スポンサーリンク

第90回箱根駅伝予選詳細結果Ⅰ

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

第90回箱根駅伝予選会2014の詳細結果の記事になります。
 
まずは、通常の10枠でもつうかしたチームの詳細になります。
スポンサーリンク

 第90回箱根駅伝予選会2014詳細結果(上位10校)

1位東京農業大学10時間4分35秒
10位戸田雅稀②59分42秒
11位津野浩大④59分43秒
19位竹内竜真③60分00秒
28位土井久理夫③60分24秒
31位岩渕慎矢③60分26秒
34位三輪晋太朗④60分28秒
48位佐藤達也④60分40秒
66位遠藤凌平②60分55秒
75位浅岡満憲③61分03秒
85位大橋真弥②61分14秒

163位山浦大輔②62分15秒
269位西村昌悟①64分12秒

 予想した際に寄せられたコメントで「農大調子いいよ」というのがありましたが

、これほどまであがるとは思いませんでした。28分台出した津野選手他、戸田選手が対応、竹内選手も復活や土井選手の台頭もありました。また三輪選手は大橋選手らPMで5㎞15分29秒で入ってこのタイムで驚きました。総合タイムは昨年の日体大を上回りました。

 
今からしてみるオーダー予想(全日本なしのみ)
竹内-津野-戸田-浅岡-土井 三輪-大橋-遠藤-佐藤-岩渕
 昨年は予選で良かった選手を序盤に使うも崩れました。上位に入った選手が強さが身について、レースの流れに乗りたい所でしょう
 
 

2位山梨学院大学10時間5分33秒
1位エノック オムワンバ②57分57秒
5位井上大仁③59分25秒
41位森井勇磨④60分35秒
49位田代一馬②60分41秒
50位佐藤孝哉①60分42秒
59位兼子侑大③60分51秒
83位伊藤淑記①61分11秒
86位磯野裕矢②61分14秒
101位有泉潤③61分27秒
105位前田拓哉②61分30秒
119位前田直人②61分50秒
156位山本新②62分11秒

 

 エノック選手はさすがでした。怪我の影響もあったか前に出る場面はほとんどありませんでしたが、57分台はマーク。井上選手も終盤かなり追い込んできましたね。この2本は強い。期待の森井・佐藤・兼子選手らがもう少し上がり切りませんでしたが、新戦力の伊藤・磯野選手らがぐんぐん終盤順位を上げていって61分前半に入ったのは収穫。田代選手も今回は良かったですね。少しメンバーが入れ替わるかもしれない全日本本戦果たしてどうなるか。

 
 

3位東海大学10時間6分36秒
18位白吉凌②59分59秒
21位廣田雄希①60分10秒
23位石橋安孝①60分13秒
43位吉川修司③60分37秒
61位今井拓実②60分53秒
62位石川裕之③60分53秒
64位荒井七海①60分54秒
70位上原将平④60分56秒
72位元村大地④61分00秒
73位土屋貴幸①61分01秒
74位桐原翔太①61分02秒
94位福村拳太①61分21秒

 

 主力の中川選手が怪我で欠場、元村選手も足の状態が万全でない、更に15㎞手前でチームトップを走っていた土屋選手に接触等のアクシデントがありながらもトップ12人が全員100位以内でゴール。昨年とは全く違う光景だった。白吉選手が59分切に、1年生全体の個人トップとなった廣田・石橋選手ら、これまで目立った実績が少なかった今井選手ら全員がしっかり走り切りました。

 
今からやるオーダー予想(欠場の主力は8割型としておきます)
廣田-白吉-元村-吉川-石橋 荒井-中川-今井-土屋-上原
エース区間のめどさえたてば、ちょっと面白いかもしれませんね
 
 

4位神奈川大学10時間7分32秒
6位柿原聖哉③59分25秒
7位我那覇和真②59分29秒
20位西山凌平②60分08秒
44位柏部孝太郎③60分37秒
52位小泉和也③60分42秒
77位東瑞基①61分03秒
78位井上雄介③61分05秒
84位高山直哉③61分13秒
128位菅原涼介③61分54秒
134位中神恒也①61分56秒

148位坂本翔太④62分06秒
177位石橋健①62分34秒

 

 中堅落ちでどうかと思われましたが、何も心配ない…どころかいつもより上位通過。柿原・我那覇・西山選手3人がしっかり稼ぐ。箱根出走の柏部・小泉・井上選手と、新戦力の東・高山選手が5㎞通過150位前後から見事なビルドアップをみせました。しっかり力がついたランナーを選んでいたようですね。

 
今からやるオーダー予想
柿原-我那覇-小泉-東-西山 南-赤松-高山-柏部-井上

 南・赤松選手らが復帰できれば層は厚くなります。前回もシード争いに絡んでいましたし、いいオーダー組めれば、シード権奪取もありえます。
 


 

5位國學院大學10時間8分30秒
13位寺田夏生④59分53秒
26位柿沼昴太④60分22秒
55位吾妻佑起②60分45秒
58位廣川倖暉②60分49秒
68位牛山雄平④60分55秒
71位沖守怜③60分57秒
76位蜂須賀源①61分03秒
82位中瀬薫②61分10秒
87位稲毛悠太①61分16秒
93位塚本一政③61分20秒

99位大下稔樹③61分26秒
154位湯川智史③62分09秒

 

 100位以内にズラリと揃えてきたあたりはさすがの堅実さですね。寺田選手は中盤仕掛ける場面を作っての13位でまずまずか?柿沼選手も力強くなりました。それに続くと思われた沖守・大下選手がどうなるかと思っていたのですが、吾妻・廣川選手ら2年生や1年生の蜂須賀選手ら。これはもう底上げがしっかりなされたとみていいのではないでしょうか。

 
今からやるオーダー予想
柿沼-寺田-廣川-牛山-吾妻 稲毛-蜂須賀-大下-沖守-塚本

 箱根2区は寺田選手しか走れないように見えます。あとは似たような成績が多いですし、ラスト2か月で更なる変化がありそうな気がします
 


 

6位大東文化大学10時間9分51秒
8位市田孝③59分37秒
9位市田宏③59分39秒
25位片川準二④60分21秒
39位植木章文③60分33秒
51位池田紀保③60分42秒
53位平塚祐三③60分43秒
123位大西亮④61分53秒
137位大隅裕介②61分58秒
155位森橋完介②62分11秒
160位北村一摩①62分14秒
166位徳原宗一郎③62分20秒
265位吉川修平④64分09秒

 

 上6人が凄いのですが、下がかなり開いてしまいました。市田兄弟は終始目立った中59分30秒代、片川選手も上位、植木・池田・平塚選手の成長もあったのですが、大西・北村選手ら期待されていた選手一部が集団走からあげていくことができませんでした。大崎選手欠場も響きましたかね。森橋・徳原選手ら思ったより良かった選手もいました。全日本を市田兄弟中心に上位に食い下がったのち、箱根で仕切り直しといきたい。

 


 

7位専修大学10時間9分56秒
22位齋藤翔太③60分11秒
33位吉良充人③60分28秒
38位芝田俊作③60分31秒
47位濱野優太①60分40秒
60位松尾修治④60分52秒
79位森口瑞規④61分06秒
97位丸山竜也①61分23秒
98位澤野健史④61分24秒
113位上野大空④61分40秒
114位中山賢太③61分41秒
121位後藤竜也④61分51秒
196位坂本竜平①62分55秒

 

 予選落ちの予想もあった中、攻めの走りで通過切符を取りました。齋藤・吉良・芝田・松尾・澤野選手ら主力が最初の5㎞15分切、他の選手も全て15分08秒程で入り、最後まで耐え抜きました。エースの齋藤選手に吉良・芝田選手ら3年生が良かった。それから1年生が驚き、濱野選手47位など1年生も頑張りました。

 
今からやるオーダー予想
吉良-斉藤-芝田-澤野-濱野 中山-丸山-森口-松尾-上野

 現状では主要区間中心に少しずつ力不足ですが、今回ちょっと下がってしまった4年生らが頑張って更にチームを盛り立てたいところだ。
 


 

8位日本大学10時間11分39秒
2位ダニエル ムイバ キトニー②58分00秒
30位荻野真之介②60分26秒
35位竹ノ内佳樹③60分30秒
45位林慎吾③60分38秒
102位森谷修平④61分27秒
109位日向野聖隆④61分33秒
126位高松峻平③61分53秒
157位石川颯真①62分12秒
170位大門友也③62分25秒
179位田村優宝④62分35秒

217位内田和祈③63分14秒
261位村越直希③64分06秒

 

 キトニー選手のレースっぷりは良かったですね。抜け出してからはほとんど集団を引っ張っていた印象です。そのまま58分ジャスト。全日本アンカーと箱根2区でもいい走りを期待できそうです。ただ、それでも通過が中位になったのは残念。先頭集団に積極的にいた荻野・竹ノ内・林選手はまあ力は出した。後ろの集団走が5㎞→10㎞で順位をあげたのはいいですが、そこからバラバラになりました。まだ20㎞仕様にはしていなかったか?石川選手もスタミナ不足を露呈しました。ただ全日本の距離は今のチームには良い可能性はありそうです。

 
 

9位拓殖大学10時間11分53秒
17位ダンカン モゼ④59分57秒
36位佐護啓輔③60分30秒
40位栩山翔②60分33秒
63位東島彰吾②60分53秒
65位金森寛人②60分55秒
91位宇田朋史①61分20秒
116位奥谷裕一④61分42秒
140位早川和樹③62分00秒
142位新井裕祟①62分00秒
146位尾上慎太郎③62分03秒

172位木寺良太④62分26秒
240位櫻井一樹③63分38秒

 

 少しチグハグな感じになってしまったでしょうか。佐護・栩山・金森選手に期待の東島選手、それから1年生の宇田選手は頑張ったと思います。ただ、ダンカン選手が終盤に急落するなど、終盤に垂れてしまった選手もちらほら。奥谷・木寺選手は4年生としてもう少しいってほしかったところ。

今からやるオーダー予想
東島-佐護-ダンカン-金森-栩山 尾上-奥谷-宇田-木寺-櫻井

 安定感が少し不安に感じるでしょうか。また、きつい練習が始まるかもしれません。
スポンサーリンク

フォローする