スポンサーリンク

箱根駅伝2020【法政大学】メンバー紹介&戦力分析&区間オーダー予想も!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

第96回箱根駅伝2020のエントリーが発表されました。

29日(日)に暫定の区間エントリー、本戦2日(木)3日(金)のスタート直前に補欠最大4名入れ替えて本オーダー確定となります。

このサイトでは、29日(日)までに、各大学の本オーダーの予想を行っています。

山に強大な経験者、4年連続シード権を目指して、調整力の見せ所

法政大学箱根駅伝2020戦力分析&区間オーダー予想となります。

スポンサーリンク

箱根駅伝2020【法政大学】メンバー紹介&戦力分析~独断ランク付け

7点:エース区間、山で貯金が望める選手
青木涼真④28分59秒52≪19:全8区4位、出3区7位、箱5区3位、18:全1区5位、箱5区1位、17:全4区11位、出3区4位、箱8区9位≫…3障では日本上位、山登り5区も前々回区間賞・前回区間3位の実績を持つ。今期は平地のエース区間でも活躍している。

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手
坪井 慧④29分45秒08≪19:箱6区4位、18:出5区4位≫…前回満を持して山登りで起用され、58分30秒の法大記録を樹立。今季は故障明け、再度の6区を目指している

5点:エース区間で区間中位以上いける選手

4点:主要区間で区間上位でいける選手
鎌田航生②28分53秒97≪19:全2区8位、出1区14位、箱8区7位、18:全2区15位≫…今期急成長した将来期待の選手。全日本2区で前年の区間15位を上回る区間8位を出した

3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
河田太一平①29分06秒76≪19:全7区13位、出6区8位、18:高校4区9位≫…この秋一気に伸びてきた期待のルーキー。長距離区間に起用され続けている

岡原仁志④29分09秒16≪19:全6区16位、箱3区14位、18:全4区5位、出2区11位、箱7区11位、17:全7区12位、16:予307位≫…2年時秋から伸びてきて主力の一角となっている。故障していたが全日本駅伝で復帰している

2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
清家 陸②29分34秒09≪19:全5区12位、出5区10位≫…秋に1万mで結果を出し、出雲・全日本駅伝で起用されている

増田蒼馬④29分38秒33≪18:全3区15位、出6区15位≫…過去2度の大学駅伝はやや苦しい走りとなったが、上尾ハーフで63分20秒のタイムを出している

1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
佐々木虎一朗④29分29秒87≪17:出5区10位相当≫…一度大学駅伝出走している。世田谷ハーフ65分台と上昇傾向。

田辺佑典③29分41秒72≪19:全4区12位、出2区10位≫…関東IC3障で入賞、秋になって長い距離も伸びてきて、出雲・全日本駅伝で起用されている。

松澤拓弥④29分49秒05≪18:箱4区13位、17:全5区11位≫…2年時に勢いがあり、2度の駅伝出走。主要区間の経験もある選手

久納 碧②29分53秒46≪18:全1区13位≫…期待のスピードランナー。全日本駅伝で1区に起用されている

中園慎太郎①29分56秒96≪18:高校4区7位、IH3障5位≫…駅伝は走っていないが、秋になって記録会で結果を残し続けている

糟谷勇輝③29分57秒27…長い距離で少しずつ伸びてきている。世田谷ハーフで65分03秒とまずまず

守角 隼②30分20秒86…上尾ハーフで64分少しの結果を出している。

0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数
須藤拓海③29分49秒40…11月日体大で1万29分台、メンバーに選ばれた

奥山智広③30分38秒09…世田谷ハーフで65分20秒台、メンバーに入ってきた

上位10名合計:30点
(参考:30点前後シード権争い、40点以上優勝争い)

持ちタイム平均順位
5千16位14分14秒1-1万18位29分24秒7-half15位64分09秒0

【過去3年間成績】
95回6位
94回6位
93回8位

 ここ3年間、試合にあまり出ずに独自調整を続けて、8位・6位・6位と結果を残し続けている法政大だが、今年は例年以上に読みづらいチーム状態となっている。エース選手が一人エントリーから外れた上、複数の選手が故障明けの状態で全日本駅伝に間に合わないままだった。

 その中で好調だったのが2大会前山登りで区間賞を格闘した4年青木選手、今年の成長株2年鎌田選手、この2人がいい走りをして、全日本駅伝は最終的にシード権に迫った。まずは核となってくるだろう。

 これに本来なら主力区間で結果を残せるだろう4年坪井・岡原選手、駅伝を経験することができた1年河田・2年清家・久納選手、3年田辺、4年増田選手ら。上がってくれば面白そうな選手は多いのですよね

 他にも長い距離である程度結果を出した2年守角、3年糟谷選手なども起用候補になってくるでしょうか。全日本からの2か月間でどれだけの選手が状態上がっているか、ある意味楽しみな面もある。

箱根駅伝2020【法政大学】区間オーダー予想~序盤食らいつけるように

 ひとまず山に関しては過去実績のある経験者を起用するらしい。この2区間を中心に昨年の総合6位を上回る成績を狙っているそうですね。

1区岡原仁志④29分09秒16
2区鎌田航生②28分53秒97
3区増田蒼馬④29分38秒33
4区河田太一平①29分06秒76
5区青木涼真④28分59秒52

6区坪井 慧④29分45秒08
7区久納 碧②29分53秒46
8区田辺佑典③29分41秒72
9区糟谷勇輝③29分57秒27
10区清家 陸②29分34秒09

1区岡原選手…全日本駅伝で1区を経験した選手がいますが、1区の展開が今回は読みづらい。そうなれば、スピードもあり、走力が高い岡原選手が回復していれば起用に踏み切るのではと考えます。全日本駅伝は故障明けで高速駅伝に付けなかったが、この2か月でどこまで調整できるか。

2区鎌田選手…今年急成長。秋に1万28分台を出して走力が大きく伸びていることを示していますね。長距離ロード型と思ってますが、スピード主要区間全日本2区でも悔過を出しました。箱根の華の2区でもいい結果が出るかもしれません

3区増田選手…岡原選手を1区に回したので誰にするか迷いましたが…全日本3区起用、上尾ハーフ63分前半の増田選手が一人候補にはなるかな?ここは鎌田選手が作るだろう流れをしっかりキープしてくれればと思います。4区から再び攻めていく展開にしたい。

4区河田選手…その4区は河田選手。秋になってぐっと上がってきたルーキー。故障者の兼ね合いがあったとはいえ、出雲6区・全日本7区の起用は駅伝ファンも驚きました。箱根も主要区間は間違いないでしょう。希望は9区だそうですが、それは他の選手の状態次第でしょうか。

5区青木選手…大勝負の2区間になります。まずは山登りの名手として有名な青木選手が3年連続の起用となるのではないでしょうか。特に今年は年間通して各大会安定、絶好調の状態だ。71分台の自己ベストから、70分台への上乗せは十分可能。もしかすると少し遅れているかもですが、一気に挽回できるはずだ。

6区坪井選手…前回58分30秒の好記録を樹立した坪井選手。怪我で長期離脱があった中、エントリーに入ってきました。故障明けの選手の山下り起用は怖いですが、何とか間に合わせるとのこと。59分台を出せれば復路を流れに乗せられるはずだ。なお間に合わなければ1年中園選手の予想

7区久納選手…期待の若手の一人で全日本駅伝では1区抜擢の久納選手を、7区に抜擢しています。この7区も最近レベルが上がってきていますが、前半区間で踏ん張った経験もありますので、自信をもって走ってくれれば。

8区田辺選手…少し予想に迷いました。2大会前4区で粘走している松澤選手らも考えましたが、出雲・全日本駅伝で起用され、3障の脚力のある田辺選手で。遊行寺坂にいければなと思っています。

9区糟谷選手…長い距離に自信のある上級生で考えました。世田谷ハーフで65分少しで頑張っている糟谷選手は復路終盤区間の候補かなと思います。持ち前のスタミナやアップダウンの強みを出せれば、いいところまでいける能力はありそう。

10区清家選手…目標達成に大事な区間。非常に迷いましたが、出雲・全日本駅伝平たん区間で落ち着いた走りをしていた清家選手。区間順位は良くありませんでしたが、それまでの流れもありました。ここまで狙い通り上位につけることが出来れば、その流れに乗ることもできるはずです。

箱根駅伝2020【法政大学】まとめ

・2区鎌田5区青木選手しっかり生かすには
・坪井&岡原選手の状態は大きくかかわる
・流れを引き継げる選手は増えている

 選手の状態が一番シークレットの状態と言える法政大。10番手争い以外の選手は、11月以降はほぼ試合に出ていませんので。その中で2区鎌田5区青木選手は既定路線でしょうか。特に青木選手は大幅に順位を引き上げてくれるはず

 といっても、坪井・岡原選手ら主力選手がそれぞれの役割の区間でしっかり成績を残せるようにならなければ、目標の4位はおろかシード権も危うくなってきますかね。山も大事ですが、4年生主力選手がどれだけ合わせてこられるか

 河田・清家選手ら新戦力、上級生になって伸びてきた増田・糟谷選手など、流れを引き継いで走れそうな選手は増えているので、しっかり順位が上がれば、その流れに乗れそうな選手は増えています。ここ数年見せている”調整力の法大”の本領発揮となれば、前哨戦と違う姿がmkれるはずだ。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. おかし より:

    法政の予想待ってました笑
    今年の法政は例年以上にファンも読みづらいです。

    坪井が間に合っているのか
    1区は誰か
    怪我が多かった4年生の状態は

    その中で私の予想は以下です

    久納ー鎌田ー河田ー松澤ー青木
    坪井ー田辺ー中園ー蒼馬ー清家

    1、2、5は固いかなと思いますが
    河田を往路に回すと復路が薄いですね。。
    それもこれも坪井次第ですが。。。

    いよいよエントリー当日、楽しみですね(^-^)

  2. wataru-6519 より:

    久納ー鎌田ー岡原ー河田ー青木
    坪内ー田辺ー佐々木ー増田ー清家
    2区と5区以外は変わる可能性も高そうです。特に、7区以降のオーダーが薄かったです。

  3. 法政太郎 より:

    法政OBです。
    法政の区間配置は悩ましいですね。
    間違いないのは、2区の鎌田、5区の青木だけですね。
    あとはどの選手がどこに配置されても驚けないです。
    坪井を自信をもって6区に配置出来るのかが大きなポイントだと思います。
    坪井が6区ではないとすると、坪井は3区、6区は中園だと思います。
    1区は明治は阿部を、東京国際は外国人選手を配置するという情報もありペースが早くなる可能性もあり岡原が妥当のような気がします。
    そこで私の区間配置予想は
    岡原->鎌田->加納(坪井)->河田
    ->青木
    坪井(中園)->田辺->清家->増田
    ->糟谷
    です。
    佐藤がエントリー漏れしたことで7強の中の1校から大きく評価が下がっていますが、何としてもシード権を死守してくれることを祈っています。
    坪田監督にも秘策はあるはずですから信じましょう。
    もう少しで区間エントリーが発表されますね。
    楽しみでありドキドキですね。

  4. 法政太郎 より:

    加納ではなく久納です。
    間違えてしまい申し訳ありません。