スポンサーリンク

出雲駅伝2021【東洋大学】戦力分析&区間エントリー予想

まもなく、大学駅伝2021-2022シーズン到来ですね!

コロナ禍であることは、昨シーズンから変わりませんが、ひとまず緊急事態宣言が解除され、幸運なことに、大学駅伝界はいい出足となりそうです。

最初の三大駅伝である出雲駅伝2021のエントリーが締め切られました。
公式ホームページでのメンバー発表は、まだですが、いくつかのチームがSNSなどを通して発表しています。

その次、東洋大学出雲駅伝2021区間エントリー予想をしてみます。

 表彰台常連の強豪校ですが、今年の関東インカレでは、久々に長距離陣で得点できず強い危機感をあらわに。その中でも新エース格の選手が記録会で少しずつ台頭。駅伝にしっかり合わせてくる東洋大の初戦に注目です。

スポンサーリンク

出雲駅伝2021【東洋大学】戦力分析&区間エントリー予想

エントリーは10人となります。
なお出雲駅伝2021前日に、出走メンバー6名・補欠2名に絞られます。

スポンサーリンク

エントリーメンバーと戦力分析

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝

及川瑠音③13分47秒98/29分03秒21≪20:箱10区19位≫
児玉悠輔③13分55秒22/29分56秒20≪21:箱1区9位、20:全1区9位≫
大沼 翼③13分57秒68/29分32秒48
柏 優吾③13分59秒28/28分49秒72
前田義弘③14分05秒72/28分57秒80≪21:箱3区8位、20:全4区4位、箱8区6位、19:全6区9位≫

奥山 輝②13分58秒72/29分51秒95
九嶋恵舜②13分57秒38/29分05秒71≪21:箱6区14位≫
兼原尚也②14分08秒56

石田洸介①13分34秒74/28分37秒50≪20:高1区14位≫
梅崎 蓮①14分14秒95≪20:高1区11位≫

 4年生が誰もエントリーに入らず、エースと言える選手が不在ですが…3年前田・柏・及川選手がぐっと伸びてきています。

 駅伝経験豊富なのは前田選手で、1年時から多くの駅伝を経験しています。長身の選手ということを考えると、成長が早いですね。インカレは入賞あと少しながら好タイムをマークししています。駅伝でさらに成長があれば。

 柏選手は今年になって急成長!関東インカレ1万mいきなり抜擢されて、大幅ベスト28分台をマーク。その後も各大会安定しています。及川選手は5000m13分45秒チームトップレベルのスピード。直近の大会でも安定した成績を残しています。

 他にも1区好走がある児玉選手に、インカレ経験の大沼選手がいて、この世代が中心です。児玉選手は前半戦不調だっただけに、復調傾向があるのは、ほっとするところです。

 下級生は元々期待が高かった選手や意外な選手がエントリーしています。

 もともと高いのは勿論ルーキー石田選手。高校時代に5千13分34秒、1万m28分37秒と超高校級の成績を残していました。しばらく不調に苦しみましたが、直近5千m13分台と上り調子。どうやらデビューしそう。

 他では、今年箱根を走った九嶋選手に、記録会好調続く奥山選手ら2年生陣。兼原・梅崎選手のエントリーにびっくりしましたが、うち兼原選手は14分08秒と大幅ベスト。

 調子がいい選手がしっかりエントリーしていますね。出場争いも最後まで激しそうです。

区間オーダー予想

 結構難しいのですよね。2年生エース松山選手や4年生宮下主将がエントリーされず、児玉・石田選手が復調途上。思い切って新メンバーを使った方がいのかどうかですね。

区間エントリー予想

1区(8.0㎞)及川瑠音③
2区(5.8㎞)石田洸介①
3区(8.5㎞)柏 優吾③
4区(6.2㎞)九嶋恵舜②
5区(6.4㎞)奥山 輝②
6区(10.2㎞)前田義弘③

 日本インカレで頑張った前田・柏選手を軸に、調子の良さそうな選手で構成するかなと思いました。

1区及川選手…1年時、急遽破婚10区を走って19位。そこから比べ物にならないほど急成長を遂げた及川選手を思い切って1区予想。5千mのベストだけでなく、ラストスパートも魅力があります。ここで上位につければ、例年以上にしぶとい戦いができるはずです。

2区石田選手…将来期待の石田選手を出雲2区でデビューと見ます。4区や5区あたり走れればと思っていましたが、思ったより復調が早かった印象です。ならば、スピード区間2区で思い切って勝負させてもいいかなと思います。どこまで勝負できるか。

3区柏選手…今期になって急成長。インカレでも好走が続く柏選手を、主要区間3区で予想します。まだまだ前後に他校の選手がいるだろう3区で、うまく順位を上げていく走りができればと思います。

4区九嶋選手…トラックでは昨年度のルーキー時から記録を残していて、山下りデビューにも繋がりました。少しずつ安定感が増して、先日は5千m初13分台マーク。その勢いをこの区間でしっかり出せれば。

5区奥山選手…悩んだのですが、直近の記録会の成績を準拠しました。奥山選手も昨年度からぐっとベストを出していました。安定感が少しずつ出てきた中、出雲駅伝でのデビューと予想します。

6区前田選手…アンカー最長距離のエース区間には、一番駅伝経験豊富な前田選手になると思います。全体的にはタフな展開の方が結果が出ているように思います。

 アップダウン・風の方向も変わり、単独走や並走などあらゆる展開に対応しなければならないこの区間、今回の10人のメンバーではベストと思います。

 なお、今回は児玉選手は外して予想。主要区間でないならば、他伸びている選手がいいかなと思っています。全日本駅伝で、本調子になっていればと思っています。

まとめ

・エースは不在、1区の人選が非常に大事

・石田選手はどこで起用となるか。

・新戦力が多く起用されそうか

 おそらく主力選手と言える選手で、出場が確定なのは、3年前田選手くらいでしょう。あとの選手は記録会(インカレで良かった選手もいますが)でぐっと上がっていますが、大学駅伝は初めての選手も多くなりそうです。

 及川選手も、1年時の箱根経験こそあれ、当時と今ではかなりの実力差があります。柏選手はインカレ連続好走から、初の大学駅伝になります。主要区間は彼らで構成されるはず。

 そして、みんな注目の石田選手も、どこかで起用されるでしょう。どこの区間であれ、いいデビューになればと思いますね。

 エース級はまだまだ不在なので、1区の人選が大事。予想では及川選手にしましたが、誰が適任でしょうか。ここが上位なら、駅伝で粘り強い東洋大が出雲から見れそうです。


スポンサーリンク