スポンサーリンク

【順天堂大学】箱根駅伝2021へ~新入生情報や戦力分析&区間オーダー予想も!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 大学長距離&駅伝2020-2021新シーズン…開幕していますが、

 新型コロナウイルスの影響で、多くの春のトラックの主要大会や記録会が、

 中止及び延期になってしまいま、寂しい限りです。

 その中で、各チーム見えないところで、走力アップの鍛錬、

 そして箱根駅伝2021へ向けて、まい進しています。

 今一度、各チームの、学年別の主力選手や駅伝成績や新入生情報のまとめ、

 チーム全体の特長や戦力分析、そして…区間オーダー予想的なものもやってみたいと思います。

 次に、スピードが付いてきた2年生を活かすことができるのか順天堂大学

スポンサーリンク

【順天堂大学】箱根駅伝2021へ向けて~戦力分析や新入生情報等!

 昨年度は記録会で好記録続出していながらも、残念ながら本戦には結びつかず。序盤で出遅れてから取り戻せない、現在の高速化ならではの課題となりました。とはいえ、序盤がうまくいった全日本駅伝は、6区終了時で2位。大エースが不在の中では序盤で流れ掴むというのが、今まで以上に大事になってきたということを示していると思います。

 3月末の学内記録会では好記録が続出、新2年生、それから新入生に28分台が出て、平均順位は2番目とかつてないほど高いものになった。順大も流れさえつかめれば上位で戦う準備が整ってきていると言えます。

スポンサーリンク

主な新4年~2年生メンバーと戦力分析

清水颯大④28分39秒54≪20:箱6区12位、19:全3区5位、箱6区15位、18:箱7区18位、17:全3区7位、出1区15位≫
原田宗広④28分56秒93≪20:箱1区18位≫
野口雄大④28分58秒97≪20:箱4区9位、19:全1区4位、出1区11位、18:全1区14位、予18位≫
澤藤 響④29分15秒74≪19:全7区21位、出6区9位、箱1区19位、18:全5区9位、予70位≫
真砂春希④29分27秒91≪20:箱5区14位≫
内山将志④29分29秒36
矢野直幹④29分36秒89
多久和能広④29分40秒55
森下舜也④29分57秒97
根井勇哉④30分19秒82
宮田諄一④30分25秒23
井上昴明④30分38秒41

吉岡智輝③28分59秒08
小島優作③29分01秒49≪19:出4区11位、18:全6区19位≫
人見隆之③29分12秒51
近藤亮太③29分13秒93
鈴木尚輝③29分20秒37
牧瀬圭斗③29分26秒71
津田将希③29分48秒99

伊豫田達弥②28分39秒17
野村優作②28分43秒49≪19:出5区13位≫
平 駿介②28分48秒40
西澤侑真②29分11秒29≪20:箱8区9位、19:全6区3位≫
荒木勇人②29分32秒95
長山勇貴②29分34秒08
四釜峻佑②29分42秒24
堀内郁哉②30分12秒65
清水陽斗②30分30秒56

1万m上位10人平均:2位28分53秒6※新入生含む

 4年生はスピードランナーがここまで目立っていますよね。28分39秒のタイムを持っていて、箱根は2年連続山下りの清水選手が走力的には抜けています。やや安定感に難がありつつも、全日本駅伝で3区5位と結果を残すことも増えてきています。

 これに1500mで関東インカレ入賞できるスピードを持ちながら、長い距離にも対応してきた野口選手。昨年末1万28分台を記録して、ややびっくりの1区起用となった原田選手あたりが結果を残しつつあります。

 長距離型の選手はやや足踏みしていますが、澤藤選手が複数回駅伝を経験。全日本の失速から元気な姿があまりないですが再起を待っているところ。また真砂選手が山登りで箱根初体験。他、内山・矢野選手らも長距離に強い。多久和・森下選手らもチャンスがありそうだ。

 3年生はまだが医学駅伝経験者が一人と出遅れていますが、タイムが伸びてきていますね。今のところ5千m13分台を持っている小島選手が出雲・全日本で走っていますが、昨年末吉岡選手が28分59秒、人見選手も29分12秒を記録して、レギュラーにぐっと近づいてきています。

 また下級生の頃からエントリーに入っていた牧瀬選手らも箱根前には再び上昇気配を見せていました。この世代、次の年度も考えると何とかレギュラーに入ってきてほしい世代です。

 とはいえ、2年生がここにきて大きく伸びてきています。駅伝をすでに2度走っていずれも区間一桁と好走している西澤選手が抜けている印象がありましたが、ここにきて他の選手があがってきました。

 箱根駅伝の時には16人のエントリーに入っていなかった、伊豫田・野村・平選手が28分台の好走。かなり走力がついていることを印象付けましたね。この3選手は是非とも箱根予選や(出場できれば)全日本駅伝など起用してみたいところ。

 他にも荒木・長山・四釜選手あたりも少しずつ継続的に試合に出られるようになって、これから面白そうですね。新2年が一気にレギュラークラスに成長してきそうな感じです。

新入生情報~5000m持ちタイムと全国大会成績も!

三浦龍司(洛南)13分51秒97/3障8分39秒37≪20:全国5区11位、19:高校1区21位、国体5千7位、IH1500m6位・3障2位≫
石井一希(八千代松陰)13分56秒61/28分58秒54≪20:全国1区16位、19:高校3区6位、国体5千10位、IH5千6位≫
馬場園怜生(藤沢翔陵)14分08秒97≪20:全国4区29位、19:高校1区38位≫
藤原優希(水島工)14分17秒30≪20:全国5区28位、19:高校1区15位≫
内田柾冶(開新)14分20秒79
新入生別5000m上位5名平均:3位14分07秒00
柘植航太(浜松日体)14分45秒31
三好雄大(八幡浜)14分49秒17
出口静之心(鹿児島城西)14分55秒54
服部 尊(愛知)14分57秒12
田村 光?(西京)≪19:高校5区37位≫

 大きく話題になったのはやはり洛南の三浦選手になりますね。3000m障害で高校日本人記録を日本選手権で樹立したのは記憶に新しいですね。インターハイでは勿論表彰台となる2位。1500mでも6位になれるスピードを持っているからこそですね。

 平地もトラックには生きていて、5000m13分51秒は、今の高校生の中でもトップクラス。スピードは抜群です。駅伝のエース区間ではさすがに中位くらいにとどまりましたが、それでもなおこれから楽しみです。まずは得意の3障からどうなるか。凄い卒業生が出たばかりの順大です。

 駅伝に関していうと、即戦力と言えるのは八千代松陰の石井選手ですね。5000mは既に13分台。IHや国体の5千でも上位に入っていて、とらっくでも高校上位。さらに駅伝でも3区6位の活躍。直近では1万28分台を記録した模様でやはり期待の存在です。

 この他には、14分一桁を持つ馬場園選手、さらに藤原・内田選手あたりまが5000mの持ちタイムはじょういですね。6番手からは一気に記録は落ちるので、今のところ少数精鋭という印象でしょうか。これからの選手にも注目です。

今から考える三大駅伝オーダー予想

今のところ出場権はありませんが、選手層からすると通貨の可能性が比較的高いチームだと思います。エース不在ということでは全日本がちょっと分からないかな?

全日予選:1組平②野村②、2組野口②石井①、3組清水④原田④、4組伊豫田②西澤②

全日本:野口④-伊豫田②-清水④-石井①-原田④-三浦①-西澤②-吉岡③

箱根:伊豫田②-西澤②-原田④-野口④-石井① 清水④-平②-矢野④-吉岡③-澤藤④

 今のところ、出場できれば全日本駅伝の方が面白そうですね。前回1区3区好走の野口・清水選手が残っていますし、2区や4区なども他の区間も勢いのある若手が候補になってくるでしょうか。4年原田・2年伊豫田選手ら・1年石井選手あたりが候補になってきますね。

 前回失速した7区8区はまだ少し不安はありますが、西澤選手が回る余裕が出てくると一つ安心材料でしょうか。3年吉岡選手も候補。また、1年三浦選手は長い距離未知数なので、全日本で一度起用できればと思っています。

 箱根はまだなんとも言えないですかね。今のところ前半区間はどう回しても不安は残るかなぁ。勢いある伊豫田選手が成長していると信じて1区とか…。2区は西澤選手が今のところ第一候補。野口選手らまだうまく回すことができるかどうか。

 復路は6区はやはり清水選手が今のところ候補、あとは初出場のかかる4年生か、平・野村選手ら新2年になるかといったところ。長門監督は終盤区間は4年生にかけることが多い印象ですが、どうなっていくでしょうか??

戦力分析まとめ~箱根駅伝2021に向けて

‣1万m平均スピードは向上!流れに乗れる可能性
‣レギュラー争いは4年VS2年か 3年1年は少数精鋭
‣全日予選・箱根予選は通過圏内のはずか

 出場が決まっている駅伝がない中でいうのもなんですが、高速化した駅伝にどのくらい対応できるようになっていくか楽しみなチームではありますね。全日本駅伝の時のようにオーダーと展開がハマれば予想外の躍進…というのもありえるチーム構成にはなりつつあります。

 今のところ4年生と2年生が大きく目立ってきている感じですかね。4年野口・清水選手らスピードランナーが中心、2年生は駅伝力であがった西澤選手に、トラックのタイムで追いついてきた伊豫田・野村・平選手らが柱になってきます。ルーキーも三浦・石井選手ら楽しみな選手が何人か。出遅れ気味の3年世代が今期どうなるかでですね。

 
 予選に関しては選手層的にはかなり大丈夫なほうだと思っています。全日予選は3組4組誰が走るのかということ、箱根予選はおそらく複数人メンバーになるだろう2年生のスタミナ面ということになってきますかね。このあたりしっかり乗り越えられれば、面白いチーム構成になってくるはずです。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 彼氏 より:

    こんにちわ。いつも楽しみに拝見しております。
    戦力的に今充実してるので、さほど影響はないかもしれませんが、四年生の根井選手がマネージャーに転向したみたいですね。
    順大陸上部のホームページに記載がありました。
    1年生のときに箱根メンバー入りしたので期待したのですが、けがか何かでしょうかね…