スポンサーリンク

【結果】2022(第50回)実業団ハーフマラソン(2月13日)大学生も!

2022年2月13日(日)に、
第50回全日本実業団ハーフマラソン大会が行われました。

場所は、山口県山口市維新みらいふスタジアムでした。

 コロナ禍の中、貴重なハーフマラソン大会とあって、多くの選手が参加。さらに、先週中止となった丸亀ハーフ代替として、10名の大学生の招待もありました。

 小雨の降る中、大接戦となった大会の結果と、駅伝ファンとしての簡単なコメントです。

スポンサーリンク

【結果】2022(第50回)実業団ハーフマラソン

<p

スポンサーリンク

上位結果

【男子全体の結果】

🥇林田洋翔(三菱重工)60分38秒(日本歴代8位、大2世代)
🥈中山 顕(Honda)60分38秒
🥉田村友佑(黒崎播磨)60分38秒
4位山野 力③(駒澤大)60分40秒(日本人学生記録)
5位西山和弥(トヨタ)61分41秒
6位今井祟人(旭化成)60分42秒
7位荻久保寛也(ヤクルト)60分43秒
8位山本歩夢①(國學院大)60分43秒(日本人10代最高記録)

9位松山和希②(東洋大)60分43秒
10位小林 歩(NTT西日本)60分44秒
11位佐藤悠基(SGホールディングス)60分46秒(31歳以上日本最高)
12位難波 天(トーエネック)60分46秒
13位野中優志(大阪ガス)60分48秒
14位池田耀平(カネボウ)60分59秒
15位村山紘太(旭化成)60分59秒(兄弟で61分切りベストは初)
16位篠原倖太朗①(駒澤大)61分01秒

17位長谷川柊(カネボウ)61分02秒
18位佐藤敏也(トヨタ自動車)61分06秒
19位坂東 剛(大阪ガス)61分07秒
20位湯澤 舜(SGホールディングス)61分09秒
21位牟田祐樹(日立物流)61分10秒
22位服部大暉(トヨタ紡織)61分12秒
23位越川堅太(日立物流)61分18秒
24位横手 健(富士通)61分18秒

25位ダニエル ムイバ キトニー(TRACK TOKYO)61分19秒
26位土方英和(Honda)61分22秒
27位中村高洋(京セラ鹿児島)61分22秒(37歳以上日本人最高)
28位栃木 渡(日立物流)61分23秒
29位向 晃平(マツダ)61分23秒
30位服部勇馬(トヨタ)61分24秒
31位大石港与(トヨタ)61分25秒
32位土井大輔(黒崎播磨)61分26秒

33位阿部弘輝(住友電工)61分26秒
34位橋爪孝安(SGホールディングス)61分27秒
35位森田歩希(GMO)61分28秒
36位大池達也(トヨタ紡織)61分28秒
37位横田玖磨(トヨタ自動車九州)61分30秒
38位山田滉介(トヨタ紡織)61分34秒
39位神戸駿介(小森コーポ)61分37秒
40位花尾恭輔②(駒澤大)61分37秒

41位佐藤諒太(警視庁)61分41秒
42位中村大聖(ヤクルト)61分41秒
43位清水颯大(大塚製薬)61分41秒
44位市田 孝(旭化成)61分41秒
45位坂本佳太(ひらまつ病院)61分42秒
46位北﨑拓矢(NTT西日本)61分48秒
47位風岡永吉(JFEスチール)61分51秒
48位今井篤弥(トヨタ自動車九州)61分52秒

49位臼井健太(マツダ)61分52秒
50位石川裕之(愛三工業)61分55秒
51位大津顕杜(トヨタ自動車九州)61分56秒
52位和田照也(西鉄)61分57秒
53位小松陽平(日立物流)61分57秒
54位吉田裕晟(三菱重工)61分58秒
55位中村大成(富士通)61分58秒
56位樋口大介(中央発條)61分59秒

57位目良隼人(三菱重工)62分00秒
58位鈴木勝彦(SUBARU)62分02秒
59位安藤大樹(旭化成)62分02秒
60位西 研人(大阪ガス)62分03秒
61位吉川洋次(ヤクルト)62分04秒
62位横山 徹(日立物流)62分04秒
63位浅岡満憲(日立物流)62分07秒
64位伊豫田達弥③(順天堂大)62分11秒

65位長倉奨美(黒崎播磨)62分11秒
66位川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)62分13秒
67位吉元真司(黒崎播磨)62分13秒
68位真船恭輔(八千代工業)62分14秒
69位大森太楽(中国電力)62分14秒
70位ルンガル ジェームスギタヒ(中央発條)62分15秒
71位橋本龍一(プレス工業)62分15秒
72位大隅裕介(マツダ)62分15秒

73位大保海士(西鉄)62分15秒
74位三須健乃介(JR東日本)62分16秒
75位有村優樹(旭化成)62分16秒
76位小野田勇次(トヨタ紡織)62分17秒
77位辻村公佑(大阪ガス)62分17秒
78位村本一樹(住友電工)62分19秒
79位ジョセフ カランジャ(愛知製鋼)62分19秒
80位石井一希②(順天堂大)62分20秒

81位東 瑞基(愛三工業)62分20秒
82位小野寺悠(トヨタ紡織)62分21秒
83位金丸逸樹(戸上電機製作所)62分21秒
84位峐下拓斗(NTN)62分21秒
85位ンガンガ ワウエル(中国電力)62分24秒
86位森山真伍(YKK)62分29秒
87位坂田昌駿(中央発條)62分31秒
88位石井優樹(NTT西日本)62分32秒

89位冨田直樹(中央発條)62分32秒
90位平賀喜裕(自衛隊体育学校)62分32秒
91位山口和也(中国電力)62分35秒
92位蟹沢淳平(トヨタ紡織)62分37秒
93位坂本大志(トヨタ自動車九州)62分38秒
94位中村友哉(大阪ガス)62分42秒
95位岩室天輝(戸上電機製作所)62分44秒
96位熊橋弘将(山陽特殊製鋼)62分45秒

97位内田 光(YKK)62分45秒
98位有馬圭哉(マツダ)62分46秒
99位押川裕貴(NTN)62分46秒
100位河東寛大(西鉄)62分49秒
101位山田泰史(愛知製鋼)62分49秒
102位寺内將人(愛知製鋼)62分50秒
103位河村知樹(トヨタ紡織)62分52秒
104位ジョン ムリツ(トヨタ自動車九州)62分52秒

105位櫻岡 駿(NTN)62分53秒
106位河野琉威(トヨタ自動車九州)62分54秒
107位設楽啓太(日立物流)62分56秒
108位黒田雄紀(コモディイイダ)62分57秒
109位奥野翔弥(トヨタ自動車九州)62分58秒
110位定方 駿(マツダ)62分59秒
111位細川翔太郎(セキノ興産)63分02秒
112位北村友也(OBRS)63分03秒

113位堤 悠生(JFEスチール)63分04秒
114位熊代拓也(山陽特殊製鋼)63分07秒
115位長山瑞希(埼玉医科大G)63分08秒
116位秦 将吾(大塚製薬)63分12秒
117位中村駿吾(黒崎播磨)63分13秒
118位朝賀勇也(高田自衛隊)63分22秒
119位宮川慎太郎(警視庁)63分27秒
120位瀬戸祐希(中央発條)63分27秒

121位畝 歩夢(埼玉医科大G)63分28秒
122位竹内 颯(中央発條)63分28秒
123位藤木宏太④(國學院大)63分30秒
124位今西駿介(トヨタ自動車九州)63分34秒
125位森宗 渚(中国電力)63分36秒
126位越 陽汰①(東海大)63分38秒
127位畝 拓夢(日立物流)63分39秒
128位河合拓巳(トーエネック)63分40秒
129位水野裕司(I.A.R.C)63分40秒
130位原富慶季(九電工)63分40秒
以上、63分40秒以内

大学生結果まとめ

4位山野 力③(駒澤大)60分40秒
8位山本歩夢①(國學院大)60分43秒
9位松山和希②(東洋大)60分43秒
16位篠原倖太朗①(駒澤大)61分01秒
40位花尾恭輔②(駒澤大)61分37秒
64位伊豫田達弥③(順天堂大)62分11秒
80位石井一希②(順天堂大)62分20秒
123位藤木宏太④(國學院大)63分30秒
126位越 陽汰①(東海大)63分38秒

 学生も出場した今大会。箱根駅伝を初め、大学駅伝で活躍した選手の何名かが上位入賞!最後まで先頭集団についていたのは、駒大山野・國學・山本・東洋・松山選手の3名!

 特に山野選手は、トラックに入ってから勝負をかける見所も!最終的にトップと2秒差の4位に食い込む大躍進!箱根駅伝9区でも見事な追い上げでしたが、さらに力強い走りだったと思います。駒大の主将に決まってから初めてのレースで、見事に走りでみせてくれました。

 さらに3秒差の8位9位に山本・松山選手。國學院大山本選手は、10代の日本人記録にあたるようですね。勿論10代初めての60分台でもなります。高校時代からもともと力はありましたが、秋までは上がっていなかったのですよね。

 それが箱根前からぐっとあがって、箱根3区快走、そしてこのハーフ大記録!もう新チームのエースと言ってもいいかもしれませんね。

 東洋松山選手は、2年連続箱根2区で魅せていた高い走力を、他のレースでもついに見ることが出来ました。60分43秒は、やはり力があるなと思います。今年度は秋までは故障もあり、苦しい時期も長かったですが、練習継続できれば、彼ももと化けていくはずです。

 また、唯一箱根未出場から、駒大1年生篠原選手が快走!高校時代まではそこまで目立っていなかった中から、秋口の日本インカレで2位!出雲駅伝も1区を任され、夏の上り選手でした。

 でしたが、そのあとに故障し、箱根駅伝はエントリーされるも間に合わなかったのですよね。その中で実業団ハーフにエントリーされましたが、61分01秒と主力選手とそん色ないタイム!優勝を目指してくチームで欠かせない存在なっています。

 そのほか、同じ駒大で花尾選手が61分37秒。少しでもスタミナ面自信がついていくきっかけになれば。順大の躍進を支えた伊豫田・石井選手は、箱根がピークだった形ですが、しっかりまとめきっています。挑戦する機会があって、良かったと言える結果ですね。

実業団チーム別結果まとめ

※Honda除き、3名以上出走チームのみ

三菱重工
🥇林田洋翔60分38秒
吉田裕晟61分58秒
目良隼人62分00秒
栗原卓也65分59秒

 さてさて、実業団ランナーの話題ですね。NY駅伝で一時単独トップをひた走っていた三菱重工から、若手林田選手が見事に優勝!若手というか大2世代ですね。ビッグパフォーマンスでした。

 確か、昨年の九州駅伝では、トップから離される走り。ロードは苦手ということでしたが、NY駅伝3区3位好走、そしてハーフマラソンでこの成績!一気に飛躍したシーズンになりました。

 また、NY駅伝走っていない吉田選手が61分台好走していて、選手層も厚くなっていますね。

Honda
🥈中山 顕60分38秒
土方英和61分22秒

 NY駅伝優勝校、Hondaから6区7区トップを快走した中山・土方選手が出場。2人ともレベルが高い記録ですね。とりわけ、中山選手は最後まで優勝争いをして、60分38秒好記録またぐっと伸びる時期になっていますね。

黒崎播磨
🥉田村友佑60分38秒
土井大輔61分26秒
長倉奨美62分11秒
吉元真司62分13秒
中村駿吾63分13秒

 今年のNY駅伝躍進の入賞の黒崎播磨もいい記録が出ていましたね。3区好走の田村友選手さすがの60分38秒。同タイム3位に悔しさはあるでしょうし、タイムに大きな価値はあると思います。

 61分26秒の土井選手は、初マラソン歴代3位の記録を持っていて、駅伝は5区を走った選手ですね。やはり長い距離は強いです。

トヨタ自動車
西山和弥60分41秒
佐藤敏也61分06秒
服部勇馬61分24秒
大石港与61分25秒
山藤篤司64分00秒

 トヨタは西山選手が、爆発的な走りをしてくれましたね。八王子で1万m27分台を達成していましたが、ハーフマラソンの記録も60分41秒と高レベルとなってきました。これからもっと強くなるはず。

 また、NY駅伝を走っている服部・大石選手を、佐藤選手が上回って61分06秒!主要大会ではまだ見せていない、長距離ロードの強さをまた見ることが出来れば。

旭化成
今井崇人60分42秒
市田 孝61分41秒
安藤大樹62分02秒
有村優樹62分16秒

 旭化成は、新たな若手が台頭してきましたね。立命館大出身の今井選手が60分42秒のナイスパフォーマンス。本人にも大きな自信がつくのではないでしょうか。

ヤクルト
荻久保寛也60分43秒
中村大聖61分41秒
吉川洋次62分04秒
春日千速63分51秒

 ヤクルトは、NY駅伝主要区間4区5区を繋いだ荻久保・中村選手が好記録。特に荻久保選手は60分43秒とトップに肉薄するタイムでした。1万mも27分台ですし、強くなっています。また、吉川選手が復調傾向なのにほっとしています。

NTT西日本
小林 歩60分44秒
北﨑拓矢61分48秒
石井優樹62分32秒
馬場翔大64分53秒
城越勇星66分54秒
森田諒太67分17秒

 NY駅伝で良かった選手が、今回も良かったですね。3区快走していた小林選手がトップに肉薄する60分44秒。駒大上級生時代から本当に右肩上がりが続いていますね。北崎選手もロード逞しくなっています。

SGホールディングス
佐藤悠基60分46秒
湯澤 舜61分09秒
橋爪孝安61分27秒

 35歳佐藤選手が60分46秒自己ベスト!ベテランの領域にきて自己ベストは、本人もうれしいのではないでしょうか。なお、31歳以上日本最高記録だそうです。まだまだ戦える選手。

 また、元々ロード強い湯澤選手が61分09秒と逞しくなりました。また、駅伝メンバーには入っていなかった橋爪選手が61分27秒好記録。久々に入賞したチーム、やはり勢いがありますね。

トーエネック
難波 天60分46秒
河合拓巳63分40秒
河合代二63分50秒

 麗澤大からトーエネックに入って1年目難波選手は、今年さらに飛躍する年になりましたね。NY駅伝3区でも好走していましたが、ほんとに高いレベルのスピードを身に付けましたね。

大阪ガス
野中優志60分48秒
坂東 剛61分07秒
西 研人62分03秒
辻村公佑62分17秒
中村友哉62分42秒
岩﨑祐也64分14秒

 今年はNY駅伝に出場できなかった大阪ガスですが、主力選手は元気!野中選手が60分48秒と好記録、坂東選手も61分07秒と力のある所を見せました。他、西選手ら62分台で続きました。チーム力は高いですね。

カネボウ
池田耀平60分59秒
長谷川柊61分02秒

 NY駅伝で3区を走った池田選手と、6区の長谷川選手がそれぞれ好記録。61分前後で走って力のある所を見せました。

GMOインターネットグループ
村山紘太60分59秒
森田歩希61分28秒
島貫温太63分45秒

 村山紘選手が、GMOに入ってから着々と復活の道を歩んでいますね。初めてハーフマラソンで60分台を記録!なお、兄弟で60分台ベストは、日本史上初めてだそうです。見事ですね。

 他、森田選手がまずまず走れたのが朗報ですかね。

日立物流
牟田祐樹61分10秒
越川堅太61分18秒
栃木 渡61分23秒
設楽啓太62分56秒
畝 拓夢63分39秒
永戸 聖64分13秒

 NY駅伝3区4区と中核を担った牟田・栃木選手に、走っていない越川選手が間を割って入ってきましたね。61分前半で、まずまず好記録です。

トヨタ紡織
服部大暉61分12秒
大池達也61分28秒
山田滉介61分34秒
小野田勇次62分17秒
小野寺悠62分21秒
蟹沢淳平62分37秒
河村知樹62分52秒

 愛知工大出身、NY駅伝で1区を走っている服部選手が61分12秒好記録でチームトップ。実業団で大躍進ですね。同じくNY駅伝走っている大池・山田選手も61分半ばでまずまず。小野田選手らも62分台で続きました。

富士通
横手 健61分18秒
中村大成61分58秒
田中佳祐63分44秒
大森 澪66分44秒
下 史典67分23秒

 NY駅伝は思わぬ結果となった富士通ですが、メンバー外だった横手選手が61分18秒好走。ここはやはり力がありますね。

マツダ
向 晃平61分23秒
臼井健太61分52秒
大隅裕介62分15秒
有馬圭哉62分46秒
定方 駿62分59秒
山本雄大63分44秒
廣 佳樹65分02秒

 NY駅伝3区を走っている向選手が61分23秒と好記録を出しています。他、臼井選手が62分切り、大隅選手が62分15秒までまずまずでしょうか。

住友電工
阿部弘輝61分26秒
村本一樹62分19秒
熊谷拓馬65分18秒

 住友電工阿部選手が61分26秒とまずまず。大学4年の頃からやや不安定ですが、今回は良くてほっとしました。

トヨタ自動車九州
横田玖磨61分30秒
今井篤弥61分52秒
大津顕杜61分56秒
坂本大志62分38秒
ジョン ムリツ62分52秒
河野琉威62分54秒
奥野翔弥62分58秒
今西駿介63分34秒
大城義己64分23秒
右田綺羅67分00秒

 NY駅伝を走っている大津・今井選手が61分50秒とまずまず。これをメンバー外横田選手が上回る61分30秒。新たな戦力の台頭ですね。

警視庁
佐藤諒太61分41秒
宮川慎太郎63分27秒
市田拓海64分02秒

 警視庁から佐藤選手が61分41秒好記録。またNY駅伝で見たいチームの一つです。

大塚製薬
清水颯大61分41秒
秦 将吾63分12秒
髙橋裕太63分57秒
宮木快盛66分53秒

 NY駅伝3区で好走していた清水選手はさすが61分台。このくらいのレベルの選手が増えてくれば。

JFEスチール
風岡永吉61分51秒
堤 悠生63分04秒
櫻井亮也63分48秒
岩崎大洋64分01秒
川平浩之64分20秒
今西洸斗66分19秒
上坂優太DNF
岩田拓海DNF

 爆発力のある風岡選手が61分51秒好記録!NY駅伝今回はうまくいかなかったですが、また全員で力をつけてくれば。

西鉄
和田照也61分57秒
大保海士62分15秒
河東寛大62分49秒
篠原義裕68分56秒

 NY駅伝出走メンバーではない、和田選手が61分57秒と結果を残しています。西鉄も股上り調子になっていければ。

中央発條
樋口大介61分59秒
ルンガル ジェームスギタヒ62分15秒
坂田昌駿62分31秒
冨田直樹62分32秒
瀬戸祐希63分27秒
竹内 颯63分28秒
三輪晋太朗63分48秒
矢嶋謙悟66分56秒

 中央発條からは、NY駅伝4区を走った新エース樋口選手が61分59秒の好記録をマークしています。坂田・富田選手らも続きましたね。

中国電力
大森太楽62分14秒
ンガンガ ワウエル62分24秒
山口和也62分35秒
森宗 渚63分36秒
新迫志希66分58秒

 中国電力は、NY駅伝6区7区でリレーした大森・山口選手が62分台で走破しています。

安川電機
岡田浩平64分39秒
山口晟弥65分18秒
加藤風磨67分08秒
高橋尚弥69分51秒

NTN
峐下拓斗62分21秒
押川裕貴62分46秒
櫻岡 駿62分53秒

 NTNは、ベテラン押川選手、そして峐下選手ら新たな主力となっていく選手が62分台で走っています。

プレス工業
橋本龍一62分15秒
福島弘将65分25秒
藤江千紘66分41秒

愛知製鋼
ジョセファ カランジャ62分19秒
山田泰史62分49秒
寺内將人62分50秒
内藤圭太63分50秒
真砂春希65分22秒

山陽特殊製鋼
熊橋弘将62分45秒
熊代拓也63分07秒
山端哲世68分18秒

 NY駅伝出場できなかったチームですかね。プレス工業は橋本選手が62分15秒まずまず。愛知製鋼は山田選手、山陽特殊製鋼は熊橋選手と新たな主力が62分台、頑張りました。