スポンサーリンク

【結果・記録】第202回東海大学長距離競技会(6月19日)駅伝別チームまとめ

まだまだまとめます。

続いて、令和3年6月19日(土)に行われた
第202回東海大学長距離競技会となります。

くしくも全日本大学駅伝関東地区選考会と同時進行だsったのですよね。

選考会出場チームの中で、出走メンバーには入れなかったけど、この大会自己ベストで駆け抜けた選手もいます。

いつも通り、大学駅伝チーム別にまとめていきます。

スポンサーリンク

第202回東海大学長距離競技会【大学駅伝チーム別まとめ】

2021年度東海大学競技会【公式サイト】

第202回大会【要項】

男子長距離抜粋

9時00分:男子5000m7組6組
9時40分:男子5000m5組4組
10時00分:男子5000m3組2組1組

13時10分:男子1500m1組2組3組
13時40分:男子1500m4組5組

14時30分:男子3000m1組2組3組
15時15分:男子3000m4組5組
15時45分:男子3000m6組

16時25分:男子5000m8組9組
17時05分:男子5000m10組11組

18時30分:男子5000m12組
18時50分:男子5000m13組
19時10分:男子5000m14組

関東選考会が17時から20時前まででしたから、メインの種目は、ほぼかぶっていますね。

スポンサーリンク

実業団・市民ランナーまとめ

3000m
浜田泰輔8分23秒43 大和精機
須河宏紀8分24秒10 NDソフト

5000m
14組
アレクサンダー ムティソ13分28秒27 NDソフト
サイディム サイモン13分34秒69 中央発條
坂田昌駿13分58秒29 中央発條
藤井寛之14分01秒29 愛三工業
小林航央14分04秒04 新電元工業
冨田直樹14分04秒36 中央発條
西池和人14分07秒82 コニカミノルタ
三輪晋大朗14分08秒23 中央発條
三田眞司14分09秒70 埼玉医科大G
荒川諒丞14分11秒75 サンベルクス

 ムティソ選手とサイモン選手は相変わらず強いです。日本人は中央発條の坂田選手が13分台でまとめました。中央発條が全体的に良くて、移籍した三輪選手もひとまずしっかり走れています。

 他では、愛三工業の藤井選手が14分01秒、新電元工業に進んだ小林選手がいい結果を残しています。

高校生まとめ

3000m
山口竣平①8分18秒02 佐久長聖高
花岡寿哉③8分22秒31 上田西
永原颯磨①8分26秒67 佐久長聖

大学駅伝チーム別まとめ

創価大学

5000m
11組
森下 治②14分27秒19
野田祟央①14分30秒76
緒方貴典③14分33秒68
安坂光瑠①14分33秒84
上杉祥大②14分37秒13
志村健太②14分53秒18
12組
石井大揮②14分21秒94
13組
小野寺勇樹④14分22秒00
吉田悠良②14分31秒89
吉田 凌①14分38秒34
永井大育④14分42秒46

 全日本大学駅伝予選会は苦しい結果となった創価大ですが、同日行われた記録会は決して悪くはなかったです。森下・野田・石井選手ら若いメンバーが14分20秒台~30秒台でまとめています。石井選手はほとんどベストと同じ成績です。

 また、復活してきた小野寺選手が14分22秒でまとめてきています。再び上昇気流に乗っていけるでしょう。

東海大学

3000m
4組
徳丸寛大①8分29秒99

松崎咲人③8分59秒25
5組
神薗竜馬②8分27秒71
入田優希②8分29秒80
氏家圭一郎①8分35秒29
6組
松尾昴来②8分18秒55
佐藤俊輔③8分22秒75
花牟礼隆汰③8分27秒81
松崎咲人③8分57秒01

5000m
9組
佐伯陽生②14分26秒59
10組
本間敬大④14分36秒75(2度出走)
12組
野島悠太①14分26秒38
永洞和希②14分30秒16
吉富裕太④14分31秒69

 2度出走するなど多くのレギュラーを狙う選手が参加しましたね。トピックとしては、3000mで松崎選手が試合復帰していたこと。まだ、3000m2本を8分50秒台くらいで走るくらいですがひとまずほっとする結果です。

 また、箱根4区で悔しい思いをしていた佐伯選手が、5000mで復帰。それほどタイムが出ない中、14分26秒はまずまずの結果かなぁ?他主力は3000mに出場し、松尾選手が8分18秒好記録、佐藤選手も続いていますね。

早稲田大学

5000m
12組
中谷雄飛④14分09秒79
14組
中谷雄飛④14分03秒49
 早大は中谷選手が5000mに2度出場!1度目は14分09秒、20分ほど間をおいて、最終組で出走。14分03秒とタイムを挙げてきました。レベルが高くなってきていますね。

帝京大学

5000m
6組
藤尾壮紀③14分44秒12
10組
小林大晟①14分24秒33★
北野開平③14分24秒68★
細谷翔馬④14分26秒18★
針谷咲輝②14分28秒54★
末次海斗②14分29秒07★
安村晴樹④14分37秒08
塩井広太郎②14分44秒42
12組
寺嶌渓一④14分16秒27
山田一輝③14分20秒78★
近田達矢②14分31秒41
大吉優亮②14分37秒75
14組
西脇翔太②14分01秒64★
中村風馬④14分03秒69
小野隆一朗②14分08秒39

 帝京大が主力の一部も含めて多く出場していました。新戦力候補中心に結果が出ました。10組で1年生小林選手が自己ベスト、針谷・末次選手ら2年生の選手も上がってきましたね。何気に、箱根5区記録保持者の細谷選手も自己ベストだったりします。

 また、長い距離に期待がかかる山田・北野選手らもベスト。寺嶌選手はベストまではいかずも、箱根7区出走時の勢いが戻ってきています。

 そして最終組では、中村・小野選手ら主力がまずまずの結果を残す中、2年生西脇選手が、14分19秒から大幅ベストとなる14分01秒!チーム4番手であともう少しで13分台となる記録を出しています。一気に主力候補に名乗りを上げていますね!また長い距離で見てみたい選手です。

中央大学

5000m
8組
山口大輔①14分30秒75★
9組
田井野悠介③14分26秒59★
11組
中澤雄大③14分25秒84
倉田健太④14分35秒94
12組
小林龍太③14分14秒80
千守倫央③14分22秒50
14組
井上大輝④14分06秒02★
居田優太②14分24秒30
佐野拓実①14分36秒02

 見事に9年ぶりに全日本大学駅伝の座を射止めた中央大。多くの選手が出場して、結果を残していますね。中盤の組から山口選手らが自己ベストを出してきました。

 11組では出走メンバーから外れて、驚いてしまった中澤選手が出走し14分25秒の成績にほっとしました。いずれ力になるはず。

 12組では記録会安定してきた小林選手が14分14秒、そして一時期の不調から脱してきた千守選手が14分22秒の記録。夏前に戦線復帰できてよかったです。

 最終組では3選手挑戦し、そのうち井上選手が14分06秒の自己ベスト!全日本予選出走メンバーになっていても、おかしくないくらい力をつけてきていましたね!まだまだこれからが楽しみな選手です。

城西大学

1500m
五十嵐賢太郎②3分53秒71

5000m
8組
當山凌司④14分33秒50★
佐藤礼旺③14分50秒78
伊藤駿人③14分51秒57
9組
石松 明④14分24秒83★
成田龍之介②14分27秒04★
中田侑希②14分29秒81★
北村歩夢④14分35秒47
熊谷 奨③14分36秒77
小島 拓③14分41秒96
12組
片渕大晴①14分15秒80★

 全日本予選突破はならなかった城西大ですが、出走メンバー以外は概ね好調でしたかね。中盤の組は、當山・石松選手ら4年生の選手が意地の自己ベストを出すと、

 それ以降は2年生や1年生も目立ちましたね。2年成田選手や、1年生でぐんぐん伸びている片渕選手が14分15秒まで短縮。スピードに磨きがかかっています。

法政大学

5000m
7組
加藤幸一郎①14分44秒21
8組
田中大稀④14分40秒39
中光 捷④14分46秒07
 法政大は4年生の選手の出場がありましたね。今回は5千m14分40秒台でしたが、諦めずに夏を過ごしたい。

中央学院大学

5000m
7組
伊藤琉宇①14分49秒34
8組
西田 歩②14分40秒15
西垣内和輝①14分43秒19
9組
井澗翔太②14分23秒41★
柴田大輝①14分36秒11
前新城羽信②14分37秒25
川崎丞偉②14分40秒95
小野一貴④14分46秒88
10組
米山奏楽③14分23秒87★
白髪一生①14分25秒45★
上野南翔②14分26秒16★
久我駿太②14分34秒71★
芳賀利紀①14分40秒24
永野俊介①14分45秒59
11組
上野航平③14分15秒78★
吉本光希③14分18秒00★
糸井春輝④14分25秒53
蒲田陽生①14分30秒27★
中島稜貴③14分39秒37
青柳達也④14分41秒83
谷口唯翔③14分42秒13
瀬沢瑛洋②14分46秒22
12組
荻沼直人③14分22秒73
堀田捷仁①14分26秒18
工藤巧夢①14分39秒73
13組
坂田隼人④14分19秒82★
飯塚達也②14分25秒03
馬場竜之介④14分32秒27
鞍野陸人③14分38秒92
14組
松井尚希④14分01秒41★
堀田晟礼①14分22秒62

 大量出場したのが、全日本予選の突破に沸いた中央学院大。中盤の組から、井澗・米山・白髪選手らが14分20秒台の自己ベストを出していくと、

 11組では、関東IC3000m障害で、驚きの表彰台獲得の上野選手が14分15秒!スピードがついているところを見せました。さらに、吉本選手も14分18秒自己ベスト、2年前箱根エントリーに入った糸井選手も上昇してきました。

 さらに13組では4年坂田選手がベスト、14組では関東IC1500mでブレイクした松井選手が、5000mでも14分01秒大幅ベスト!ルーキーW堀田選手もひとまずは走れていて、中央学院大非常にチーム状況が良くなっています!

関東学院大・平成国大

関東学院大
山本航己③14分47秒70

平成国際大
3000m
峰村 織②8分24秒29
新井今生人②8分29秒73

5000m
6組
星川優河③14分47秒13★
9組
山口貴士④14分53秒70

 平成国際大の2年生の選手が、3000mに出場しました。8分24秒で走り切った峰村選手はまずまずかな?

日本薬科大・立教大

日本薬科大学
5000m
7組
福永一聖②14分42秒91★
白石大以夢③14分44秒97
9組
中野魁人③14分23秒32★
波多江陸人①14分25秒81★
 日本薬科大は結果が出ましたね。3年生世代は中野選手が上がってきて、キプリモ・中山・白石選手と4本の柱になってきました。

 またルーキー波多江選手が、食らいつき14分25秒大幅ベスト!今後に注目。

立教大学
5000m
12組
富田 翔①14分39秒56
後藤謙晶①14分43秒02
安藤圭佑①15分19秒88
13組
白瀬賢也②14分54秒03

 立教大は、10000m29分13秒の記録を持つ、ルーキーの後藤選手が、ついに試合出場。まだまだ本調子ではないですが、夏前に走れるようになって良かったです。

立正大・湘南工科大

立正大学
5000m
7組
牛崎竜空①14分50秒78★

湘南工科大
3000m
6組
藤田康平④8分27秒09
齊藤 元④8分29秒27
熊澤諒哉②8分30秒55
鎌田虎太郎②8分35秒68
松田朋樹①8分37秒90

 湘南工科大が連続して3000mに出場しています。8分30秒前後でまとめる選手が増えてきています。スピードのベースが上がってきていますね。