スポンサーリンク

【日本学生ハーフ2018】記録・結果/青山学院大・梶谷瑠哉③選手が優勝!

シェアする

参照サイト:http://tachikawa-half.jp/

2017-2018大学駅伝シーズンの最終戦と言ってもいいですね。

日本学生ハーフ2018の上位結果と大学別結果です。

スポンサーリンク

立川シティハーフマラソン2018兼

第21回日本学生ハーフマラソン選手権大会

開催日:2018年3月4日(日)9時30分スタート

比較的気温が高い(寒暖差あり)中、行われました。

70分以内全結果(http://www.iuau.jp/ev2017/21mhalf/21mhalf_results.pdf)

スポンサーリンク

上位結果

1位梶谷瑠哉(青山学院大③)63分20秒
2位伊勢翔吾(駒沢大③)63分31秒
3位西田壮志(東海大①)63分36秒
4位野田一輝(順天堂大②)63分43秒
5位馬場祐輔(拓殖大③)63分45秒
6位山田滉介(青山学院大③)63分45秒
7位橋本龍一(順天堂大②)6346
8位島貫温太(帝京大②)6352

https://twitter.com/iuauj/status/970123776485597185

順大・橋本選手や東海・西田選手がかなり積極的なレースを展開しましたね。その中で西田選手が一時抜け出しましたが、終盤はまもなく最上級生となる梶谷・伊勢選手が意地を見せましたね。梶谷選手は暑さの中でもしっかり対応しました!一皮むけてくるかもしれません。

大学別:箱根駅伝1位ー10位

まずはシード権を獲得したチームのまとめとなります。

青山学院大学

1位梶谷瑠哉③63分20秒
6位山田滉介③63分45秒
10位吉田祐也②64分09秒
12位竹石尚人②64分10秒
62位松葉慶太①65分29秒
79位中根滉稀②65分46秒
96位小野田勇次③66分00秒
98位植村拓未②66分02秒
吉田圭太①66分06秒
松田岳大③66分23秒
新号健志①67分06秒
林 奎介③67分17秒
森川弘康①67分52秒
大藏洋人①68分07秒
橋間貴弥③68分32秒
岩見秀哉①68分40秒
永井拓真②68分44秒
鶴貝彪雅①68分56秒

先の紹介通り、梶谷選手が素晴らしいレースを見せましたね。大学駅伝3度とも生き切れなかった悔しさから、食生活の改善などもあったそうですが、タイトルを得たのはとても嬉しいことだと思います。今後のレースも楽しみですね。

また、箱根をあと一歩で走れなかった山田・吉田祐選手もトップ10に入る成績でレギュラー争いに名乗りを上げてきました。竹石選手も痙攣がありつつもまとめていますね。他、主力メンバーはジョギングで練習!また春の開花が楽しみですね。

東洋大学

岡里彰大①66分23秒
野口英希①66分54秒
田中龍誠①66分56秒
杉村宗哉①67分37秒
中野創也②68分26秒
小倉知也①68分45秒
飯島圭吾①69分02秒
土壁和希②69分17秒

東洋大は若手メンバー中心でしたね。箱根5区を走った田中選手を同じ1年の岡里・野口選手が上回りました。このあたりのメンバーで秋になって出てくる選手がいるといいですね。

早稲田大学

28位渕田拓臣①64分54秒
45位大木皓太②65分09秒
清水歓太③65分55秒
西田 稜③67分10秒
平子凛太郎②67分25秒
三上多聞②68分04秒
岡田 望③68分14秒

箱根6区8区を走った渕田・大木選手がまずまず。箱根では共に区間二けたの苦しい走りでしたが、次回大会での飛躍したい選手たちですが、これでキッカケを掴めればいいですね。

スポンサーリンク

日本体育大学

宮﨑勇将③66分18秒
白永智彦②66分19秒
林田元輝③66分42秒
室伏穂高③66分52秒
鈴木烈剛②66分54秒
山中貴善②67分10秒
森崎拓海③67分55秒
冨田真佑②67分58秒
酒匂郁海③68分40秒
古謝将大①68分55秒
濵田 諒②69分10秒

主力の室伏・宮崎選手やレギュラーを掴みたい選手たちが出場しましたが、今回はもう少しだったかな?宮崎選手は久々学内トップの成績、白永選手が比較的安定しているかなと思います。

東海大学

3位西田壮志①63分36秒
9位小松陽平②64分05秒
56位郡司陽大②65分20秒
85位東 優太③65分50秒
中島怜利②66分04秒
河野遥伎②66分23秒
加藤拓実③66分47秒
上村亮太①66分52秒
鈴木雄太①67分34秒
鈴木恒介①68分47秒
坂口拓男③69分00秒

東海大の山登りの控えだった西田選手が素晴らしい走りでしたね。終盤勝負に言って一時単独トップにも立ちました。最後までしっかり走って表彰台立ったのは、今後の活躍に期待ですね。順調なら東海大の箱根の不安要素が一つ解決します!

また、1万28分台出しながらも箱根メンバーに入れなかった小松選手も個人順位トップ10に入り、距離の不安を克服しつつありますね。東海大の選手層がより厚くなってきます!

法政大学

48位大畑和真③65分11秒
82位増田蒼馬②65分48秒
97位松澤拓弥②66分01秒
佐々木虎一朗②66分16秒
本多寛幸③66分35秒
奥山智広①67分00秒
中村雅史①67分04秒
須田大貴②67分26秒
一瀬泰大①67分38秒
強矢涼太②68分21秒
土屋勇樹②68分33秒
鈴木 快①69分07秒
田辺佑典①69分38秒
糟谷勇輝①69分52秒

新たに主将となる大畑選手がチームトップ!箱根前からずっと上昇曲線を描き続けていますね。増田・佐々木選手も箱根4区出走の松澤選手と競っていてレベルアップに期待できそうです。

それから1年時に箱根を走っている本多選手が久しぶりにチーム上位に名前を見ましたかね。もう一度上がってきてほしい選手だったので良かった。少しで遅れている現1年生は奥山・中村選手が今後の目途立ってきているかなと思います。

スポンサーリンク

城西大学

24位荻久保寛也②64分44秒
27位鈴木勝彦③64分54秒
87位服部潤哉③65分52秒
93位雲井崚太①65分59秒
梶川由稀①66分04秒
菊地駿弥①66分23秒
野上亮祐①67分04秒
峐下拓斗③67分50秒
田部雄作①67分56秒
宮沢真太②67分57秒
志賀颯太①68分41秒
竹林宏斗①68分43秒
中原佑仁②69分02秒
佐藤忠俊②69分11秒
佐藤友哉②69分23秒

箱根10区を走った荻久保選手、補欠だった鈴木選手が64分台で走り、成長した姿を見せましたね。新チームでいよいよ主力入りなるか。1年生は箱根前に話題になっていた梶川・菊地・野上選手を、雲井選手が上回りました。一人だけ65分台というのもいいですね。この世代はこれからぐんぐん伸びてきそうな気がします!

拓殖大学

5位馬場祐輔③63分45秒
69位吉原遼太郎①65分38秒
70位鈴見侑大③65分40秒
83位清水崚汰①65分48秒
92位中井槙吾②65分58秒
藤井拓実②66分38秒
楠本幸太郎②66分38秒
吉田皓紀①66分53秒
赤﨑 暁②66分56秒
前田晃伸①67分12秒
青柳拓郎①67分36秒
新井祐太①67分46秒
土井春樹②68分18秒
西山勝貴②68分37秒
桑原良樹②69分00秒

新チームでエース級の馬場選手は5位入賞!さすがですね!デレセ主将を支えながらいろんな面で活躍してほしい選手です。また、レギュラーを狙う選手が複数65分台で奮起しましたね。1年生では石川選手が箱根7区出走しましたが、同じ1年吉原・清水選手が好走したのは刺激になるのでは?鈴見選手ももう一度箱根狙ってほしいですね。

帝京大学

8位島貫温太②63分53秒
14位田村丈哉②64分17秒
18位平田幸四郎②64分30秒
19位小野寺悠①64分31秒
35位星  岳①64分58秒
44位吉野貴大②65分09秒
46位横井裕仁③65分10秒
54位田村岳士②65分16秒
60位濱川 駿③65分23秒
71位山根昴希①65分40秒
76位後藤佑太郎②65分44秒
95位橘高健一③65分59秒
境 勇樹①66分40秒
齋藤 槙③66分41秒
小林 誠③67分23秒
大塚瑞季③67分24秒
谷村龍生①67分35秒
阿部有希③68分21秒
福島健斗①68分26秒
幸崎一聖③68分31秒
新関友基③68分48秒
安立弘樹②69分07秒
井手優太③69分32秒

今回一番収穫があった大学ではないでしょうか。12人がトップ100以内に入って、帝京大の育成の凄みを見ました!
まず上位に入ったのは次の箱根でリベンジをしたい選手ですね。10区と8区で共に区間二けただった島貫・田村丈選手がまずはハーフをしっかり走れるところを見せてきましたね。主力の平田選手を上回ったところもグッドだと思います。

また、前半戦で期待されながらも駅伝出走ならなかった小野寺・星選手が64分台で、吉野・横井・濱川選手ら上級生を上回ったのもポイント、他にも65分台に入った新戦力も出てきています。今年こそ台風の目になるかも??

中央学院大学

13位髙橋翔也①64分16秒
17位石綿宏人①64分25秒
29位市山 翼③64分56秒
30位有馬圭哉②64分57秒
53位福岡海統③65分15秒
75位光武 洋③65分43秒
81位川村悠登②65分46秒
89位城田 航②65分54秒
石原圭祐②66分04秒
畝 歩夢①66分05秒
玉沢良太③66分13秒
長山瑞季②66分15秒
川﨑耕平①66分19秒
杉谷駿輔③66分31秒
戸口豪琉①66分44秒
五十嵐拓也③66分59秒
實政瑛久③67分05秒
大濱 輝②67分08秒
石井 海③67分19秒
打越晃汰②68分03秒
篠原崇希③68分12秒
藤井雄大②68分57秒

1年生ながら駅伝でしっかり走っていた髙橋選手が、ハーフ2回目でいい記録を出しましたね。今年一気に主力入りなりそう!?それに同じ1年の石綿選手が続いたのがびっくり!同学年にライバルが出てきたのもいいところだと思います。

市山・有馬選手、それから駅伝メンバーまでもう少しの福岡・光武選手もまずまず踏ん張っています。ここからもうひと伸びできるか注目です。

スポンサーリンク

大学別:箱根駅伝11位―20位

続いて、シード権を獲れなかったチームです。なお、箱根予選でほぼ同じコースを走ります。

順天堂大学

4位野田一輝②63分43秒
7位橋本龍一②63分46秒
25位難波皓平②64分45秒
34位金原弘直③64分58秒
39位藤曲寛人②65分02秒
64位鈴木雄人②65分30秒
80位山田 攻③65分46秒
内山将志①66分29秒
清水颯大①67分05秒
髙林遼哉②67分16秒
吉岡幸輝③67分32秒
小畠隆太郎②67分48秒
馬場スタン恵③68分53秒
小阪竜也②69分38秒

順大は塩尻選手以外の主力が多く出場しましたね、順大はハーフにあまり出場しないイメージなのですが、箱根予選を走るコースということもあってか、今回は合わせてきました。

来季に真価が問われるだろう新3年の選手が結果を出しましたね。野田・橋本選手が共に好走、トップが狙える中で悔しさもかなりあったそうですが、これで一皮むけてくるかもしれませんね。難波選手も徐々に自身取り戻せていければ。

また、箱根にあと一歩届かなかった金原・藤曲・鈴木選手もある程度まとめてきました。3人共、長いロードに自信がある選手たちですので、秋に更に力強さがついていればと思いますね。あと、期待されている中では清水選手が苦しいロードシーズンになってしまいましたかね。また春までに状態を整えてほしいです。

駒澤大学

2位伊勢翔吾③63分31秒
16位物江雄利③64分24秒
20位白頭徹也③64分36秒
23位神戸駿介①64分43秒
38位伊東颯太①65分00秒
52位佐々木聖和②65分15秒
中村大成②66分20秒
小島海斗①67分20秒
片西 景③67分42秒
堀合大輔③67分43秒
下 史典③67分44秒
中村大聖②67分51秒
若林大輝①68分53秒

日本学生ハーフといえば駒大の印象も強いですかね。今回は主力は30㎞レースを直前に走ったこともあり、ペース走となりました。

そんな中、上尾ハーフで一気に台頭してきた伊勢選手が箱根と3レース、20㎞超えのレースで結果を残しました。2位は立派な成績です。主力の一人、と言ってもいいかもしれませんよ。

それからもうすぐ最終学年になる物江・白頭選手も上位に。彼らの更なる台頭があれば選手層に厚みが増します。他、12月日体で頑張った佐々木選手や、1年生の神戸・伊東選手が長い距離で結果を出しました。リベンジの来季へうまく滑り出しています。

神奈川大学

49位北﨑拓矢①65分12秒
59位佐久間勇起③65分23秒
78位越川堅太②65分45秒
91位宗 直輝②65分56秒
阿比留和弘③67分43秒
日野志朗②68分24秒
杉本康平①68分50秒
古和田響②69分06秒

越川選手以外は新戦力ということになりましたね。出雲出走の宗選手もまずまずでしたが、北崎・佐久間選手が良かったですね。1年生世代はやや出遅れている感じがありましたが、北崎選手の走りがチームにいい刺激になればと思います。

國學院大學

26位臼井健太①64分49秒
33位小中駿祐③64分57秒
42位長谷勇汰③65分03秒
51位稲毛暉斗②65分15秒
63位中山貴裕③65分30秒
72位河東寛大①65分41秒
94位森 秀翔①65分59秒
山城ケイン①66分20秒
芹澤昭紀③67分02秒
稲田峻大②67分02秒
柳田大輔①67分30秒
藤村遼河①68分02秒

箱根6区出走した臼井選手が好走、細森・浦野選手と、ここのところ國學院は箱根6区を走った選手はその後主力に成長しているだけに臼井選手の今後の推移も注目されますが、果たして??

また、箱根予選出走した長谷選手の他、小中・稲毛・中山選手ら長い距離をしっかりと走れる選手が増えてきました。来期に向けて着々と育成が進んでいますね。

中央大学

55位関口康平③65分19秒
74位安永直斗②65分41秒
矢野郁人①66分46秒
冨原 拓②67分04秒
岩原智昭①67分11秒
加井虎造①67分47秒
神崎 裕③67分47秒

主将となった関口選手が更に記録を短縮してきましたね。箱根7区出走した安永選手よりも前にきました。選手層が課題のチームですので、こういうところでも盛り上げる役割は大事になってくると思います。

スポンサーリンク

大東文化大学

15位齋藤 諒③64分18秒
32位奈良凌介②64分57秒
36位中神文弘③65分00秒
65位川澄克弥②65分31秒
大久保陸人③66分24秒
吉井龍太郎①66分31秒
三ツ星翔①67分29秒
佐藤弘規②67分37秒
稻留涼斗①68分42秒
奈須智晃③68分44秒

卒業生の穴は比較的大きい方と思われる大東大ですが、主力候補の選手は上位に食い込みましたね。スピード型のイメージがある斎藤選手がこういう大会で上位に食い込めたのは大きいですね。トラックの活躍が楽しみになります。

奈良・中神選手もまずまず走れましたかね。あとは主要大会でどれだけいけるか。2週間前に熊日30㎞に出ていた川澄選手も連戦の中ようまとめた印象です。他、大久保・吉井選手に目途が立ちましたかね。少しずつ戦力を整えてきています。

東京国際大学

11位伊藤達彦②64分09秒
58位熊谷真澄①65分20秒
67位佐伯 涼①65分36秒
堤 完一③66分12秒
原田和輝①66分19秒
浦馬場裕也③66分26秒
中島哲平①67分30秒
栗原卓也①67分38秒
内山涼太②68分00秒
中村南斗③68分04秒
三浦大和①68分46秒

次のチームのエースとなる伊藤選手が好走しましたね。関東ICなどで入賞する力も徐々についてきているかもしれません。次の飛躍が楽しみ。

また、新戦力として1年熊谷選手があがってきましたね。箱根6区候補ながら16人から外れていたのですが、長い距離結果を残しました。同じ1年佐伯・原田選手、それから箱根予選で健闘した堤・浦馬場選手らも負けじと食いついています。

山梨学院大学

川口竜也②66分11秒
宮地大輔②66分25秒
遠藤悠紀①66分32秒
伊藤大生②67分00秒
野田康介②67分18秒
原口 翔②67分38秒
熊谷尭之①67分49秒
荒井祐人①67分50秒
片山優人③67分55秒
新宮大貴③68分05秒
吉田 巧①68分56秒
高瀬魁舟②68分57秒
小西耕生①69分17秒

次期主力候補やサテライトの選手など結構多く出場しましたが、今回はあまり目立ったなかったかな?川口・宮地選手はもっと力のある選手だと思うので、またチームを引っ張れる状態にあがってほしいですね。

国士舘大学

47位戸澤 奨③64分11秒
57位藤江千紘③65分20秒
61位内山 武③65分29秒
高田直也③66分03秒
山口純平②67分43秒
大西 彰②68分03秒
鼡田章宏②68分12秒
福田有馬②68分13秒
松村直哉①68分14秒
大野 力③69分03秒
杉本恭吾②69分10秒
吉野 翔①69分18秒

ロードシーズン通じて調子が悪かった戸澤選手がチームトップの好走!ロードから伸びてきた選手なので復調は嬉しいですね。藤江・高田選手もまずまず。内山選手あたりが伸びたのも良かったです。中堅と闘うために、もう少しずつ戦力あげていきたいところ。

上武大学

77位川原 巧②65分44秒
石井智大②66分15秒
坂本貫登①66分23秒
淵 喜輝③66分30秒
松下恭一郎③66分42秒
寒河江璃矩②67分57秒
久保田直生③68分24秒
堀口翔太②68分31秒
高田俊太③68分52秒
齋藤 優②69分02秒
岩崎大洋①69分11秒
熊倉優介③69分22秒

川原選手がある程度の位置で安定していますかね。石井・坂本選手あたりもまずまずです。もっと上がるために、淵・松下選手らまもなく最上級生になる選手がもっとあがっていければと思います。

スポンサーリンク

箱根不出場校(予選11位ー)

日本大学

66位武田悠太郎①65分31秒
佐藤玲偉③66分13秒
横山 徹①66分20秒
野田啓太①66分53秒
金子智哉②66分54秒
岡田慶一郎③67分28秒
山田拓斗②67分51秒
加藤拓海③68分00秒
関沼和曉①68分04秒
小坂太我②68分11秒
高橋佐介①68分16秒
大平健太②68分51秒
伊藤直輝②68分57秒
河原佑哉②69分06秒
池田亜久里①69分17秒
齋藤拓海②69分20秒
遠田光太郎①69分26秒

武田選手がしっかりチームトップでしたね。もう早くもエース候補といっていいですかね。そのあと、佐藤・横山・野田・金子選手ら年末の記録会で1万29分台で出走した選手がしっかり続きました。ここから更に走力アップできる選手が出てくればいいですね。あとは加藤選手が試合復帰できました。まずは全日本予選までに上がってきてほしい。

創価大学

築舘陽介②66分04秒
上田結也②66分09秒
鈴木大海①66分39秒
郷 龍輔③67分15秒
作田将希③67分42秒
秋山優樹③68分42秒
飯嶌友哉①68分47秒
鈴木ニムラ②69分19秒
棚橋建太③69分30秒

秋の記録会で絶好調だった創価大ですが、今回はあまり目立たなかったかな?その中で、築館選手が状態を戻しつつあるのが良かったです。上田・鈴木選手らと共に主力の一人に成長していければいいですよね。

明治大学

41位東島清純③65分03秒
73位前田舜平①65分41秒
76位岸 哲也②65分50秒
99位坂井大我①66分02秒
田中龍太③66分21秒
寺前友喜①68分08秒
南 俊希②68分20秒
飯田晃大①68分41秒
岩本隼弥③69分16秒

東島選手が箱根予選から安定していますね。キーマンになるかも?全体的に距離にはまだ苦しんでいる中、前田・坂井選手が何とか踏ん張ったかなと思います。

専修大学

43位和田照也③65分03秒
84位川平浩之③65分49秒
島田匠海③66分25秒
佐藤雄基③67分14秒
西川優樹③67分47秒
横山絢史②68分35秒
辻 海里①68分39秒
塚原淳之②68分46秒
田淵智也②68分52秒
松村翔太郎①69分21秒
黒柳陽汰①69分22秒

来年度の主力に安る和田・川平選手がしっかりトップ100に入ってきたのは収穫ですかね。他、もうすぐ最上級生の選手が続きましたね。今回の経験が予選会に生かせればと思います。

麗澤大学

31位国川恭朗②64分57秒
吉鶴 実③66分02秒
宮田 僚②66分15秒
渡邉紘也③66分31秒
西澤健太③66分37秒
水野優希①66分43秒
太田来紀③67分16秒
山本将輝①67分37秒
植田陽平①67分38秒
市川 駿③67分49秒
河内宏太②68分16秒
早川朋輝①68分25秒
杉保滉太①68分45秒
村瀬佳樹③69分12秒

2大会前の学生連合に選ばれていた国川選手が復活してきましたね。吉鶴・宮田選手も一定の力がついてきているでしょうか?他、渡邊選手ら66分半ば~67分前半に何人か固まり、前回の箱根予選11位~14位のチームと、今回はあまりそん色ない走りになったと思います。

スポンサーリンク

東京農業大学

鈴木開登③66分30秒
今井優作②67分50秒
清水友斗②67分57秒
山口 武①68分27秒
安田圭吾③68分35秒
那須野幸佑②69分31秒

今回は鈴木選手が一番手でした。ただ、1万mほど今のところロードの成果は出てないのかな?

日本薬科大学

今川深透①66分56秒
時川朋也②67分46秒
神戸 巧③68分15秒
山田直樹①68分42秒
時川昌也①69分01秒
及川雄大②69分06秒
山本翔矢③69分41秒

1年生ながら1万29分台出していた今川選手が66分台で粘りました。主力は強いので、次がもっと続いてほしい。

亜細亜大学

21位米井翔也③64分39秒
立石拓海②67分10秒
山本裕二②67分13秒
柿木郁人①67分23秒
小室俊貴②67分26秒
上土井雅大②68分04秒
武 雄介③68分11秒
古川 舜③68分38秒
千田悠人①68分59秒
深澤空良①69分02秒
佐藤雄河①69分03秒

今回は米井選手が素晴らしい走りでしたね。彼や上土井・立石・古川選手あたりが、もっと安定して引っ張れるとチーム力が上がってくるように思います。

駿河台大・関東学大

駿河台大学
37位西沢晃佑③65分01秒
50位親崎達朗④65分13秒
馬場凌太②68分19秒
高倉 渉①68分34秒
石山大輝①68分53秒
内宮寛文③68分58秒
高田海成①69分28秒

1年時から箱根予選でいい走りをしていた西澤選手が良かったですね。最終学年での爆発に期待。親崎選手は学生最後のレース、学生ハーフ50位は立派だと思います!

関東学院大学
関口大樹②66分46秒
石本孝二①69分01秒
山田拓磨①69分15秒
山本旺輝②69分25秒
佐藤裕太②69分42秒

次期チームの主力の関口選手は条件が悪い中でも66分台で粘りましたね。このくらいのレベルの選手をまずは増やしていきたい。

流通経大・桜美林大・平国大

流通経済大学
菊地海斗②66分06秒
地福詩音③66分30秒
島龍之介②69分35秒

主力の一部の選手が出場。菊地・地福選手らが次のチームのエースです。

桜美林大学
森 駿太③67分23秒
古川正裕②68分21秒
小橋 新②68分36秒

今年の箱根、初めて学生連合で選手が出走した桜美林大。森選手が次に続けるかな?

平成国際大学
賀澤拓海③68分33秒
布施晴貴③69分01秒

最終学年、主力として引っ張ってほしい選手です。

明学大・慶大・その他

明治学院大学
鈴木 陸③68分11秒
大谷智希③68分36秒
坂上真生②69分00秒
雨宮大地②69分06秒
山内郁人③69分26秒

慶應義塾大学
根岸祐太③66分46秒
永野裕也③69分30秒
佐伯拓海③69分50秒

明学大も少しずつ長い距離安定する選手が増えてきましたかね。慶大もまずは最上級生が引っ張ってほしいところ。

その他
山田幸輝M1)67分45秒 埼玉大
加世田雅之③68分02秒 立教大
名取恭平④69分04秒 芝浦工大
林田祥志③69分12秒 埼玉大
山形祥貴①69分22秒 芝浦工大
元川嵩大③69分38秒 東京経済大
露木翔太③69分43秒 国際武道大

連合の矢澤選手で盛り上がった芝工大は、別の4年生の選手が69分台をマークしました。名取選手がよく頑張りました。ここは結構育成力あると思います。

また、埼大・林田選手と国武大・露木選手が69分台をマーク、最後の学年でどこまでレベルアップできるでしょうか。

他地区

関西学院大・立命館・京産大

関西学院大学
22位石井優樹②64分43秒
川田 信①67分30秒
藤井大輔②69分16秒
薮田一志①69分27秒

立命館大学
40位森 太一③65分03秒
68位辻村公佑③65分36秒
100位小岩慎治③66分02秒

京都産業大学
88位宮下朝光②65分53秒
西川和希③67分08秒
稲垣雄二①67分32秒
日下聖也③68分50秒

関西地区の”3強”の選手がそれぞれ100位以内に食い込ませているのは凄いですね。関西学院大は関東IC入賞の石井選手が長い距離でも結果を残しました。また立命館大は来季最上級生の森・辻村・小岩選手が3人とも上位へ。チームとして非常に面白そう!京産大も宮下・西川選手中心に、虎視眈々と上位を狙っています。この地区も盛り上がりそうです。

関西その他

龍谷大学
富田直樹②66分53秒
中川元弥③68分23秒
奥田凌平③69分26秒

京都大学
久米祐輔M1)67分33秒
谷口博紀③68分48秒
原田麟太郎②69分46秒

大阪経済大学
山口祐太②68分58秒
松原恭祐①69分39秒

びわこ学院大学
今西洸斗②67分01秒
大崎陸斗②68分29秒

他の関西地区の選手も66分~67分台が複数出ていますね。龍谷大とびわこ学院大は今年ぐっとあげていくチャンスの大学です。

他地区

植松達也②67分35秒 愛知工業大
塚本亮司②67分43秒 名古屋大
神里裕司②67分45秒 岐阜経済大
森 悠人①68分17秒 新潟大
福田純一②69分05秒 大阪学院大
宇野 翔①69分15秒 札幌学院大
山下慧士②69分25秒 皇学館大
藤本 啓②69分40秒 甲南大
松坂栄輝①69分47秒 札幌学院大

東海地区や他の地区の選手も何人か出場していましたね。愛工大の植松選手が健闘しています。名古屋大の塚本、岐阜経済大の神里選手らどんどん東海地区のレベルをあげていってほしいですね。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. りっく より:

    帝京大学不気味ですよね。秋口苦しんだ星・小野寺両1年が本格化しつつあり、2年も島貫選手の頑張りだけでなく先日の東京の岩佐選手の粘りもあり充実。ここ近年で一番充実しているのではないでしょうか?
    中央学院にも注目したいです。もしかしたら柱を完全解体して一から作り直すかもしれません。正直高砂・横川・藤田という今年苦しんだ2年生が信頼を失いつつある中で大器に化けそうな高橋選手やブレークの兆しのある石綿選手の充実が素晴らしい。あと昨年一気に伸びた有馬選手と3人が来年の主軸になるかもしれません。最上級生が箱根であまり結果を残せてないので下から突き上げて欲しいところです。

    • hakonankit より:

      >りっくさん
      そうですね。帝京大が力あるところを見せてきましたよね。帝京大は、伝統の育成力が早い学年から見られるようになって、更に進化してきているかもしれません。
      中央学院大も同じく、どんどん下からの突き上げが出てきていますので、いい雰囲気の中にあるのかなぁと思います。高砂・横川・藤田選手の巻き返しも見たいところです。

  2. ポター より:

    中央学院はハーフやトラックの時計で横川を特別扱いして無理に箱根に使わなくてもいい選手層ですよね。
    横川自体が長い距離に弱いので正直今のチームでは無理に使わなくてもいいかと。故障も多いですし。出雲全日本ならば戦力でしょうけど。
    順大の采配や調整のミスで助かりましたが、本来はシード落ちしてたところでした。あの選手層で。