スポンサーリンク

【日本体育大学】箱根駅伝2021へ~新入生情報や戦力分析&区間オーダー予想も!

大学長距離&駅伝2020-2021新シーズン…開幕していますが、

 新型コロナウイルスの影響で、多くの春のトラックの主要大会や記録会が、

 中止及び延期になってしまいま、寂しい限りです。

 その中で、各チーム見えないところで、走力アップの鍛錬、

 そして箱根駅伝2021へ向けて、まい進しています。

 今一度、各チームの、学年別の主力選手や駅伝成績や新入生情報のまとめ、

 チーム全体の特長や戦力分析、そして…区間オーダー予想的なものもやってみたいと思います。

予選・記録会好走も、本戦で苦戦…今年度こそ活躍を!日本体育大学です。

スポンサーリンク

【日本体育大学】箱根駅伝2021へ向けて~戦力分析や新入生情報等!

 前年度は、全日本・箱根とも予選では、しっかりした団結力で安定して戦い抜いたものの、本戦はどちらも苦戦。全日本は新戦力を試しているのでなんともいないものの、箱根は苦しかった。3区で失速するとそのまま下位の流れから抜け出せず、最後の中継所では眼前で繰り上げスタートという悔しさを味わいました。

 全体的には、記録会で多くの選手が自己ベストを更新していたものの、本戦につなげきることができなかった印象。各選手悔しいところもあるでしょうし、首脳陣も考えるところあったりするかも??伝統校として、しっかり上昇の起点となるか、戦力分析をしてみたい。

スポンサーリンク

新チーム各学年戦力分析

4年生主力選手について

池田耀平④28分47秒05≪20:箱1区3位、19:全1区8位、予23位、箱1区12位、18:全1区13位、出1区14位≫
亀田優太朗④29分01秒81≪20:箱3区20位≫
大内一輝④29分04秒21≪20:箱7区17位≫
野上翔太④29分08秒96≪20:箱9区16位、19:全5区16位≫
太田哲朗④29分16秒12≪20:箱4区18位、19:全8区14位、予98位≫
岩室天輝④29分20秒58≪19:箱3区17位、18:全6区3位、出5区5位≫
嶋野太海④29分24秒73≪20:箱8区17位、19:予138位≫
森下滉太④29分40秒19
福住賢翔④29分53秒03
松尾拓実④29分57秒94≪19:全2区18位≫
古謝将大④30分06秒65
小松直生④half64分37秒
菅沼隆佑④half64分44秒

 大エース化してきたといっていいでしょう。池田選手が走力で大きくチームを引っ張っています。駅伝1区を走りながら、どんどん成長していき、今年の箱根は高速レースの中区間3位の快走!その後の丸亀ハーフで61分36秒で本当に力がついているところを見せつけています。チームとしては予選からですが、そこでの個人成績も楽しみになります。

 さて、この他の選手がどのくらい伸びるか。今年の箱根出走者は池田選手含めて6名。他大会含めると8名も駅伝経験者がいます。このうち区間一桁の経験があるのが、2年時に勢いがあった岩室選手のみ。全体的にあともう少しずつ…のはずです。

 往路経験者として前々回の3区岩室選手と、今年出走の3区亀田・4区太田選手になります。亀田選手は初駅伝でやや自分を見失ったか区間最下位、太田選手は長い距離の安定感は出したものの区間18位と通用しなかった印象です。

 復路では7区大内選手が区間17位、8区嶋野選手が区間17位、9区野上選手が区間16位の成績。下位の流れだったとはいえ、それぞれ悔しさはあると思います。1万m持ちタイムはみな29分前半、ハーフも64分前後です。単独走やもう少しの走力アップ、簡単ではないですが、これができれば一気に成績が上がるはずです。

3年生主力選手について

大内宏樹③29分15秒57≪19:全6区12位、予123位≫
加藤広之③29分23秒81≪19:全4区15位≫
山下大志③29分30秒27
岡嶋 翼③29分33秒43
齋藤晃太③29分44秒77
佐藤慎巴③29分56秒03≪19:予166位≫
續木日向③29分56秒45
大畑怜士③30分09秒68

 3年生の選手層が厚くなってくると心強くなってきますね。大内・加藤選手が昨年の全日本予選で3組出走、まずまずの成績を収めています。そのまどちらも全日本駅伝での経験に繋げています。彼らがブレイク候補にまず名前が挙がってきます。

 他には、5千で好記録を持つ佐藤選手は箱根予選を経験。長い距離が今年は走れるようになるか。ハーフマラソンでは、岡嶋・續木選手が65分以内、山下選手が65分半ばの記録路持っていますかね。それから1年時ベストを出した斎藤・大畑選手の復帰も待っているところです。

2年生主力選手について

安達響生②29分32秒22
九嶋大雅②29分42秒18
名村樹哉②29分46秒28≪19:予133位≫
盛本聖也②29分54秒86≪19:予66位≫
藤本珠輝②half62分46秒≪20:箱5区16位、19:予16位≫

 まだまだ頭数は少ないのですが、何気にブレイク候補が多いのですよね。ブレイクしているのは藤本選手。元々期待が高かったのですが、秋は物凄い勢いでした。箱根予選チームトップでゴールし、上尾ハーフで62分台でした。ただ、直前で故障した箱根山登りは大苦戦だったのが悔しいところ。今年こそチームを引っ張りたい。

 あとは箱根予選で好走しているルーキーもいるのですよね。盛本選手が二けた順位で走り切り、山下り候補ともいわれていました。名村選手も走っていてまずまずのタイムでした。あとは年末の記録会で安達・九嶋選手が結果を出し、今年走力に磨きがかかるのではと思われます。

1万m上位10人平均:13位29分13秒3

 自前の記録会があることもあり、平均タイムはいつもいいですね。ここ数年は特に強化に利用しているように思います。ただ、駅伝でちょっと活かしきれなくなっているのが気になるところですかね。

 上層部が変わったりして、かなり選手の主体性に比重がかかることもありました。理想ですが、そう簡単な事ではないかもしれません。今年こそ、主要駅伝の成績が上昇に転じる年にしたい。

新入生情報~5000m持ちタイムと全国大会成績も!

漆畑徳輝(山梨学院)14分12秒38/30分17秒62≪20:全国5区25位、19:高校1区39位≫
吉冨純也(大牟田)14分21秒05
水金大亮(報徳学園)14分36秒37
高濵大志(九州学院)14分45秒54≪19:高校6区5位≫
田中槙梧(伊賀白鳳)14分45秒84≪19:高校3区36位≫
5千m上位5名平均:24位14分32秒3
吉野右恭(中京大中京)14分50秒47
三好紘生(広島皆実)14分50秒66
中津川亮(東京実)14分52秒77
藤井健太(報徳学園)14分56秒35
内山俊一(出水中央)14分57秒21
平野 亮(日体大柏)14分57秒42
笹部駿介(東北)14分57秒80
橋本拓矢(竜ケ崎一)15分06秒95
大森椋太(玉野光南)15分13秒83
松尾聖也(清風)15分18秒32
田中泰世(出水中央)15分24秒65
洪 源希(桜宮)15分36秒94
瀬戸山優人(百合丘)16分06秒26
城井利哉(善通寺一)17分16秒85
赤池 陸(大牟田)17分19秒58
栁澤佳吾(日体大柏)

 上層部が安定しない影響がやはりスカウトにも出てますかね…。上位5名5千m平均が24位14分32秒は、現役最多連続出場を誇る伝統校にしてはかなり厳しい結果です。

 その中で最も期待が山梨学院の漆畑選手。トラックの14分12秒のスピードが武器、駅伝はエース区間で戦っています。そこから活躍ができれば。あとは伝統校の大牟田の吉冨、報徳学園の水金選手が持ちタイム2番手3番手。高濱・田中選手は高校駅伝を走っています。

 6番手からは14分50秒は結構かかっているのはちょっと気がかりではありますが…、とはいえ日体大はトラックの持ちタイムがぐっと短縮する選手も多いので、育成にも注目ですね。

今から考える三大駅伝オーダー予想

※どちらも予選通過が必要

全日本:加藤③-藤本②-池田④-盛本②-漆畑①-大内④-亀田④-太田④

箱根:藤本②-池田④-加藤③-大内③-盛本② 岩室④-大内④-野上④-太田④-亀田④

 箱根本戦に出場できた場合は、まずは1区2区に柱を置いて上位に食らいつく作戦になるのかなぁと思います。今年もそこまでは良かったのです。藤本選手はハーフの走りを見ると他校の選手の競り合いにも強いと思うので、1区へ。池田選手は満を持して2区でどうでしょうか。

 3区以降は現状は分からないのですが、スピードランナーを置ければある程度流れを引き継げるはず。全日本予選3組で踏ん張った経験のある加藤選手とか。或いは下り候補の盛本選手が成長していれば、そこでもいいかもしれません。

 復路はオール4年生が現状自分の考えるオーダーかな。今年3区4区走っている亀田・太田選手を復路に残せるくらい戦力が厚くなってくると、シード権争いにまでしっかり持っていけると思います。

 箱根予選に関しては、まずは2本柱の稼ぎが見どころ。池田選手は62分切、藤本選手は62分半切は充分目指せる力があります。3番手が差があるのが気がかりですが、例年通りの集団走がうまくいけばしっかり通過できるはず。

 岩室・太田・亀田選手らが好調で、大内・加藤・盛本選手ら3年生以下64分以内で走れる可能性のある選手は結構の人数がいるのですよね。彼らをしっかり成長させ、当日の戦術もうまくいけば、充分通過圏内に持ち込めるはずです。

【日本体育大学まとめ!】箱根駅伝2021へ向けて

・4年池田、2年藤本選手がエースとして引っ張る
・1万m29分台の大人数4年生が上位復帰のカギ
・少数精鋭の3年生以下の走力推移は…

 チームの核は現時点ではわかりやすいですね。一気に他校のエースと肩を並べるくらいの走力を身に付けた4年池田選手。大器の片りんは前年度見て取れた2年藤本選手。彼らが走力面で中心選手であります。

 3番手以下は少し差がありますが、ブレイク候補は多くいます。1満28分台目前に迫った4年生が大勢います。箱根を走った太田・亀田・岩室・大内・嶋野・野上選手といったあたりが最終学年の意地でどこまで伸ばせるか。

 伸びしろいう面で、少数精鋭ではありますが、3年生以下も選手層を厚くする鍵。盛本選手がもしかすると3人目の柱の有力候補一番手かも。箱根予選での好走が光ります。他にも大内選手やスピードのある加藤・佐藤選手らが戦力になるとチームバランスがよくなってきそうです。

 中々苦しい時期が続いていますが、上昇に転じる武器はしっかり持っています。何とか、主要大会本番で活かせる体制を築き上げたいですね。

コメント

  1. さかまきけいいち より:

    いつも拝見させていただいております。
    どのチームへも前向きな素晴らしい分析ですね。
    我が母校、日体大への激励ありがとうございます。
    関係者の話から監督変更が4月の理事会で承認されたと…
    指導者ですぐにどうこうという状況ではありませんが、日体大だけに限らずこの厳しい世の中でも箱根を目指して欲しいですね。
    これからも楽しみにしております。

    • hakonankit より:

      >さかまきけいいちさん
      ありがとうございます。
      伝統校でもある日体大でも、人事に苦戦が長引いてしまってますね…。早く長期体制を取れるようになってほしいです。こんな中でも箱根を目指す部員たちの何よりの安心材料になります。

  2. クボ より:

    3年の島袋選手が昨年あたりから陸マガの部員名簿に載っていないので在籍確認された方が良いかと思います。

    • hakonankit より:

      >クボさん
      情報ありがとうございます。春号でも部員名簿にありませんでしたね…。修正します。