スポンサーリンク

第93回箱根駅伝オーダーをワイワイ語ろう!~東海大学編

 
1年生往路に大量起用か、どちらに転ぶ…!?
 
 
16箱根5位、16出雲3位、16全日本7位
 
 
スポンサーリンク

東海大学~箱根駅伝2017オーダー予想

スポンサーリンク

エントリー選手独断ランク付け

6点:エース区間、山で区間上位をとれる選手
關 颯人①28分48秒63≪16:出3区1位、都5区1位、15:高1区1位、国体5千15位≫
5点:エース区間で区間中位以上いける選手
鬼塚翔太①28分55秒26≪16:全1区10位、出1区2位、都1区2位、15:高1区4位、国体5千3位、IH5千13位≫
館澤亨次①29分50秒67≪16:全3区1位、出2区2位、都1区6位、15:高1区6位≫
4点:主要区間で区間上位でいける選手
石橋安孝④28分52秒59≪16:全4区6位、箱4区2位、15:全2区7位、出6区3位、箱7区7位、14:全7区2位、予127位、13:予23位≫
春日千速③29分05秒39≪16:箱2区15位、15:全4区10位、出3区6位、箱8区5位、14:予102位≫
國行麗生③29分25秒80≪16:全6区2位、箱6区11位、15:全7区6位≫
松尾淳之介①28分59秒85≪16:都5区7位、15:高1区23位、国体5千9位≫
3点:繋ぎの区間で区間上位で走れる選手
林竜之介④29分34秒08≪16:全8区9位、箱8区6位、15:全6区5位、出5区4位≫
湯澤 舜②29分13秒44
川端千都③28分44秒71
≪16:全2区13位、出4区6位、箱7区12位、15:全1区10位、出1区5位、箱2区7位、14:全2区8位、予15位≫
高田凜太郎①28分57秒91≪16:全5区5位≫
2点:繋ぎの区間で区間中位で粘れる選手
宮本甲斐④29分15秒71
郡司陽大①29分22秒13
≪都1区33位、高1区20位≫
中島怜利①29分16秒18≪都5区9位、高6区2位≫
1点:繋ぎの区間で耐えられる選手
瑞慶覧伸哉④29分38秒09
阪口竜平①30分12秒64
≪都1区5位、高1区5位≫
 
0点:これまでの実績だと苦しい?or未知数
 
上位10人合計:41点
(参考:30点前後でシード争い、40点以上で優勝争い)
 
5千上位10人平均-1万上位10人平均-ハーフ(20㎞換算含む)上位10人平均
*2位13分52秒6-*4位29分00秒9-*4位63分06秒
7
「のるか、そるか」という言葉を両角監督は使ったが、本当にどうなるのか。既にある程度区間オーダーは公言しており、スターターは1年鬼塚選手、エース区間2区は關選手が1年生記録を狙う、山登りは舘澤・松尾選手の共に1年生が競い、山下りも1年中島選手がセンスあるとか。往路で4人、全体で5人以上は起用されそうな勢いだ。この勢いに上級生がどれだけ意地を出せるかもとても大事になりそう。
 
ひとまず3年生は面白く、國行選手が好調、春日&川端選手も調子を取り戻しつつあるようだ。これに全日本出走もその後故障した石橋選手、失敗レースとなった林選手が本来の走りができるようになれば、どの区間も強力になってくる。前哨戦のレース、1年生が多いということで安定感が不安なのは否めないが、どのチームよりも爆発力が高そうだ。
 
 

オーダーを組んでみる

鬼塚翔太①-關 颯人①-國行麗生③-松尾淳之介①-館澤亨次①
中島怜利①-春日千速③-高田凜太郎①-川端千都③-湯澤 舜②

 色々と思いつつも、1年生を発表通りの位置に、他の区間に自分の思う選手を配置した。1区は鬼塚選手をすんなり置いた。出雲・全日本それぞれ大学駅伝の1区を経験することもできたし、長い距離も自信ついたと思います。得意のスパートを活かしたい。2区は相当迷った。いくら素質の塊とはいえ、12月頭でまだ万全ではなかった1年生をエース区間の2区に配置するのか、松尾選手か昨年の経験者春日選手の方がいいのではないかと…。ただ、駅伝になればプラスαが出せる選手だし、他のオーダーがしっかり組めるのなら取り返しは可能と思い、2区に置く。どれくらい走れるか。

 
 続く3区には上級生を置いて流れを作り直したい。色々考えた中、配置したのは國行選手。全日本6区では一時はシード権内にチームを押し上げるガッツを見せた。しっかりと前を追ってほしい。4区は個人的に秘密兵器と思っている松尾選手。1年生らしからぬ安定感と長い距離の強みが武器という選手だ。登り候補にも挙がるくらいなので、準エース区間4区でもしっかり走れそうだ。
 
 さて、もしかすると一番注目になるかもしれない5区。全日本3区で強気の根性走りで区間賞を獲得した舘澤選手がとても適性が高いという。強豪校の監督からも”山の神”が出るとするとここ、としている。本人の長い距離の苦手意識がちょっと心配だが、思い切って起用してみたい。6区にも1年生中島選手。男鹿駅伝で抜群の適性を見せていて、距離もそつなくこなしている。目立ちたがり屋の彼の爆走にも期待だ。
 
 ここまで6区間中1年生が5人…。とてもワクワクするオーダーだが、リスクも高い。なので7区は何があったとしても再び流れを引き寄せる区間にしたい。上級生で一番力があるのは前回2区の春日選手だろう。調子自体はもう問題がないと思うので自慢の走力を発揮してほしい。同じ3年の川端選手も同じことが言える。長い距離の練習自体は出来ているということで何とか9区出走できないだろうか。元々長い距離のほうが強いはずなので、何とか調子を上げてほしい。
 
 残り2区間。そのうち10区は2年湯澤選手が面白いと思います。5千のタイムはエントリーメンバー中最下位ですが、ハーフは63分前半。長い距離に適性が高い選手だ。8区は悩んだ末、こうなった。力のある石橋・林選手、最後に上がってきた宮本選手ら4年生を差し置いて、6人目の1年生高田選手。持ちタイムは高いし、秋からずっと安定して結果を出しています。十分区間上位で走れると思います。4年生0人の予想オーダーになりましたが、僕が思う上位10人です。
 
 もし、石橋選手が全日本後にケガをしていなければ7区石橋選手8区春日選手の予想だったかな。あとは2区と4区を逆にすべきかも悩んだり…。ただ、かなり高いレベルでの出場争いになってきたのも確かです。出雲はフレッシュなオーダーで一時はトップ疾走、全日本は調整ミスでシード権を逃した。箱根は果たして、どんな成績となるのか。どの区間も目を離せない展開になりそうだ。