スポンサーリンク

【結果】第289回日本体育大学長距離競技会(2021年7月3日)【大学駅伝チーム別まとめ】

2021年(令和3年)7月3日(土)4日(日)にかけて、
第289回日本体育大学長距離競技会が開催されます。

コロナ禍もあり、今年度は比較的小規模の大会を、多く開催することになっているようですね。

なお、今回は土曜日に5000mを開催するなど、いつもと違う日程となっています。

いつも通り、箱根駅伝ファン向けに、大学駅伝チーム別に結果をまとめていきます。

スポンサーリンク

【男子長距離結果】第289回日本体育大学長距離競技会

日体大長距離競技会【公式サイト】

要項

・3日:男子5000m
・4日:男子800m、女子種目

ですね。

競技日程

15時10分:男子5000m1組2組3組
16時20分:男子5000m4組5組6組
17時20分:男子5000m7組8組
18時00分:男子5000m9組10組
18時40分:男子5000m11組
19時00分:男子5000m12組
スポンサーリンク

TOP・実業団結果まとめ

※Twitterの画像です

5000m11組

5000m12組

大学駅伝チーム別まとめ

自己ベスト選手⇒★

駒澤大学

5000m
11組
宮城珠良①14分23秒14
12組
安原太陽②13分50秒01★
赤星雄斗②13分57秒55★
新矢連士④14分07秒28★
宮内斗輝③14分21秒84
田丸 颯①14分22秒21

駒大安原選手13分50秒ベストを出していますね!多くの選手が台頭してきている駒澤大ですが、今度は安原選手です。

 登りに自信があるそうで、箱根駅伝5区を希望しています。今年の箱根駅伝で5区を走った鈴木選手は今やチームのエース。できれば平地のエース区間をと思っていたところでした。オーダーの幅が広がりますね。

 同学年赤星選手まで、13分台を出してきて、箱根強豪校は5000m13分台がステータスになってきている感じがします。スピードのレベルが上がっています。

 なお、続いた4年新矢選手の14分一桁も価値があります。高校時代5000m15分台ながら、ここまで走力アップ!レギュラー争い、こういう面も注目したいです。

東海大学

5000m
7組
松崎咲人③14分29秒33
10組
氏家圭一郎①14分35秒72
吉井来斗②14分37秒14
永洞和希②14分56秒69
12組
佐藤俊輔③13分55秒28★
水野龍志①14分13秒19
梶谷優斗①14分39秒53
佐伯陽生②14分45秒21

 7組で、3年松崎選手が本格復帰レース!ほっとしています。14分半ばまで走力を戻しています。ここから順調に練習が詰めれば、きっとまた戦力になれる選手です。

 12組では、大学駅伝未経験の3年佐藤選手が13分55秒ベスト!一つレギュラーに近づきましたかね。ルーキー水野選手も順調に推移しているかな。

 同組に挑戦した佐伯選手は、まだ勢いが戻っていなかったようで。完全復活は次回に持ち越しです。

中央大学

5000m
8組
藤井拓輝④14分46秒46
10組
山口大輔①14分15秒37★
田井野悠介③14分18秒89
11組
千守倫央③14分32秒89
谷澤竜弥④14分35秒79
12組
桑原悠輔①14分06秒27★

 1年生の山口選手が連続で自己ベスト!しかも、現地情報によると、かなりのスプリント力もあるとかないとか。今後注目の選手になっていくかな?

 さらに最終組挑戦の桑原選手が14分06秒ベスト!全日本予選でもルーキーが2名出走していますが、中央大の1年生世代も盛り上がってきています!

神奈川大学

5000m
7組
大泉真尋②14分21秒79★
島崎昇汰③14分40秒47
鈴木玲央③14分41秒00
9組
有村祐亮③14分41秒69
10組
高橋銀河②14分37秒83
12組
園田 勢①14分14秒80

 神大は7組で大泉選手が自己ベストを出したのが一番の収穫かな?また、全日本予選欠場の高橋選手が復帰レース。秋は必ず力になる選手です。

 さらに最終組に挑戦した園田選手が14分14秒まずまずの成績。全日本予選は出走ならずもエントリーに入っていました。一ついい刺激ですね。

日本体育大学

5000m
7組
大谷 翼①14分56秒73
8組
村越凌太③14分43秒33
續木日向④14分45秒67
大内宏樹④14分47秒36
9組
松永悠吾③14分27秒91
10組
溝上賢伸①14分19秒97★
西槇駿祐①14分22秒85★
山下大毅①14分24秒86★
植松孝太①14分43秒15
谷口貴亮③14分54秒94
11組
九嶋大雅③14分14秒45
田中槙梧②14分19秒47★
加藤広之④14分20秒47
高濵大志②14分32秒41
大森椋太②14分36秒66
金城 岳③14分42秒13
12組
大畑怜士④13分58秒24★
名村樹哉③14分10秒68★
盛本聖也③14分14秒18★
漆畑徳輝②14分21秒21
吉冨純也②14分50秒63
水金大亮②14分53秒91

 見事に全日本予選を通過した日本体育大。記録会大挙出場し、自己ベストが続出しています。

 10組では1年生溝上・西槇選手らが自己ベストを更新すると、11組では2年田中選手が、主力の一角の九嶋・加藤選手の間に割って入ってのベスト!若手が活躍します。

 最終組では、主力がベストラッシュ!エース選手となった大畑選手が、やはりというべき13分台!連戦の中、調子をキープしています。

 全日本予選出走した名村・盛本選手が14分10秒台ベスト、一時調子が落ちていた漆畑選手も調子が戻ってきています。日体大いいムードですね

城西大&大東大

城西大学
5000m
10組
北村歩夢④14分28秒43
當山凌司④14分42秒96

大東文化大学
5000m
6組
敦賀優雅②14分50秒
高野陽知琉①14分51秒
森 洸晴②14分52秒
9組
伊東正悟②14分32秒23
10組
松村晴生②14分34秒82

 大東大は若手の選手が多く出場しましたかね。2年伊東・松村選手が秋に力になれれば。

東農大&日大

東京農業大
7組
髙島侑翔①14分44秒67
8組
髙山匠也①14分50秒00

日本大
5000m
12組
疋田和直④14分39秒80

関東学院大学

5000m
8組
森川凛太郎①14分35秒66★
平川豪流②14分51秒20★
金 泳勲②14分54秒86
9組
鈴木健太③14分31秒78
田中龍之介④14分39秒30
青田楓祐④14分41秒39★
森屋源太③14分49秒59
北島辰也③14分53秒42
11組
厚浦大地④14分53秒67
12組
内野李彗②14分19秒01

 関東学院大が多く出場!森川選手ら主力候補の選手がベストを出していますね。鈴木・田中・内野選手ら主力もまずまず。厚浦選手が今回はうまくいかなかったかな。

日薬大&立正大

日本薬科大学
5000m
6組
福永一聖②14分53秒42
8組
中野魁人③14分27秒27
波多江陸人①15分00秒14

立正大学
5000m
8組
平松幸記③14分55秒62
9組
木實優斗①15分00秒01
10組
西川優斗①14分46秒69
11組
西堀伶於②14分42秒62

 今回はベストに届きませんでしたが、主力が頑張っています。

その他の大学

びわこ学院大学
5000m
9組
井上亮真④14分25秒08
川瀬翔大①14分53秒46
11組
小久保星音②14分15秒17

日本文理大学
5000m
7組
木原雄大③14分35秒65
森賀竜斗①14分42秒99
薬師寺典充③14分57秒47

 全日本駅伝地区選考会で惜しくも敗退した、びわこ学院大と日本文理大ですが、主力選手は好調。特に小久保選手の14分10秒台はいいですね。

その他
5000m
7組
大髙 肇③14分40秒93 関西大
9組
嶋谷鐘二郎③14分33秒18 関西大
11組
古川大晃(D1)14分13秒76 東京大学大学院

 11組に、東京大大学院の古川選手が出場し、14分13秒の好記録!じわじわと調子が上がってきています。マニアは本当に注目のランナーです。


スポンサーリンク