秒17≪21:出3区2位、箱1区14位、20:全2区8位、箱1区13位、19:予50位≫
堀畑佳吾③14分02秒14/28分54秒91≪20:全6区12位≫
宗像 聖③13分57秒22/29分13秒94≪21:出5区3位、箱4区13位、20:全4区9位≫
奥村辰徳③14分07秒59/29分14秒32
ルカ ムセンビ③13分45秒15/28分20秒09≪20:全8区2位、19:全8区1位≫

生田琉海②14分04秒82/29分09秒22
林 優策②14分03秒45/29分43秒85
麓 逸希②14分00秒07/30分29秒42

冨永昌輝①14分03秒54/29分06秒37
佐藤榛紀①13分50秒31/29分17秒39≪21:出2区4位、20:高1区29位≫
白井勇佑①13分58秒00/29分25秒57≪21:出4区5位、20:高7区2位、19:高2区1位≫

メンバーは揃ってきましたね。7人エントリーと、中心核となっている3年生は大エースヴィンセント選手と、全日本駅伝には2年連続で出走しているムセンビ選手と、2人ともエントリー。ムセンビ選手は直近1万m28分台マーク、臨戦態勢は整っています。さてどちらを選ぶか。

 3年生は丹所選手が、出雲3区で快走を見せたように中心選手。ただ、出雲後に故障があったため、前年区間一桁で走った2区で調整中とのこと。その間に、山谷選手が大幅成長!1万m28分11秒94と、この高速化でも簡単には出せないレベルの記録をマーク。一気にエース区間での登場もありそうです。

 3年生はほかにもいて、今年の出雲5区のようにタフなレースで威力を発揮する宗像選手、前年の全日本6区を走っている堀畑選手が、直近1万m28分54秒と初の28分台で上昇中。奥村選手も着々と記録を短縮しています。やはり中心の学年。

 あとは4年・2年・1年と3人ずつ。下級生に勢いがあり、出雲では1年生佐藤・白井選手が出走し、いきなり優勝メンバー。特に佐藤選手が2区でトップに近い位置をキープしたのは大きかった。また、冨永選手が一気に成長し、1万m29分06秒をマーク。デビューあるか。

 2年生はまだ駅伝経験者がいないですが、生田選手が1万m29分09秒をマークして出走メンバーに一歩前進か。林・麓選手も5千mでは14分一桁をマークしていて、スピードの伊勢路のデビューはまだあるか。

 ここまで4年生の影が薄いですが、距離が長い区間も出てきて出走あるか。実力者の芳賀選手がやや出遅れていますが、まだ駅伝未経験の三浦・野澤選手が下級生に負け時と自己ベストを出しています。非常に選手層の厚い16名が選ばれています。簡単ではないですが、2冠挑戦は十分可能です。

区間オーダー予想

1区(9.5㎞)佐藤榛紀①
2区(11.1㎞)丹所 健③
3区(11.9㎞)山谷昌也③
4区(11.8㎞)宗像 聖③
5区(12.4㎞)冨永昌輝①
6区(12.8㎞)堀畑佳吾③
7区(17.6㎞)野澤巧理④
8区(19.7㎞)イエゴン ヴィンセント③

1区佐藤選手…全日本の1区は、最短区間。主力以外で誰がいいかなと考えました。出雲2区で他校の主力選手に食らいつき、ラストのたたき合いでもそれほど離れなかった1年佐藤選手で予想します。高校時代に5千m13分50秒を出していて元々スピードあるんですよね。いいスタートを切れると思います。

2区丹所選手…故障情報が流れてしまいましたね。簡単にうまくいかないものです。無理して出走してほしくない反面、丹所選手は何とかして走りたいだろうと思います。比較的距離が短く、前年区間8位で走っている2区で流れをつなぐ役割になるのではと思います。間に合えばいいですね。

3区山谷選手…さて、前半区間勝負の3区。出雲1区を凌いで、直近記録会28分11秒好記録を樹立した、山谷選手を満を持してエントリーさせると思います。走力は充分ついてきているので、思い切って他校のエースと勝負していければと思います。

4区宗像選手…ここまでまだ混戦でしょうし、やや読みづらい。なので、堅実な選手を4区に配置すると予想。過去3回の駅伝いずれも安定した走りを見せている宗像選手。この区間は昨年も宗像選手が走り区間9位。前年3区で一度流れが切れただけに、区間順位以上に価値がある走りでした。今年はさらに上の区間順位を。

5区冨永選手…中盤の繋ぎの区間です。ここで気になっていた1年生の選手の起用を予想してみたい。全日本予選では、2組に登場。1組の悪い流れを完全に断ち切る好走をしています。記録会でもベスト続き、一度大学駅伝を走ってほしいですがどうでしょうか。また新たな戦力登場です。

6区堀畑選手…いろんな選手を見て迷いましたが、やはり直近1万m28分台を出した堀畑選手で。実は昨年の6区経験者で前回は区間13位。あれから大幅に走力がアップしています。流れに乗って、しっかりと区間上位狙っていきたいところです。

7区野澤選手…ちょっと捻った予想です。大学駅伝未経験の4年生野澤選手とみます。とはいえ、東京国際大は過去2度の全日本駅伝の7区はいずれも4年生出走。野澤選手も記録会で安定していて、実は全日本予選3組好走し、チームの指揮を上げています。デビューはあってもいいと思います。

8区ヴィンセント選手…基本的には彼がアンカーでしょう。出雲駅伝を見る限り絶好調には見えなかったので、7区ヴィンセント8区丹所選手あるかなとも思ったのですが…。どうでしょう、走ったとして、区間記録までいくかどうかギリギリの線だなと思っています。56分前半は一つ目安かなぁと思っています。どれだけの差でタスキが渡るでしょうか。

 なお、丹所選手が間に合わなかった場合は、2区堀畑選手と思っています。直近いいレースをしたのは確かですし、駅伝も経験していますしね。そして6区に2年生から生田選手と登場させたいと思ったり、どうでしょうかね。

まとめ

・今回の日本人エースは山谷選手か
・記録会好調!続々と戦力候補がベスト更新!
・勢いづいたチーム、2冠は無欲から!?

 出雲駅伝では序盤で好位置に付けて、3区日本人エース丹所選手で一気に抜け出して、この時点で、他校の監督に白旗を上げさせる展開でした。今回はまた区間距離も違いますし、またその丹所選手が万全ではないということで、少し違う展開にはなると思います。

 それでも強豪校を食らっていき、あわよくばの優勝候補の一角にはあると思います。山谷選手を初め、多くの主力選手や新戦力候補として挙がる選手の調子は非常にいい状態にあります。出雲駅伝優勝でチーム全体が勢いづいてきているように見えます。

 おそらくアンカーだろうヴィンセント選手の状態によりますが、2分~3分ほどまでに、トップとの差を抑えていれば、大逆転優勝は可能。そして、その差までに抑えられる可能性もあるんですよね。

 基本的には1区から強豪校に食らいついて、チャンスあればラストで前へ…だと思います。その繰り返しが、他校を焦らせることになると思ってます。優勝を意識し過ぎずに、1区間1区間ベストを尽くすのが、最善手になっていきそうです。