スポンサーリンク

2016年度卒業生&2017年度大学駅伝に向けて~國學院大學

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

 
 
 
 
16予選13位、16予選8位、16全日本9位、17箱根16位
 
 
スポンサーリンク
 

國學院大學~2016年度卒業生&2017年箱根駅伝に向けて

スポンサーリンク

主な卒業生

蜂須賀源28分55秒95≪17:箱2区16位、16:全2区12位、予36位、15:箱1区14位、14:予8位、箱8区13位、13:予76位≫⇒コニカミノルタ
細森大輔29分07秒20≪17:箱1区11位、16:全1区7位、予14位、箱10区12位相当、15:全1区14位、予28位、箱6区14位、14:予63位≫⇒YKK
稲毛悠太29分13秒81≪17:箱4区19位、16:全4区12位、予84位、15:全4区14位、予62位、14:予75位≫⇒プレス工業
鈴木涼太29分29秒31≪17:箱10区18位≫
畑中大輝29分28秒97…全日予選組トップあり⇒中電工
市川創史30分32秒08≪17:箱5区17位≫
曽我部憲汰30分12秒70≪16:予123位≫
松本龍星29分38秒66≪16:予90位、15:予193位≫⇒
新電元工業
 箱根本戦は苦い結果が続きましたが、今シーズンは初めて全日本&箱根両方とも出場した年になりました。また、全日本予選で目立った選手など色んなランナーがいましたね。その中で1年生から箱根を出走したのは蜂須賀選手です。箱根予選で二けた順位を取り、箱根もそのまま出走します。覚醒したのは2年時の予選、個人8位59分29秒を出してきたのは驚き!春は一切姿を見せた無かっただけに結構な衝撃でした。その後1万も28分台をマーク、箱根は1区担当し区間14位と力を出し切れませんでしたが、その後のハーフでも62分台、エース不在と言われた國學院大で大きく注目の存在となりました。
 
 ただ、次の春先も故障し、そのあたりから歯車が狂います。初出場となる全日本予選には何とか間に合わせたものの1組18位。その後も故障がちで箱根予選は欠場、チームもまさかの予選落ちとなり、辛い状況となります。復帰したのは4年の5月になってから。全日本予選には間に合わせ最終組に登場。30分21秒かかりましたが、通過に貢献します。夏も継続した練習を積み、箱根予選は通過に貢献、全日本・箱根本戦ともにエース区間の2区で出走、区間二桁となりますが、まだまだこれからのはず。強豪のコニカミノルタで頑張ってほしいところです。
 
 細森選手は記録面で順調に伸びた選手ですね。1年時の学生ハーフで65分台を出すと、2年時の予選で出走、個人63位でチーム7番手の成績を残します。長身からのパワフルな走りが魅力的でした。箱根は山下りに起用、区間14位は攻めた結果でした。3年時はチーム全体が苦しむ中、チームトップとなり連合チームに選ばれ10区出走します。最終学年は名実ともに主力に成長、意外にも初出走となった全日本予選は4組で役目を果たすと、箱根予選も2年連続チームトップになります。駅伝は全日本1区が良かったですね。途中から叩き合いになった中区間7位とスターターの役目を果たします。粘りもありました。箱根は区間順位こそ11位ですが、集団の中で襷を渡しました。毎年積み立てていってほしいですね。
 
 一番最初に名前を聞いたのは実は稲毛選手で、1年時から全日本予選に出走、2組11位とチームに貢献しています。2年時には3組に登場し、どちらかというとトラックで活躍していました。箱根予選には2年時に出走し個人75位と成績を残します。ただ、本戦は出番は訪れず。もう少しというところで足踏みします。デビューとなったのは3年時の全日本。箱根予選落ちの失意の中、主要区間の4区を任されます。4年時も中堅選手の一人として全日本予選・箱根予選出走します。全日本4区出走後、ついに箱根もデビュー。安定感を期待されましたが、初の箱根路の壁は厚く区間19位、更に伸びてほしいです。
 
 他にも選手はいましたね。畑中選手は全日本予選で名前を見て、2年時の1組1位、3年時は1組2位。これは見事な成績と言えますね。箱根は最終学年に10区エントリーも当日変更。出走とはなりませんでしたが、ココというところで光った選手です。箱根を最後に射止めた選手が2名、市川選手は夏に登りの適性を見出し5区一本に絞り見事に出走しましたね。10区出走の鈴木選手は1年時に5千14分17秒1万29分34秒を記録したランナー。その後は足踏みが続きますが、4年の秋に1万のベストを更新、箱根の座を射止めています。
 
 他にも最終学年に箱根エントリーには入れませんでしたが、主力と変わらない持ちタイムを持っている選手がいますね。曽我部選手は2年時にハーフから台頭、3年の箱根予選では主力候補の一人でした。ところが前日に怪我で離脱、チャンスを逃します。冬にハーフで好走、最終学年の箱根予選はつに出走します。結果は良くなかったですが、上尾ハーフで63分台。10区予定となりますが今度も怪我で涙を呑みました。松本選手は3年・4年と箱根予選出走、4年時は90位と結果を残しています。また、3年時の全日本予選で最終組を任され、通過に貢献しています。2人とも一度は駅伝で見たかったですね。
 
 
スポンサーリンク

新チームの戦力分析

【新4年生以下1万ベスト10】
土方英和②29分13秒56≪17:箱3区18位、16:全5区4位、予79位≫
向 晃平④29分17秒38≪15:全2区14位、予78位≫
浦野雄平②29分17秒94≪17:箱6区17位、16:予114位≫
熊耳智貴④29分19秒25≪17:箱8区6位、16:全6区6位、予91位≫
芹澤昭紀③29分24秒61
磯邊翔太④29分32秒36
國澤優志④29分33秒34
≪17:箱9区10位、16:全8区13位、予102位、15:全6区16位、予150位≫
小田智哉④29分33秒38
軸屋 健④29分36秒22
江島崚太③29分39秒26
≪16:予139位、15:全3区14位、予93位≫
在校生1万上位10人平均15位29分26秒7
 
【その他、有力在校生】
小中駿祐③29分43秒47
渡邊 貴④29分43秒67
≪16:予116位≫
青木祐人②29分46秒10≪16:全3区10位≫
稲毛暉斗②29分46秒74
内田健太④29分47秒60
≪17:箱7区13位、16:予163位、15:全7区11位、予147位≫
松永拓馬④29分48秒76
蜂屋瑛拡③30分03秒27≪16:全7区6位≫
【新入生】
河上雄哉①14分27秒11≪16:高5区16位、IH1500m4位≫
柳田大輔①14分35秒66
臼井健太①14分36秒17
≪16:高2区10位≫
田川良昌①14分36秒86
藤村遼河①14分40秒83
新入生5千上位5人平均19位14分35秒3
 
【今から考える箱根駅伝オーダー予想】
青木-内田-土方-國澤-蜂屋  松永-向-軸屋-熊耳-浦野
 とにかく駅伝で戦っていけるチームを作っていきたいのですよね。全日本で少し光は見えていましたが、少しでも増やしていきたい。ひとまずは新4年と新2年のメンバーが中心になりそうでしょうか。熊耳・内田選手に、呼称が長引いている向選手は他校と闘える能力はあるはずなので、まず彼らが中心になってほしいところ。これに箱根に出走した新2年土方・浦野選手あたりも楽しみな存在ですね。1万の記録は29分10秒台に乗っていますし、今年一気に来るでしょうか。
 
 あとは國學院大らしく、1万29分台の選手がズラリ揃っています。その中で注目となるのは大器と言われる青木選手でしょうか。ハーフも64分前半と記録を伸ばしてきています。彼が主力になると急に戦えるチームになりそう。あとはハーフ64分台記録した小中選手や、1万のタイムが伸びた芹澤・磯部・軸屋選手、全日本好走している蜂屋選手、一般入試から地道に伸びてきた松永選手ら候補の選手は多いと思います。彼らの成長を見守りたいところ。
 
 新入生は珍しくスピードランナーが入りますね。IH1500m4位入賞している河上選手が入ってきますね。まずは関東IC等から得点し、チームに刺激が入ればというところですかね。一気にメンバーに入るのは厳しいですがじっくり積み上げてほしいところ。全日本予選と箱根予選共に現状ではボーダー上かという印象、個々きつい場面で粘れるようになっていきたいところだ。
スポンサーリンク

フォローする