スポンサーリンク

【大東文化大学】全日本大学駅伝2022区間オーダー予想~箱根予選のまとめと共に

箱根駅伝予選会が終わり、いよいよ次は全日本大学駅伝ですね。

関東15校を中心に、
全日本大学駅伝2022の区間オーダー予想をしていこうと思います。

まずは、
箱根予選トップ通過!一気に復活を遂げた
大東文化大学になります。

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2022【大東文化大学】戦力分析&区間エントリー予想

他の大学や大会の最新情報も続々更新中です!

https://hakonankit-fd.com/

スポンサーリンク

箱根駅伝予選会振り返り

START-5km 5-10km 10-15km 15km-FINISH
43位ワンジル②14分55秒 10位ワンジル②29分27秒 7位ワンジル②44分13秒 5位ワンジル②62分16秒
43位大野④14分55秒 24位大野④29分40秒 19位大野④44分51秒 20位大野④63分12秒
45位久保田③14分56秒 24位久保田③29分40秒 19位入濱①44分51秒 24位久保田③63分15秒
45位入濱①14分56秒 24位入濱①29分40秒 26位久保田③44分52秒 32位菊地③63分27秒
170位菊地③15分13秒 119位菊地③30分21秒 70位菊地③45分20秒 43位入濱①63分53秒
170位西代③15分13秒 119位西代③30分21秒 95位西代③45分45秒 71位西代③64分22秒
170位谷口④15分13秒 119位谷口④30分21秒 95位谷口④45分45秒 111位谷口④64分46秒
170位木山④15分13秒 119位木山④30分21秒 98位木山④45分46秒 121位大谷②64分54秒
170位西川②15分13秒 119位西川②30分21秒 98位西川②45分46秒 141位木山④65分12秒
282位大谷②15分21秒 239位大谷②30分45秒 187位大谷②46分14秒 153位西川②65分22秒
282位小田②15分21秒 239位小田②30分45秒 202位小田②46分21秒 221位小田②66分20秒
282位倉田④15分21秒 239位倉田④30分45秒 259位倉田③46分55秒 252位倉田③66分46秒
上10名計:12位2:31:08 6位5:00:57 3位7:33:23 1位10:40:39
LAP 3位2:29:49 2位2:32:26 2位3:07:16

 4年ぶり、それも上位での通過が予想されていた大東大。とはいえ、不出場も続いていましたし、徹底した集団走が行われていました。ワンジル選手と3つの集団ですね。

 エースワンジル選手は序盤は大集団の中にいましたが、そこからペースが上がると、徐々に前の留学生集団を追いかけていく形。それも無理せずに、2分57秒ほどのイーブンペースで追走していました。

 このあたりが非常に冷静でしたね。湿度の高い条件に、失速する選手もいました。10㎞通過で10位、15㎞通過で7位、そしてフィニッシュ時には5位にまで浮上していました。タイムも62分16秒、昨年果たせなかったエースの役割と、今年はしっかりと果たしています。

 日本人は主力選手の大野・久保田選手に、ルーキーの入濱選手も上位集団でした。10㎞までにはしっかりと日本人第2集団に付ける形で、10㎞29分40秒、15㎞44分51秒の安定したペースを刻みました。

 大野・久保田選手は、公園内でも上位争いを繰り広げて、最終的に20位台63分10秒台で2人ともゴール。このあたりはさすが主力選手ですね。入濱選手はさすがに苦しかったですが、それでも43位63分53秒に留めていて、やはり将来エース期待の選手と感じました。

 この間に、割って入ったのがもう一人主力選手の菊地選手。今回は途中まで第2集団を率いていたのですよね。10㎞119位30分21秒ですが、次の5㎞を14分59秒でカバーし、70位45分20秒に浮上。公園内に入っても、どんどん上げていき、最終的に32位63分27秒。かなり追い上げて、終盤はエース級以上の走りでした。さすが1年時から学生連合に選ばれる選手だなと感じました。

 さて、この菊地選手が10㎞付近まで引っ張った集団似たのは4年谷口・木山選手に、3年西代選手、2年西川選手。彼ら15㎞手前まで集団で走り45分45秒のタイムで100位以内にまで浮上しています。

 ここから公園内上がったのは西代選手で71位64分22秒のチーム6番手でフィニッシュ。続く選手は少し落ちましたが、谷口選手が111位64分46秒と少し踏ん張ったか。木山選手は121位64分54秒、西川選手が153位65分22秒でゴールしています。

 この間に、割って入ったのが、後方の3人集団にいた2年大谷選手。大谷・小田・倉田選手で、5㎞15分21秒、10㎞30分45秒とゆったりしたペースで通過。この時点で239位でした。

 10㎞を過ぎてから、倉田選手が苦しくなりつけず。15㎞手前で大谷選手が小田選手の前に出て、単独で追い上げます。最終的に、15㎞187位から、121位64分54秒のチーム8番手まで追い上げてますね。これでチーム10番手が153位西川選手に。主力選手も、中堅選手もしっかりまとまっての通過でした。

全日本大学駅伝メンバー&戦力分析

 箱根予選出走メンバーはある程度入っていますね。

エントリーメンバー
出:出雲駅伝、全:全日本駅伝、箱:箱根駅伝、都:都道府県対抗駅伝、高:高校駅伝

木山 凌④28分35秒47/14分08秒14≪22:予141位、21:予110位≫
大野陽人④28分35秒92/13分55秒27≪22:予20位、全予3組1位、箱8区13位相、21:予46位、20:予192位≫
谷口辰煕④28分58秒24/14分00秒45≪22:予111位、21:予70位≫
倉田 蓮④28分58秒70/13分55秒60≪22予252位、21:予189位、20:予188位、19:予130位≫
小林裕輝④30分40秒73/14分14秒26

久保田徹③28分29秒75/13分52秒20≪22予24位、全予4組6位、21:全4区8位、予119位、20:予209位≫
菊地駿介③29分00秒45/14分02秒68≪22予32位、全予4組21位、20:予120位(連合選出)≫
佐竹勇樹③30分00秒23/13分59秒46≪22:日本3障9位、関東IC3障1位、21:予222位≫

ピーター ワンジル②28分25秒20/13分31秒97≪22予5位、全予2組1位、21:予231位≫
西代雄豪②29分25秒40/14分11秒58≪22予71位、全予1組4位≫
西川千青②29分51秒08/13分54秒31≪22予153位、21:予169位≫
佐々木真人②29分52秒29/14分25秒66
大谷章宏②29分03秒54/14分38秒45≪22予121位、全予2組6位≫
小田恭平②30分33秒18/14分25秒11≪22予221位、全予1組39位≫

入濱輝大①29分33秒69/14分03秒48≪22予43位全予3組21位≫
戸田優真①/14分28秒05

 有力選手は先の通り、ワンジル・大野・久保田・菊地・入濱選手。ワンジル選手どこに入れてくるか注目ですね。あとは箱根予選出走メンバー横一線かなと思います。予選うまくいかなかった選手に、1万mの持ちタイムは良い選手もいますので、予選後の調子次第では逆転勝ちもあるかもです。

 箱根予選でエントリーされていない有力選手では、3年佐竹選手になりますかね。関東IC3障優勝で一躍名を上げました。日本ICにも出場して、箱根予選はエントリーしていませんでした。ですが、全日本駅伝で入ってくるのはちょっと気になったり。スピード区間で出番はあるのかどうか。

 全日本予選は5位通過だったものの、一人ブレーキがあった以外はかなり高順位で各選手が走っていました。箱根予選を挟んでいるのが大変ではありますが、シード権を狙っていくチームになりそうです。

全日本大学駅伝区間オーダー予想

 主力選手を7区8区に残すか、前半の固めるか、その時の調子次第で変わりそうでしょうか。

1区(9.5㎞)佐竹勇樹③30分00秒23
2区(11.1㎞)久保田徹③28分29秒75
3区(11.9㎞)大野陽人④28分35秒92
4区(11.8㎞)入濱輝大①29分33秒69
5区(12.4㎞)西代雄豪②29分25秒40
6区(12.8㎞)大谷章宏②29分03秒54
7区(17.6㎞)ピーター ワンジル②28分25秒20
8区(19.7㎞)菊地駿介③29分00秒45

1区佐竹選手…人選悩んだ結果、佐竹選手の起用あるとみます。今期は3000m障害を中心に試合に出つつも、7月に5千m13分59秒の好タイムをマークしています。夏合宿次第では、10㎞までの対応どうでしょう。枠が16人に増えたとはいえ、ここでエントリーに入ったというのは、箱根予選組が対応しにくい区間に入るのは充分あるかなと。

2区久保田選手…ここは日本人トップレベルの久保田選手でしっかり先手を打ちに行くのかなと思っています。全日本予選4組で他校のエースとも戦い、その後1万m28分29秒ベストを出しています。前半2区でどこまでやれるか楽しみな選手。

3区大野選手…大野選手を、アンカーにとって置くかなぁとも思ったのですが、1万mの記録も非常に良いですので、前半区間に畳みかけるかなと思いました。ロードも非常に手堅いですので、しっかり流れを繋いでいくかなと思います。

4区入濱選手…大学入学してからぐっと伸びたルーキーですね。全日本予選3組、箱根予選は大野選手らについていく組に入るなど、期待も高いですね。前半区間の最後の4区で、エース選手からタスキを受けることになるのではと思います。

5区西代選手…5区と6区は、基本的に箱根予選後の調子を見て、ということになると思います。ひとまず箱根予選で上位に入っている西代選手にします。また全日本予選も1組4位とまずまずでしたし出走あるか。

6区大谷選手…全日本予選好走者でいうと、2年大谷選手もそうですね。全日予選2組6位で、その後1万m29分03秒の自己ベストを出しています。箱根予選も一つ追撃する走りをしていますね。このあたり単独で前を追った経験がいきればと思います。

7区ワンジル選手…この区間にエースを投入します。長距離区間ですが、平坦なコースでスピード区間といイメージもあります。ここに全日本予選2組で、断トツの走りをしていたワンジル選手で追い上げてもらいます。自分のペースで追う区間の方がいいような気がしています。

8区菊地選手…アンカーに、主力の一角のである菊地選手を温存しておく作戦です。箱根予選では、中盤まで控えていて、後半ペースを上げていって63分前半に収めています。中盤以降に登りがあるアンカーでどうでしょうか。シード権のゴールが出来れば万歳です。

まとめ

・ワンジル選手が完全にエースに
・大野、久保田、菊地選手だけでなく、入濱選手も主力に
・全日予選好走者を中心に、本戦も構成か

 ワンジル選手が、自分の力を出し切れるようになってきたのが一番の収穫ですね。後半もしっかり走り、落ちてきた選手を拾って順位を上げていました。この走りなら、全日本大学駅伝も大丈夫そうです。

 エース級は久保田・大野選手がやはり調子よし。菊地選手もある程度走れていて、これに1年生入濱選手が早くも追いつきかけています。15㎞まではもう対応できていました。全日本駅伝でも十分前半区間のどこかに登場ありそうな形です。

 あとは、箱根予選でトップ通過したのをみるように、徐々に選手層が厚くなってきています。全日予選で健闘していた大谷・西代選手が中心でしょうが、調子次第でレギュラーは変わりそう。

 予選で、大東大復活と湧いています。とはいえ、本当の復活は駅伝で活躍してからと、首脳陣も思っておられるでしょう。調整がやや大変ですが、真名子監督の大学駅伝初陣が楽しみです。