スポンサーリンク

出雲駅伝2019(第31回)【総合結果&記録速報、区間賞は!?まとめも!】

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

2019年10月14日(月・祝)13時より行われた

第31回出雲全日本大学選抜駅伝競争の速報および結果となります。

スポンサーリンク

出雲駅伝2019【区間別・速報】

スポンサーリンク

スタート前様子

午前中は雨が降っていましたが…

1区速報

スタート直後、札学グレ選手飛び出す。5m差で2位集団は第一サレー選手が引っ張り、少し飛び出す。3位集団は固まり、最後尾に東海西川選手付ける。

1㎞ですでにグレ選手がダントツでトップ。2位サレー選手。3位集団は非常にスローペース。帝京立命館関西学院などが前の方。東海と駒大が最後尾です。

3㎞8分18秒でグレ選手が通過。2位には100m以上、3位集団は300m以上差をつけている。皇學館・帝京・立命館・順大が前の方。東海と駒大はやはり後ろ。

中間点(4㎞)で3位集団は13分。グレ選手は3㎞~4㎞2分50秒で走破。おそらく2分近く差が開いていると思われる。グレ選手は区間記録を20秒ほど上回るペースとなる。

5㎞は16分00秒ほど。1㎞3分00秒ほどへ。皇學館大上村選手が引っ張るものの、まだ誰も遅れていない。5.1㎞拓大赤崎選手が前へ出て仕掛ける。東洋西山、法大鎌田、立命高畑選手あたりがすぐ呼応する。

6㎞でIVYリーグジョーダン選手が仕掛け一気に縦長に。拓大赤崎東洋西山選手が呼応、中学川村駒大山下國學藤木東海西川青学湯原選手もしっかりつく。関東では法大順大が遅れる さらに区間賞候補、関西学院石井選手は19番目に交代する

7㎞で拓大赤崎選手が再度仕掛ける。21分33秒で通過、1㎞2分46秒ペースに浮上、関東以外では立命館大のみに。

トップグレ選手最後は苦しくなり、区間記録には届かずも22分45秒区間賞獲得。2位争いは最後に入れ替わり、2位駒大1分16秒差、3位拓大4位東海5位國學続々、6位立命7位青学8位中学、9位帝京東洋順大東北など、第一工大はかなり後退していた。

2区速報

1㎞過ぎ2位集団に、東海駒大國學拓大青学の集団、7位集団中学大らも3秒差でつけています。

1位は北海道大酒井選手が自分のペースで逃げる。2位集団はまだ1分ほど、東海阪口選手が引っ張り駒大國學青学がつく展開。6位3秒差で中学小島選手が追い上げる、7位東洋大澤選手もじっくりあげてきています。

4㎞手前駒大伊東選手が前。向かい風ですがどんどん前へ。阪口選手が最高峰に下がりやや苦しそうな表情。6位争いは東洋が中学を捉える。後ろ8位争い順大と帝京の模様

残り1㎞を切ってから2位集団から東海阪口選手がこぼれる。駒大伊東、國學中西、青学岸本選手が涼しい表情でペースを上げる。残り300mで阪口選手は東洋大澤選手にも交わされ、予想外の失速に。

トップ北海道大酒井選手は苦しい走りながら、何とかトップをキープ。12秒で2位駒大3位國學4位青学、5位東洋22秒、6位東海27秒、7位中学30秒、8位順大48秒、9位帝京51秒、10位立命館74秒11位法大、12位皇學館82秒と続く

3区速報

1㎞手前でついに北海道選抜が捉えられる。国学浦野選手が先頭、青学吉田・駒大田澤選手がついていく形。4位札幌学院大宇野選手を挟んで、5位東洋相澤6位中学髙橋7位東海塩澤選手。

先頭集団3人は中間点前のアップダウン。浦野選手が引っ張り続けているが突き放せない状況。4位は東洋相澤選手浮上も中々近づけない、東海塩澤選手が食らいつく。6位争いは札学宇野中学髙橋選手。

区間賞候補の拓大レメティキは中間点12分13秒。14位から12位に浮上するも、前の立命館大らに中々追いつかない状況。

浦野・吉田・田澤選手の集団は7㎞を過ぎても崩れない。後ろから4位相澤選手が急追。3㎞地点で22秒差だったのが一気に3秒差に!東海塩澤選手も10秒ほどで食らいついています。

7.5㎞東洋相澤選手が先頭3人に追いつく。ちょうど残り1㎞追いついた瞬間に、国学浦野選手がギアチェンジ。4人とも苦しくなるが誰も遅れない。残り500m地点駒大田澤選手が猛スパート!3人を突き放し単独トップに!

1位駒大2位国学東洋3秒、4位青学5秒、5位東海30秒、6位順大74秒、7位中学86秒、8位法大90秒、9位立命館95秒、10位帝京98秒、11位北海道101秒、12位拓大105秒

4区速報

1㎞で駒大小林選手に、國學青木東洋宮下青学神林選手が追いつく。神林選手が引っ張って、前へ仕掛けていく形。

3㎞地点神林選手が引っ張り続ける中、國學青木選手が苦しそうな表情になって遅れ始める。3.5㎞地点で東洋宮下選手も少しずつ引き離され始める。

4.5㎞地点駒大小林青学神林選手のマッチレース。だが、3位争い國學青木東洋宮下選手も10mほどで食い下がりまだ大きくは離れない。後ろ単独5位東海市村選手は180m差、大きくは近づかない

6位争いは中学・順大に立命館山田選手が追い上げて捉えそうな勢い。4.5㎞で立命が7位、これで2人抜き。中学も5秒ほど前に見えています。

残り1㎞駒大小林選手が一歩リード、神林選手が2位に後退する。3位争いは20mほど。残り300m青学神林が追いつき再びトップ!駒大小林も譲らない争い!!

1位駒大2位青学、3位東洋16秒4位國學19秒、5位東海29秒、6位中学1分52秒7位立命1分53秒、8位順大2分10秒、9位帝京2分27秒10位拓大2分29秒、11位法大2分43秒、12位北海道選抜2分48秒

5区速報

青学竹石・駒大中村選手が並走、3位東洋今西、4位國學茂原、5位東海鬼塚選手まで僅かに見える。3位争いは東洋大が単独3位に上がっている。6位争いは立命が中学を引っ張る形に。

3.5㎞駒大中村選手が前へ行く。青学竹石選手が5mほど離される。そこかr一気に駒大がトップに。5㎞地点で1位と2位は15秒差に。15.3㎞では東洋今西選手が2位に浮上、青学が急落する。

4位争い國學茂原選手が踏ん張り、東海鬼塚選手が詰めれそうで詰めれない状況に。6位争いは立命館に帝京大が追いつきていて、まだ順位争いが激しい。

1位駒大、2位東洋13秒、3位青学33秒、4位國學37秒、5位東海39秒、6位帝京2分20秒、7位立命館2分37秒、8位順大3分08秒、9位拓大3分14秒、10位中学3分30秒、11位法大3分37秒

6区速報

 トップ駒大大聖選手、2位東洋定方選手が必死に追い上げようとしている。3位争いは遠いが3位東海西田選手浮上、國學土方青学中村選手もついているか。

出雲大社チェックポイント
1位駒大、2位東洋12秒、3位東海國學青学33秒。 東海と國學院が差を詰めている展開です。

駒大大聖1㎞2分44秒、4㎞地点でも淡々としたペースを刻み続け取り、2位東洋は詰めることはできない。3位争いは東海西田選手が4㎞でスパート、土方選手がつくも、青学大は後退。5位へ。

6位争い、帝京大を立命館吉岡選手が追う。20秒あった差を5秒ほどまでつめてくる。

中間点すぎても駒大は順調。どことなくMGC優勝者、OBの中村選手にフォームが似ていることも話題になる。6.3㎞地点で2位に変化。東海西田國學土方選手が東洋定方選手を捉え2位争い、僅かに差は詰まったかどうか。青学中村選手もまだ見えている。6位は6㎞手前、立命館が単独6位に浮上、提供を引き離す。

7㎞過ぎ、駒大大聖選手が明らかにペースダウン、3分台にペースダウン。2位集団が明らかに縮まってきている。2位集団は土方選手がスパート!定方選手がついていくが、西田選手が離れていく。

8㎞過ぎ、もう1位と2位の差は10秒を切る。8.4㎞は5秒差に、東洋・東海もまだ見える範囲で粘る。

残り1㎞駒大が耐えて、2位國學3秒まで縮めたが顎が上がり始める。ただ、ここから振り絞り、国学が追いつく!残り700m地点國學院土方選手が逆転!!そのまま仕掛け続け、引き離し始める!!

なんと過去最高10位、7年ぶりの出場だった國學院大が4位から大逆転!!出雲駅伝そして大学駅伝通じて初優勝!!2位駒大、最後追い上げた東洋3位、4位東洋、連覇を狙った青学大5位。さらに6位は立命館大大健闘!

スポンサーリンク

出雲駅伝2019【総合結果】

目まぐるしい展開、そして最終区の時点で1位駒大から、2位東洋、3位青学、4位國學、5位東海までが40秒までに収まるという大混戦。

力的に駒大が逃げ切るかと思われましたが、勝負は終わってみなければわからない。

中間点を過ぎて駒大が優勝へのプレッシャーからかにわかに失速、國學院土方選手が猛スパートをかけ、残り1㎞を切ってから逆転!見事な初優勝でした。

1位~3位(優勝・表彰台)

1位國學院大學2:09:58

1区(8.0㎞)4位藤木宏太②24分29秒[5]1分22秒差
2区(5.8㎞)3位中西大翔①16分21秒[3]12秒差
3区(8.5㎞)3位浦野雄平④23分57秒[2]4秒差
4区(6.2㎞)5位青木祐人④17分45秒[4]19秒差
5区(6.4㎞)5位茂原大悟④18分21秒[4]37秒差
6区(10.2㎞)1位土方英和④29分05秒[1]

(★★予想1位★★)

序盤若手が踏ん張り、4強破りできるというところ、アンカー土方選手日本人歴代トップの大激走で初優勝!!

 いやぁ凄い!宣言通り歴史を覆しました。いやもう4強の一つでも破れば、公約達成なんですが、初優勝で飾るとは…。

1区2区ポイントと思った藤木・中西大選手が非常に調子よく、2位争いとほぼ同時リレー。この時点で一旦國學院大ペースと思いました。3区エース浦野選手が積極的引っ張りますが相手も強かったですね。4区青木選手で離されたところで、優勝はちょっと厳しいかなと思いました。

 それでも長距離タイプの5区茂原選手が踏ん張ると、6区土方選手が3位争い終始。2位も巻き込んだ時点で何か流れが変わりましたね。ここから我武者羅に追い上げ、ごーる残り700mでトップに!そのまま逃げ切りました。

 土方選手…気づけば6区日本人歴代1位の記録だったようで…青学一色選手らの記録も上回っています。他校からしても手ごわいエースになってきましたね。

 確かに一番完璧なオーダーを組めたなと思っていましたが…、國學院大が優勝を一番狙える大会ばっちり合わせていました!全日本駅伝から一気に注目が集まることになると思いますが、うまく力に変えて戦ってほしいです。

優勝、おめでとうございます!!

2位駒澤大学2:10:06

1区(8.0㎞)2位山下一貴④24分23秒[2]1分16秒差
2区(5.8㎞)4位伊東颯太③16分21秒[2]11秒差
3区(8.5㎞)2位田澤 廉①23分54秒[1]
4区(6.2㎞)3位小林 歩③17分30秒[1]
5区(6.4㎞)3位中村大成④18分03秒[1]
6区(10.2㎞)4位中村大聖④29分50秒[2]8秒差

山下・田澤選手ら躍進で常に関東勢トップをキープ、名門復活僅かのところ、出雲再び悲運に

 駒大の流れでしたよ。完全に駒大の流れでした。驚きの1区だった山下選手がローペースからの最後のたたき合いで抜け出して区間2位!2区伊東選手もしっかり走って総合2位キープ。

 トップ争いに浮上した3区で、ルーキー田澤選手が驚異の走り!強豪校のエース相手に最後まで食らいつき、得意のラストスパートで突き放してトップに立ったのは最大のハイライト!

 初駅伝の4区小林選手もラスト争いで僅かに競り勝ちトップ。5区には勿体ない大成選手が単独トップに浮上。北海道選抜の序盤の飛び出しを除いて、常にトップだったのですよね。

 アンカー大聖選手も中間点地点まで順調でそのまま令和常勝軍団へ…と思われましたが…ここから走りに余裕がなくなりにわかにペースダウン。最後の最後で手元から優勝が離れました。

 思えば駒大は基本出雲苦手。何度もアンカーで逆転負けしていました。今年の夏に、世界大会も経験した大聖選手でも、今まで通りに…。なぜなのでしょうか。

 それでもいい経験をしたと思うしかないです。次は駒大が得意とする全日本駅伝。悔しさを爆発させてほしいですね。

3位東洋大学2:10:09

1区(8.0㎞)8位西山和弥③24分35秒[8]1分50秒差
2区(5.8㎞)2位大澤 駿③16分20秒[5]23秒差
3区(8.5㎞)1位相澤 晃④23分46秒[3]4秒差
4区(6.2㎞)4位宮下隼人②17分43秒[3]17秒差
5区(6.4㎞)2位今西駿介④17分59秒[2]13秒差
6区(10.2㎞)3位定方 駿④29分40秒[3]11秒差

4位~8位

4位東海大学2:10:18

1区(8.0㎞)5位西川雄一朗④24分28秒[4]1分21秒差
2区(5.8㎞)6位阪口竜平④16分37秒[6]27秒差
3区(8.5㎞)6位塩澤稀夕③24分09秒[5]31秒差
4区(6.2㎞)2位市村朋樹②17分29秒[5]30秒差
5区(6.4㎞)4位鬼塚翔太④18分12秒[5]39秒差
6区(10.2㎞)2位西田壮志③29分23秒[4]20秒差

5位青山学院大学2:10:51

1区(8.0㎞)7位湯原慶吾②24分35秒[7]1分28秒差
2区(5.8㎞)1位岸本大紀①16分16秒[4]13秒差
3区(8.5㎞)4位吉田圭太③23分58秒[4]6秒差
4区(6.2㎞)1位神林勇太③17分24秒[2]0秒差
5区(6.4㎞)6位竹石尚人④18分36秒[3]33秒差
6区(10.2㎞)5位中村友哉④30分02秒[5]53秒差

6位立命館大学 2:13:11 昨年から更新!

1区(8.0㎞)6位高畑祐樹④24分33秒[6]1分26秒差
2区(5.8㎞)12位前川紘導③17分19秒[10]1分14秒差
3区(8.5㎞)8位今井崇人④24分26秒[9]1分35秒差
4区(6.2㎞)6位山田真生①17分48秒[7]1分53秒差
5区(6.4㎞)8位岡田浩平③18分48秒[7]2分38秒差
6区(10.2㎞)6位吉岡遼人③30分17秒[6]3分13秒差

7位帝京大学2:13:49

1区(8.0㎞)9位平田幸四郎④24分35秒[9]1分34秒差
2区(5.8㎞)9位遠藤大地②16分46秒[9]49秒差
3区(8.5㎞)10位小森稜太④24分55秒[10]1分39秒差
4区(6.2㎞)9位谷村龍生③18分18秒[9]2分27秒差
5区(6.4㎞)1位小野寺悠③17分54秒[6]2分18秒差
6区(10.2㎞)13位中村風馬②31分15秒[7]3分51秒差

8位順天堂大学2:14:04

1区(8.0㎞)11位野口雄大③24分38秒[11]1分36秒差
2区(5.8㎞)8位藤曲寛人④16分40秒[8]45秒差
3区(8.5㎞)9位橋本龍一④24分34秒[6]1分14秒差
4区(6.2㎞)11位小島優作②18分27秒[8]2分11秒差
5区(6.4㎞)13位野村優作①19分00秒[8]3分08秒差
6区(10.2㎞)9位澤藤 響③30分40秒[8]4分06秒差

スポンサーリンク

9位~14位(出場枠確保)

9位拓殖大学2:14:18

1区(8.0㎞)3位赤﨑 暁④24分22秒[3]1分19秒差
2区(5.8㎞)20位高橋達彦②17分54秒[15]1分42秒差
3区(8.5㎞)5位ラジニ レメティキ①24分08秒[12]1分45秒差
4区(6.2㎞)8位竹蓋草太②18分13秒[10]2分28秒差
5区(6.4㎞)9位佐々木虎太郎①18分49秒[9]3分14秒差
6区(10.2㎞)10位中井槙吾④30分48秒[9]4分20秒差

10位法政大学2:14:20

1区(8.0㎞)14位鎌田航生②24分47秒[14]1分40秒差
2区(5.8㎞)10位田辺佑典③17分06秒[11]1分15秒差
3区(8.5㎞)7位青木涼真④24分20秒[8]1分30秒差
4区(6.2㎞)15位人見昂誠②18分42秒[11]2分42秒差
5区(6.4㎞)10位清家 陸②18分54秒[11]3分33秒差
6区(10.2㎞)8位河田太一平①30分31秒[10]4分22秒差

11位中央学院大学2:14:36

1区(8.0㎞)7位川村悠登④24分31秒[8]1分29秒差
2区(5.8㎞)5位小島慎也①16分32秒[7]30秒差
3区(8.5㎞)11位髙橋翔也③25分01秒[7]1分26秒差
4区(6.2㎞)7位吉田光汰②17分57秒[6]1分53秒差
5区(6.4㎞)20位栗原啓吾②19分40秒[10]3分30秒差
6区(10.2㎞)11位長山瑞季④30分50秒[11]4分38秒差

12位北海道学連選抜2:16:17

1区(8.0㎞)1位ローレンス グレ②23分07秒[1] 札幌学院大
2区(5.8㎞)14位酒井洋明④17分31秒[1] 北海道大
3区(8.5㎞)13位宇野 翔③25分46秒[11]1分41秒差 札幌学院大
4区(6.2㎞)14位野村隼斗③18分37秒[12]2分48秒差 札幌学院大
5区(6.4㎞)18位内生優斗①19分37秒[12]4分22秒差 札幌国際大
6区(10.2㎞)15位松舘悠斗④31分39秒[12]6分19秒差 星槎道都大

13位IVYリーグ選抜2:16:31

1区(8.0㎞)15位ジョーダン マン24分47秒[15]1分40秒差 ブラウン大
2区(5.8㎞)19位ティモシー ゴーマン17分53秒[19]2分02秒差 ダートマス大
3区(8.5㎞)14位クリストファー ホットラー26分01秒[15]3分58秒差 ペンシルバニア大
4区(6.2㎞)12位コンノー クラーク13分59秒[15]4分56秒差 ダートマス大
5区(6.4㎞)11位ジェームズ ランドン18分57秒[15]5分50秒差 エール大
6区(10.2㎞)7位ダニエル ネスター30分25秒[13]6分33秒差 コロンビア大

14位関西学院大学2:17:06

1区(8.0㎞)18位石井優樹④25分06秒[18]1分59秒差
2区(5.8㎞)11位沖見史哉③17分07秒[13]1分35秒差
3区(8.5㎞)14位川田 信③26分01秒[14]3分31秒差
4区(6.2㎞)10位川島貴哉④18分19秒[14]4分20秒差
5区(6.4㎞)7位藪野正大③18分47秒[13]5分04秒差
6区(10.2㎞)16位藤井大輔④31分46秒[14]7分08秒差

15位~21位

15位皇學館大學2:17:33

1区(8.0㎞)20位上村直也③25分16秒[20]2分09秒差
2区(5.8㎞)7位川瀬翔矢③16分39秒[12]1分17秒差
3区(8.5㎞)12位桑山楓矢③25分45秒[13]2分57秒
4区(6.2㎞)16位平野恵大④18分49秒[13]4分16秒差
5区(6.4㎞)14位市川駿希②19分04秒[14]5分17秒差
6区(10.2㎞)19位山下慧士④32分00秒[15]7分35秒差

16位北信越学連選抜2:17:36

1区(8.0㎞)13位森 悠人③24分47秒[13]1分40秒差 新潟大
2区(5.8㎞)16位岩渕 健⑤17分33秒[14]1分42秒差 新潟大
3区(8.5㎞)19位小林史弥④26分29秒[17]4分06秒差 新潟医療福祉大
4区(6.2㎞)13位板東健志③18分31秒[16]5分07秒差 信州大
5区(6.4㎞)11位鈴木基史(M1)18分57秒[16]6分01秒差 新潟大
6区(10.2㎞)14位若澤新也(M1)31分19秒[16]7分38秒差 新潟医療福祉大

17位愛知工業大学

1区(8.0㎞)21位小林宏輔③25分21秒[21]2分14秒差
2区(5.8㎞)17位三浦真和①17分37秒[21]2分20秒差
3区(8.5㎞)17位服部大暉③26分13秒[20]4分28秒差
4区(6.2㎞)20位鈴木高虎③19分05秒[19]6分03秒差
5区(6.4㎞)15位中村正明③19分28秒[18]7分28秒差
6区(10.2㎞)12位植松達也④31分01秒[17]8分47秒差

18位広島経済大学

1区(8.0㎞)17位木邑 駿④24分55秒[17]1分48秒差
2区(5.8㎞)13位一宮颯斗③17分26秒[16]1分48秒差
3区(8.5㎞)18位福永恭平①26分28秒[18]4分11秒差
4区(6.2㎞)17位松石啓輔④18分50秒[17]5分31秒差
5区(6.4㎞)16位山崎達哉②19分29秒[17]6分57秒差
6区(10.2㎞)18位河原洋太③31分49秒[18]9分04秒差

19位京都産業大学

1区(8.0㎞)19位泉 海地②25分07秒[19]2分00秒差
2区(5.8㎞)15位本井義明④17分32秒[18]2分01秒差
3区(8.5㎞)16位北澤涼雅②26分09秒[16]4分05秒差
4区(6.2㎞)19位稲垣雄二③19分00秒[18]5分35秒差
5区(6.4㎞)21位宮下朝光④20分18秒[20]7分50秒差
6区(10.2㎞)17位黒川大輔④31分48秒[19]9分56秒差

20位第一工業大学

1区(8.0㎞)16位アニーダ サレー①24分56秒[16]1分49秒差
2区(5.8㎞)21位前原 匠①17分54秒[20]2分12秒差
3区(8.5㎞)21位川原林廉④26分50秒[21]4分57秒差
4区(6.2㎞)18位白ケ澤優樹②18分57秒[21]6分24秒差
5区(6.4㎞)18位小山侑紀②19分37秒[21]7分58秒差
6区(10.2㎞)20位奥西瑞希④32分20秒[20]10分36秒差

21位東北学連選抜

1区(8.0㎞)12位松浦祟之④24分45秒[12]1分38秒差 東北大
2区(5.8㎞)18位渡辺誠也④17分52秒[18]1分59秒差 山形大
3区(8.5㎞)20位時田爽志④26分30秒[19]4分24秒差 秋田大
4区(6.2㎞)21位沼田旭陽③19分24秒[20]6分18秒差 東北学院大
5区(6.4㎞)17位土井健太郎③19分31秒[19]7分46秒差 秋田県立大
6区(10.2㎞)21位千葉一天②32分35秒[21]10分39秒差 東北学院大

出雲駅伝2019【区間賞獲得者】

1区(8.0㎞)ローレンス グレ②23分07秒 北海道選抜(札幌学院大)
2区(5.8㎞)岸本大紀①16分16秒 青山学院大
3区(8.5㎞)相澤 晃④23分46秒区間新 東洋大
4区(6.2㎞)神林勇太③17分24秒区間新 青山学院大
5区(6.4㎞)小野寺悠③17分54秒 帝京大
6区(10.2㎞)土方英和④29分05秒 國學院大

出雲駅伝2019まとめ

・駒澤大が安定した強さ

・國學院大のエース力が上回った

・東海大意地の追撃

・東洋大ロードの粘り再び

・青山学院大、懸命の強化で食らいついた

・立命館大、昨年以上の健闘!

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. デルピッポ より:

    國學院にまずはおめでとうと言いたいですが、最終区に渡って時点で見てる人の9割は駒澤優勝を確信したんじゃないでしょうかね
    まさか大聖がブレーキになるなんて…
    帝京はなかなか厳しい結果になりました。関西勢に負けてしまいましたし。記録会にピークを持って行ってしまったのでしょうか。その中でも小野寺の激走は大収穫でしたが。