スポンサーリンク

2017.2.19までの結果【八王子駅伝・青梅マラソン・熊日マラソンなど!】

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

ここ最近の駅伝・ロードレースの結果をまとめました。
 
 
 
スポンサーリンク

2017.2.5 第71回兵庫県郡市区対抗駅伝競走大会

(http://www.haaa.jp/16taikai/16eki/index0.htm)

1区(10㎞)
1位坂東悠汰(法大2)29分27秒
2位藤井亮矢(武蔵1)29分39秒
3位山田速人(トヨタ紡織)29分40秒
藤原直樹(関西学院大)29分40秒
6位堀尾謙介(中大2)29分43秒
柴田裕平(京大3)29分50秒
宮本甲斐(東海4)29分52秒
苗村隆広(中大2)29分53秒
山本翔馬(大東3)29分56秒
2区
牧浦聖士(東洋4)18分55秒
4区(8.195㎞)
1位高瀬無量(日清食品)24分04秒
4位藪下響大(明大4)24分52秒

 この大会結構いろんな選手が走るのですよね。法大の坂東選手が成長を感じますね。後続を振り切っての1区区間賞。それに続いた武蔵野学院の藤井選手も素晴らしいですね。トラックシーズンが楽しみです。
 

2017.2.12 第67回全関東八王子夢街道駅伝競走大会

(http://blog.neet-shikakugets.com/zenkanto-hachioji-yumekaido-ekiden-menippan-results)

1区(4.7㎞)
1位上田結也(創価1B)14分19秒
2位石島一真(日体3A)14分22秒
3位田崎聖良(亜大1D)14分24秒 4位坂野和久(創価2A)14分25秒 5位神崎 裕(中大2B)14分30秒
6位蛭田雄大(中大3C)14分42秒 7位山本雄太(亜大3A)14分45秒 8位武 雄介(亜大2E)14分48秒
9位今関拳人(亜大3B)14分52秒 10位嶋津颯太(桜美A2)14分59秒
2区(6.2㎞)
1位蟹沢淳平(創価3B)18分12秒
2位城越勇星(日体3A)18分15秒
3位米満 怜(創価1A)18分32秒 4位加藤風磨(亜大3A)18分35秒 5位茂川聖真(中大2C)18分44秒
6位上土井雅大(亜大1E)19分00秒 7位小橋 新(桜美1A)19分02秒 8位松浦大輝(東経3A)19分11秒
8位大木康生(慶大3B)19分11秒 10位中山 顕(中大2B)19分15秒
3区(5.7㎞)
1位大山憲明(創価3A)16分48秒
2位三澤 匠(創価3B)16分50秒
3位江連崇裕(中大3C)17分09秒 4位苗村隆広(中大2B)17分34秒 5位鈴木優斗(東経1A)17分35秒
6位六本木敦輝(亜大H)17分39秒 7位玉城柾人(日体3A)17分40秒 8位有谷昭宏(亜大3E)17分42秒
8位関根 諒(亜大3C)17分42秒
4区(4.1㎞)
1位竹下和真(創価1A)11分50秒
2位馬場絢也(日体3A)11分59秒
3位松村陣之助(城西4)12分02秒※城西・中大連合 4位横田大地(亜大2B)12分03秒
5位関口康平(中大1B)12分07秒 6位二宗広大(創価2B)12分13秒 7位梅本龍太(亜大2A)12分16秒
8位石黒和寿(中大1C)12分17秒 9位池田 準(亜大3C)12分20秒 10位秦 涼輔(法政大二部B)12分22秒
総合結果
1位創価大B1:01:34 2位創価大A1:01:35 3位日体大A1:02:16
4位中央大C1:02:52 5位亜大A1:03:23 6位中央大B1:03:26
 創価大がBとAが激しい優勝争いを演じましたね。前半上田・蟹澤選手で連続区間賞獲得したBチームが、大山・竹下選手の後半区間で連続区間賞をとったAチームが激しく追い上げました、結果は1秒差でBチームが逃げ切っていますね。
 
 他では城越・石島選手が頑張った日体大が3位、亜大田崎選手や中大江連選手の奮闘、城西大の松村選手の元気な姿もありました。
 
 

2017.2.19 第51回青梅マラソン

(http://www.sportsmovie.info/taikai/2017/0219ohme/)

1位チェボティビン エゼキエル(東邦リファイン)1:30:49
————————————
3位神野大地(コニカミノルタ)1:31:33
4位押川裕貴(トヨタ自動車九州)1:31:38
9位口町 亮(東洋4)1:34:54
12位東福龍太郎(法大2)1:35:30
15位土井大輔(法大2)1:37:13
18位唐本直登(東洋3)1:39:02
23位湊谷春紀(東海2)1:39:44
24位山口健弘(東洋2)1:39:51
26位渡辺瑠偉(専大4)1:40:36
33位土壁和希(東洋1)1:43:36

 神野選手が戦前に大会記録でトップになると宣言し、注目が集まった大会ですね。結果的に神野選手は日本人トップだったものの目標には届かない結果に。本人は「マラソンが怖くなった」ということでしたが、外国勢に勝負を仕掛けた上の結果。怖がらずにこれから脚を作っていって、マラソンにチャレンジしてほしいと個人的に思います。
 学生では口町選手がさすがにメンツを保ったという印象ですかね。その他では法大の東福選手が大健闘ですね。やっぱり長い距離になるとしっかり走ってくるなと思いました。これからが楽しみですね。
 
 

2017.2.19 金栗記念 熊日30キロロードレース

(https://www.kumamotojyo-marathon.jp/data2017/30km_2017.pdf)

1位上野裕一郎(DeNA)1:30:17
2位高久 龍(ヤクルト)1:31:18
3位佐護啓輔(安川電機)1:31:39
—————————–
三原卓巳(日体2)1:34:54
苅田広野(拓大3)1:35:11
中井槙吾(拓大1)1:36:20
櫻岡 駿(東洋4)1:37:12
室伏穂高(日体2)1:38:41
酒匂郁海(日体2)1:38:55
森崎拓海(日体2)1:39:58
江連 翼(日体2)1:41:06
 ニューイヤー駅伝前から絶好調だった上野選手が30㎞で優勝!じわじわと走れる距離を伸ばしてきていますね。また近いうちにマラソンに挑戦するときが見れるかも??
 学生では苅田・室伏選手ら箱根経験者に、三原・中井選手ら未経験者が健闘していますね。1年生の中井選手の記録は中々ではないでしょうか?これからのシーズン戦力になってくるかもしれませんね!
 
スポンサーリンク

フォローする