スポンサーリンク

【東海大学】大学駅伝2019-2020シーズンに向けて~戦力分析や区間予想

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

2019年の前半シーズンが終了。各大学、夏合宿となっていきますね。

その間に、有力校の現状の戦力分析や、秋の大学駅伝の区間オーダー予想などをしていきたいと思います。

まずは、前回の箱根駅伝優勝校、東海大学から!

スポンサーリンク

【東海大学】大学駅伝2019-2020現状の戦力分析

スポンサーリンク

主力選手・駅伝成績まとめ

10000m持ちタイムトップ10

鬼塚翔太④28分17秒52≪19:箱1区6位、18:全5区2位、箱3区3位、17:全1区9位、出4区1位、箱1区2位、16:全1区10位、出1区2位≫関IC1万9位、5千11位
關 颯人④28分23秒37≪18:全2区4位、出4区4位、17:全4区6位、出6区1位、箱2区13位、16:出3区1位≫関東IC5千12位
小松陽平④28分35秒63≪19:箱8区1位≫関東IC1万
塩澤稀夕③28分36秒15≪17:全2区5位≫関東IC1万12位
松尾淳之介④28分50秒94≪18:箱5区12位、17:出3区4位、箱4区12位≫関東ICハーフ10位
高田凜太郎④28分57秒91≪16:全5区5位≫
西田壮志③28分58秒74≪19:箱5区2位、18:全4区3位、日本学生ハーフ3位≫関東ICハーフ3位
羽生拓矢④29分03秒72≪16:全7区14位≫
郡司陽大④29分05秒28≪19:箱10区3位、18:全6区2位、出5区3位≫
中島怜利④29分15秒38≪19:箱6区2位、18:出3区12位、箱6区2位、17:箱6区8位≫

その他、有力選手
西川雄一朗④29分17秒97≪19:箱3区7位、18:全1区4位、出1区6位、日本IC5千4位≫関東IC5千13位
館澤亨次④29分50秒67≪19:箱4区2位、18:全3区1位、出2区2位、箱8区2位、17:全3区1位、出2区2位、箱5区13位、16:全3区1位、出2区2位≫1500m2018日本選手権優勝者!2019ユニバ代表
阪口竜平④30分12秒64≪19:箱7区2位、18:関東IC3障4位、箱2区7位、17:出1区1位≫2019日本選手権3障優勝、関東IC3障優勝
鈴木雄太③29分21秒82
名取燎太③29分26秒60関東ICハーフ5位
河野遥伎④29分31秒50
本間敬大②29分43秒93
飯澤千翔①5千14分06秒29

主力選手はこれくらいですかね。やはり4年生がずらりと並んでいますね。1万mの記録で見ると、西川・館澤・阪口選手が走る機会があれば、あっという間に28分台10人そろうスピードチームだなと思います。

その中に入るだろう名取・西田選手らロード型の選手も、今後勿論ポイントになるでしょう。2年1年世代が全体的には、中々台頭出来てきていませんが、秋の実りに注目したいです。

3年生の塩澤・名取選手がついに復活!インカレで活躍!

来年に向けて、3年生が出てきてほしい…春の時点で書いたものですが、その3年生が躍動しました!特に名取選手の活躍が目覚ましく、関東ICハーフで5位入賞!

即戦力として期待されながら、大学に入ってから、故障で駅伝など主要大会には出られなかっただけにインパクトは高いですね!トラックの記録会でも安定していた印象です。

この調子なら、秋にはいよいよ大学駅伝デビューができるのではないでしょうか。タイプ的には、中盤~終盤のどこかの区間でいい走りが期待できるかなと感じます。

同じ3年で塩澤選手もいい兆しがありました。1年時に秋のトラックでいきなり1万m28分30秒台。その後の全日本駅伝で2区も担当するなど、持ち前のスピードを存分に発揮していました。

ただ、そのあとは故障続き、主要大会などでもなかなか出番は巡ってきませんでした。それが今年は春から試合に出続け、関東インカレ1万は12位とまずまず。ホクレンでも組トップ、少しずつ記録が安定してきています。

フォームなどを見直したからか怪我が減ったそうですね。夏も順調なら、秋の出雲・全日本はスピード区間、箱根駅伝は、昨年の阪口選手のイメージで7区あたり思い描いてますがいかがでしょうか。

阪口選手が3障日本選手権優勝!1年生飯澤選手関東IC1500m優勝

さて、最強世代の4年生が最後どのような学生生活を描いていくかは、駅伝ファン全員気になるところ。前半戦で一番輝いたのは、阪口選手という事になりますかね!

得意の3000m障害で関東インカレ、日本選手権優勝、ユニバ代表に輝きました!関東インカレは難敵相手の3冠を阻止すると、日本選手権は最速の富士通塩尻選手に競り勝つ快挙!世界陸上標準あと一歩のところまで記録を伸ばして、大いに沸きました。

思えば、昨年の7月に2000m障害の日本記録にチャレンジしたところ、ハードルに足を引っかけて転倒。そこから数か月脚の怪我と、ハードルの恐怖感にも苛まれていたわけですから。そこからここまで上がって来たのは本当に凄いと思います。スピードランナーの中では彼がエースですね。

また、忘れてはならないのが、1年生飯澤選手の春の活躍。チーム内に日本選手権連覇中だった絶対王者の4年館澤選手に、4月に連勝!さらに関東インカレでも激しい競り合いの最中、勝利!これは大いに盛り上がりました。

4年生が全体的にもう少しの成績が続く…

さて、その館澤選手を初め、その他の4年生は…。ちょっと悔しい前半シーズンだったのではないでしょうか。館澤選手は、インカレで負けただけでなく、日本選手権はハイペースの最中、完全に走力負けしてしまい、連覇を逃しました。

鬼塚・關・西川選手は試合は出ているものの、絶好調の状態には中々持っていけなかった印象。インカレは攻めていたものの惜敗でした。箱根駅伝2019MVPの小松選手も、春になってから中々思い通りのレースが少なかったです。

ロード型の松尾選手もインカレハーフは入賞惜しくも逃す10位、ゴールテープを切った郡司選手は怪我からようやく上がってきたところ。中島選手は試合には出るもののずっと低空飛行。高田・羽生選手は中々コンスタントに試合に出れない状態が続いているようです。

おそらく、それぞれ悔しさを強く持ったシーズンだったのかなぁと思っています。秋、駅伝もそうですし、トラックで記録を狙う事もできるかもしれません。それぞれの最終シーズン、悔いなく終わってほしいですね。

スポンサーリンク

【東海大学】大学駅伝2019-2020オーダー予想

さて、三大駅伝への出場が決まっているチームは、区間オーダー予想をしていきたいと思います。

出雲駅伝2019オーダー予想

1区(8.0㎞)鬼塚翔太④
2区(5.8㎞)館澤亨次④
3区(8.5㎞)阪口竜平④
4区(6.2㎞)塩澤稀夕③
5区(6.4㎞)名取燎太③
6区(10.2㎞)關 颯人④

万全ならこういうオーダーかなぁと。2年前の出雲駅伝優勝時から少しいじっていますかね。鬼塚選手でしっかりスタートを切って、2区以降、館澤・阪口・塩澤・名取選手でジリジリと抜け出していく。今年ならこれかな。

館澤選手は無難に4年連続2区、長身ストライドの塩澤選手は例年なら追い風の4区。關選手はトップで逃げる分には大丈夫だろうというオーダーです。それぞれ調子が良ければいけるはず。

全日本大学駅伝2019オーダー予想

1区(9.5㎞)塩澤稀夕③
2区(11.1㎞)關 颯人④
3区(11.9㎞)館澤亨次④
4区(11.8㎞)名取燎太③
5区(12.4㎞)鬼塚翔太④
6区(12.8㎞)西川雄一朗④
7区(17.6㎞)阪口竜平④
8区(19.7㎞)西田壮志③

ここは前回のオーダーにも似ていますね。2区關・3区館澤・5区鬼塚選手は変えなくてもいいかなと。これで關・鬼塚選手が昨年以上の状態なら抜け出せるはず。

空いた1区には塩澤選手。短い距離なので彼の方が適任かも。昨年詰められた4区と6区には名取・西川選手で万全。箱根2区候補の阪口選手7区で決めて、箱根5区候補の西田選手で悠々逃げ切るのがいいのかなと。

万全なら2冠は充分見えますね。

箱根駅伝2020オーダー予想

1区(21.3㎞)鬼塚翔太④
2区(23.1㎞)阪口竜平④
3区(21.4km)西川雄一朗④
4区(20.9km)名取燎太③
5区(20.8km)西田壮志③※山登り

6区(20.8km)小松陽平④※山下り
7区(21.3km)塩澤稀夕③
8区(21.4㎞)館澤亨次④
9区(23.1㎞)松尾淳之介④
10区(23.0㎞)郡司陽大④

連覇がかかる箱根。東海大としては、これまで経験の無いプレッシャーに苛まれることになりますが、最善のオーダーを考えていきたい。

2区が一番悩むところですが、今のところは2大会前68分台で走っている阪口選手ですかね。当時よりも走り込めると思うし、アップダウンのポテンシャルは高いと思います。郡司選手も狙っているようですが、さて夏にうまく状態を上がられるかどうか?

あとは1区鬼塚3区西川5区登りの西田選手、そして10区の郡司は同じ区間配置の予想です。9区は松尾選手が順調なら務まるはずです。4区名取・8区館澤選手は調子次第では入れ替えあり。

あとは6区ですが中島選手の低空飛行が気になっているので、現状は小松選手を入れて様子見。7区は自分の中では塩澤選手と關選手でバッティングかなぁと思っています。

順位は他にも面白そうなチームがたくさんあるので、何とも言えないですが、昨年以上の準備ができれば、結果がついてくるのかなと思います。


色んな意味で注目を浴びた世代がついに最終学年、最後の半年。駅伝ファンとして、少しでも実りあるように見守っていきたいですね。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 山本シイタ より:

    自分も予想してみました。
    まず阪口選手はエース区間。塩澤選手は風に左右されない区間。スタミナ区間は西田選手、松尾選手、名取選手、郡司選手の4人と約束事を決めてみたわけなんですがその結果が
    塩澤→館澤→阪口→關→名取→西田
    西川→關→館澤→鬼塚→
    塩澤→名取→阪口→西田
    西川→阪口→鬼塚→名取→西田
    館澤→塩澤→松尾→郡司→關です
    出雲は優勝のためには3区と6区おそらく東洋大がエントリーしてくるであろう選手2人が強力なんで先手必勝型オーダー以外ないかなと思います。そこで1区都道府県対抗の時に1区区間賞の塩澤選手。それか飯沢選手と悩みました。
    全日本はなるべく早く先頭に出て。ずっと先頭でレースを進めることを考えて組みました。3区までの黄金リレーはそのままに監督の信頼も厚い鬼塚選手を4区、地元の塩澤選手を5区で6区は名取選手を置いてみました。
    箱根なんですが本来6区の中島選手のインスタの投稿にうつ病の気配がみられます。その為、万が一を予想しておいて94回の前に6区構想のあった館澤選手を予想。戻れたら關選手を外して名取選手10区かな?
    ちなみに關選手を10区に置いたのは次の日の朝刊の写りが良さそうだからです。

    • hakonankit より:

      >山本シイタさん
      塩澤選手の1500mの力を1区に生かすのも一つ手ですね。昨年の経験者の西川選手とどちらかがいいか。出雲駅伝はうまくトップ争いできれば、4区關選手が強力ですね。中島選手は、ちょっと静養が必要なのかなぁ?連覇を目指すというのもなかなか大変なところです。

  2. アリストテレス より:

    やはり中島選手ですね、インスタを見たわけではないのですが他の方の反応を見る限り駅伝には出場できないことも頭に入れたいところです、ただ箱根では核といえるだけに東海大学の箱根に影響が出るのは必至かと・・・

    とはいえ巨大戦力を抱えている東海なのでそこは両角監督に適正ある選手を探し出してほしいですね

    • hakonankit より:

      >アリストテレスさん
      山下りは、両角監督になってからはずっとしっかり走れているイメージなので、もし中島選手がいけなくなった時でも何とかできるかな?長距離は精神ダメージが特に現れやすい競技なので、中島選手は焦らずケアしてほしいです。