スポンサーリンク

【神奈川大学】箱根駅伝2020へ展望~新チーム戦力分析と新入生情報、箱根のまとめも!

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

第95回箱根駅伝2019が終わり、卒業生の進路、新入生の情報が発表され、

なにより、在校生が次の箱根駅伝2020に向けて動き出しています。

…というか新年度に入ってますね。

箱根駅伝2019の簡単な振り返りと、箱根駅伝2020への現時点での戦力分析をしていきたいと思います。

今回は神奈川大学です

スポンサーリンク

神奈川大学の【箱根駅伝2019まとめ】

16位神奈川大学11:15:51
1区山藤篤司④15位63分22秒[15]0:47
2区越川堅太③15位69分19秒[15]2:35
3区井手孝一②9位63分29秒[14]3:33
4区枝村高輔④21位65分34秒[17]8:05
5区小笠原峰人②22位77分57秒[18]13:10
往路18位5:39:41

6区荻野太成③7位59分29秒[18]14:27
7区多和田涼介④14位64分59秒[18]15:41
8区安田 響①15位67分10秒[18]18:57
9区北﨑拓矢②4位70分17秒[17]19:38
10区佐久間勇起④20位74分16秒[16]23:42
復路11位5:36:10

1区山藤選手…4年生エースが、大学駅伝6度目の1区ということで、集大成的なレースが期待されましたが…残念ながらピークを合わせる事ができませんでした。勝負どころの六郷橋で後ろの方に後退。区間15位の悔しい結果でした。

2区越川選手…続いて今年急成長した越川選手がエース区間の2区を出走。少し難しい位置で走り出したこともあり、順位をあげることはできませんでしたが、次につながる69分前半だったと思います。

3区井手選手…秋の箱根予選で突如63分前半のハーフタイムを出してびっくりしたのですよね。そのあと怪我してギリギリ間に合わせた状態だったそうですが、終盤にペースが落ちない見事な走り。区間9位で、シード権争いに乗っていけそうな位置にチームを押し上げました。

4区枝村選手…2度目の4年生で2年連続箱根出走、連続でアンカーの予定でしたが、予定の安田共選手が怪我。急きょ代役で出走しましたが、後半に低体温症気味になり大きく失速。無念の最後の箱根路でした。

5区小笠原選手…難しい流れで襷を受け取った小笠原選手。非常に苦しい山登りになりましたね。じりじりと前のチームから引き離されていき、気が付けば区間最下位。チームとしても2年連続でまさかの鬼門の区間となってしまいました。

6区荻野選手…一転、空気を変えたのが前回5区最下位の荻野選手。山下りはやや予想外でしたが、思いっきり突っ込むと、小涌園までは区間トップ争い!アップダウンはやはり適性高かった。終盤脚が止まりましたが、混戦を抜け見た目12番目の襷リレーはチームを盛り立てました。

7区多和田選手…最上級生になって、ついに飛躍を果たした選手ですね。後ろの混戦に巻き込まれてしまいましたが、最後にもう一度前に出て集団の先頭でリレー。最低限の役割は果たせたと思います。

8区安田選手…1年生少し驚きの抜擢でした。遊行寺坂まではしっかり集団に付く事ができましたが、ラスト3㎞持たなかったですかね。同学年の選手にもつけなかったのは悔しいところ。成長の糧にできれば。

9区北崎選手(個人的MIP)…そんな中、一番の収穫だったのは2年北崎選手。早い段階で前の集団に追い付くと、中盤以降は集団の主導権を握る走り。そしてラスト3㎞で突き放して、見た目12番目でリレー。区間4位の快走でした。

確かに昨年の今頃から、長距離ロードで少しずつ結果を残し始めていた選手。ただ、箱根予選はやや苦戦したこともあり、復路の繋ぎかなぁと思っていたら…ここで大きく爆発してきましたね。新年度が楽しみな選手です。

10区佐久間選手…故障者が出て空いた枠、勝ち取ったのは、最初で最後の大学駅伝となる佐久間選手。箱根予選で走れませんでしたが、その後の大会で結果を出したことも一押しになりましたかね。くかんじょういとはいきませんでしたが、無事大手町に襷を運びました。

スポンサーリンク

2019年神奈川大長距離・主な卒業生と進路

山藤篤司28分25秒27≪19:箱1区15位、18:全1区9位、予16位、箱1区6位、17:全1区4位、出1区2位、箱1区5位、16:予10位、箱3区12位、15:全2区14位、予120位≫ ⇒ トヨタ自動車
多和田涼介29分04秒58≪19:箱7区14位、18:全3区14位、予24位、15:全5区18位≫
枝村高輔29分30秒59≪19:箱4区21位、18:予103位、箱10区7位、15:予156位≫
佐久間勇起29分32秒83≪19:箱10区20位、予151位≫
鈴木健太29分57秒88
田中翔太29分59秒87
徳川稜汰30分03秒20≪19:予289位、17:予337位≫
阿比留和弘30分05秒37
鈴木奏太朗30分18秒07
田中尚人30分25秒43≪18:予189位≫
杉優一朗half13分58秒77

最初の大学駅伝(全日本)で、2人がデビューして、あとは上級生になってからだったのですね。そのうちの1人が入学時から期待された山藤選手で、その後4年間箱根を走り続けています。

記録会で攻めていくことが多かった選手。それが仇となり、2年時の全日本予選で過呼吸で倒れたのは今も語り草となってますかね。それを精神的に乗り越えてからまた一段と強くなった印象です。

駅伝ではスターターを務める事が多かったですが、2年箱根、3年出雲・全日本は特に大きく貢献!4年次が悔しいレースが多かったですが、強豪トヨタ自動車での飛躍する糧になれば。

もう1人1年時に駅伝デビューした多和田選手は、少し時間がかかりましたね。3年時に1万29分04秒をマークしますが、駅伝出走の機会は訪れず。4年時の箱根予選で好走を見せ、全日本・箱根と駅伝メンバーに選ばれました。

その他の選手は激しい争いの最中でしたね。一人5年生の枝村選手は4年時アンカー、5年生で4区を務めています。あとは1満30分前後の選手が多くチャンスをつかむのにあと少しという選手もいました。

その中で佐久間選手が最後の箱根アンカー、田中尚・徳川選手が箱根予選で出走を果たしています。また、春に5000m13分台をマークした杉選手もキラリと光りました。

神奈川大学の【箱根駅伝2020】へ向けて~平均タイム・新入生情報など!

神奈川大・新チームの持ちタイム上位16名

※2019年4月15日現在

5000m持ちタイム10000m持ちタイムハーフ持ちタイム
荻野太成④13分48秒27
安田共貴④13分55秒36
越川堅太④13分57秒84
宗 直輝④14分03秒74
落合葵斗②14分06秒72
成瀬隆一郎③14分10秒15
川口 慧②14分11秒54
北﨑拓矢③14分13秒38
安藤 駿④14分16秒28
井手孝一③14分16秒87
越川堅太④28分53秒11
宗 直輝④29分16秒83
荻野太成④29分17秒50
落合葵斗②29分25秒48
安田共貴④29分26秒20
北﨑拓矢③29分40秒71
森 淳喜④29分41秒95
安藤 駿④29分43秒51
藤村共広④29分45秒30
菊池夏規③29分49秒02
越川堅太④62分51秒
井手孝一③63分39秒
安田共貴④63分41秒
宗 直輝④64分08秒
藤村共広④64分08秒
荻野太成④64分19秒
小笠原峰人③64分27秒
北﨑拓矢③64分33秒
川口 慧②64分35秒
森 淳喜④64分40秒
上位10名平均8位14分06秒0上位10名平均17位29分29秒9上位10名平均13位64分06秒1
安田 響②14分17秒13
藤村共広④14分18秒37
島崎昇汰①14分20秒84
西方大珠②14分24秒58
呑村大樹②14分25秒04
日野志朗④14分25秒39
日野志朗④29分53秒79
安田 響②29分54秒29
西方大珠②29分54秒35
井手孝一③29分55秒35
古和田響④29分56秒75
髙橋祐哉②30分08秒60
安田 響②64分50秒
日野志朗④64分58秒
原塚友貴③65分21秒
古和田響④65分24秒
安藤 駿④65分45秒
長根浩太④66分29秒

5000mが一番良くてトップ10に入っているのは驚きですね。荻野・越川選手らスピードのある選手がしっかり記録を出した、ここ数年いいスカウトができていた、ロード型とみられる安田共・北崎・井出選手が5000mでも結果を出しているというのがありますかね。トップ10に入る潜在能力はあるのかもしれません。

そこから10000m17位、ハーフ13位。僅差ではありますが、長い距離はまだ不安定な面があるということでしょうか。10000mは多分走ればもっと出るだろうなという選手がかなりいるような感じかな?

個人的にはハーフに関しては、ある程度今の実力を反映しているように見えますがどうでしょうかね?62分台1人、63分台2名、そのあとは64分台がずらり。箱根予選はアクシデントがなければいけるレベルにはあると思います。

スポンサーリンク

神奈川大駅伝部2019・新4年生以下の主力選手

越川堅太④28分53秒11≪19:箱2区15位、18:全8区6位、予15位、箱3区11位、17:全5区1位、出4区7位、箱3区15位、16:予63位≫
宗 直輝④29分16秒83≪17:出5区9位≫
安田共貴④29分26秒20≪18:全2区9位、予44位、箱6区9位、17:全6区4位≫
荻野太成④29分17秒50≪19:箱6区7位、18:全5区8位、予78位、日本IC3障2位、箱5区20位、17:全3区5位、出2区5位≫
森 淳喜④29分41秒95≪18:全6区7位≫
藤村共広④29分45秒30
古和田響④
長根浩太④half66分29秒

北﨑拓矢③29分40秒71≪19:箱9区4位、18:全4区16位、予98位≫
井手孝一③29分55秒35≪19:箱3区9位、18:全7区9位、予43位≫
原塚友貴③30分42秒47
小笠原峰人③half64分27秒≪19:箱5区22位、18:予112位≫
成瀬隆一郎③

落合葵斗②29分25秒48
安田 響②29分54秒29≪19:箱8区15位≫
西方大珠②29分54秒35≪18:日本IC3障8位≫
川口 慧②32分12秒94≪18:予102位≫
淵田凌一②half66分54秒

4年生の世代は、2年ほど前から粒ぞろいと言われていましたよね。長身ストライドで話題になった越川選手も、駅伝で最長距離区間を任せられるようになるくらい成長しています。

またスピード区間もスタミナ区間もしっかりまとめられる力を持つ安田選手、3障とアップダウンが得意な荻野選手も頼りになる存在。またスピードのある森、ハーフ64分少しの藤村選手も戦力候補。他にも復活待たれる宗選手など選手層は厚いですね。

3年は今年の箱根駅伝で好走した選手が2名います。昨年秋以降一気に往路でも戦える力を付けてきた井手選手に、ロード強い北崎選手がいます。これに地道に積み上げてきた原塚・小笠原選手、スピードはある成瀬選手らが加われるか。

2年生の世代も、1万の持ちタイムはいいのですよね。箱根デビューした安田選手、箱根予選走った川口選手、3障得意の西方選手。更に1万mでは断トツでこの世代早い落合選手がどうなるか気になっています。ここもこの1年で力を付けそう。

神奈川大学駅伝2019・新入生情報

島崎昇汰①14分20秒84≪19:全国1区14位、18:高校4区25位、IH1500m6位≫
有村祐亮①14分28秒52≪18:高校3区25位≫
鈴木玲央①14分30秒27≪18:高校4区37位≫
山﨑諒介①14分32秒27≪18:高校3区8位≫
谷本勇陽①14分35秒20≪18:高校4区15位≫
中野翔太①14分37秒06≪19:全国5区23位≫
上位5名平均16位14分30秒
瑞羽 星①14分38秒88≪18:高校2区13位≫

ここ数年のような14分10秒台の選手の入学こそなかったものの、中堅ランナーは安定して獲得できるようになってきています。

まず先陣を切っているのは、IH1500m6位入賞の経歴を持つ島崎選手。5000mも既に5秒程自己ベストを更新しています。まずはインカレなどで大学対抗の雰囲気を味わえれば。

他のランナーは大学デビューはまだですが、注目なのはみんな高校駅伝など全国的な駅伝を経験している事。もっともいいのは山崎選手の高校3区8位。留学生が複数走っている区間ということを考えるとかなりいいです。

あとは有村・鈴木選手ら主要区間で中位くらいというところ。神大の育成力でじわりじわり走力を上げてきてくれそうな気配です。

神奈川大学【箱根駅伝2020へ向けて】戦力分析

各学年に主力はいて、バランスはいいチーム!

山でブレーキがあったとはいえ、本戦は16位。卒業生も何人かいて、今年もまだまだ我慢の年なのかなと思いきや、学年ごとに見てみると、思ったよりも選手が揃っていることに気づきました。

エース区間を任せられている4年越川選手に、それと同等の力を持っているとみられる同じく4年安田選手。更に箱根駅伝で区間一桁の好走を見せた4年荻野、3年井手・北崎選手。主要区間を埋める核となる選手が揃っています。

他にも日本学生ハーフで64分台でベストを出した3年藤村・小笠原選手、復活待ちの4年宗・森選手ら上級生で面白いランナーが続々と登場しています。流れに乗れれば面白いチームなのですよ。

どこまで箱根本戦を見据えつつ、箱根予選を戦えるか

まあ、神大は箱根本戦の直前で故障・体調不良者が複数人出て、その対応に追われてるのが、他のチームよりも少し目立ってしまってるのが(汗)

あと、以前は平地より山登りがうまくいっていたのですが、ここ最近は鬼門の区間になりつつあるのが気になっているところです。予選スタートは難しいところですが、このあたりうまく対策が取れればと思います。

箱根予選に関しては今のところ通過は大丈夫。全日本予選はチャンスありというところかなぁ?それぞれしっかり望んで上位進出ができたらと感じます。

個人的には新2年がどれだけレギュラーに食い込むか楽しみ

さて、万全に準備しても少しはミスが出るもの。そうなるとしっかりとした選手層を構築したいところですが、。ポイントは2年生になってくるかと思います。

持ちタイムは比較的早く1万30分切、または主要大会を任された選手は多いです。3障で日本インカレ入賞の西方選手、箱根予選出走の川口選手、箱根8区出走安田選手、更に1満29分25秒の落合選手。それぞれ光るものは持ってます。

彼らが4年3年の選手層の中に割って入るくらい、一気に伸びてくると選手層がぐっと厚くなってきます。そうなれば、3年ぶりのシード権奪回という展開も見えてくるはずです。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ライオンズファン より:

    鈴木健吾世代が強かったこともありますが、この世代は最後の箱根で誰も区間一桁で走れなかったことを見ると、やや厳しい見方もやむを得ないかもしれません。山藤選手も最後はプレッシャーに押し潰された印象です。

    さて、選手層が薄くてやや心許ない感じではありますが、4年生世代の面子を考えると、勝負の年だと思います。ここでシードを獲得してまた強さを取り戻せるか、それともシード落ちで例年の予選会番長ポジションに戻ってしまうか、一つ大きな重要局面であるのではないでしょうか。

    個人的には西方選手と川口選手辺りは頭角を出して欲しいですね。あとは宋選手がここ1年全く名前を見ていないので大丈夫なのか心配です。そんなに大きな怪我をしてしまったのでしょうか。。。

    あとは山対策ですかね。神奈川大に山専用選手を育てる力は今はないと見た方が良さそうなので、それなら安田共貴選手辺りに任せた方が可もなく不可もなく終わると思います。

    • hakonankit より:

      >ライオンズファンさん
      多くの場合は、4年生がうまくリードできないと厳しい駅伝になることが多いですね。シード権を狙うのにギリギリの戦力のチームは特にそうなのかなと感じました。

      今年のチームは上級生の主力はしっかりしている印象なので、しっかりと駅伝の流れに乗れれば、充分に今年のシード校とバトルできる潜在能力はあると思います。2年生の伸び、山対策もうまくすすめばいいですよね。

  2. より:

    神大は、もっと記録会へ積極的に参加すべき。他校の選手との実力差を計るべき。それがモチベーションとなると思う。
    伝統の金タロ-飴集団走は今の時代古い。積極的に前を追える事が必要。このままでは、箱根から消滅する。
    今は20年前の箱根のレベルではない。

    • hakonankit より:

      >夫さん
      熱い声援ですね。神大も以前に比べればだいぶ記録会に出るようにはなってきていますよ。鈴木選手ら4年生世代の時に最後の箱根がうまくいけばよかったのですが、今は作り直しですね。成長スピードは以前に比べると上がってると思いますよ。

  3. 山猿 より:

    正直なことを言えば、あと2枚ほど駒が足りない印象ですね。
    山登りにはエースか2番手を使わないと、シードは無理でしょう。
    そうすると、復路が余りにも人材が薄い。
    1年に生きの良いのがいれば、盛り上がるが。