スポンサーリンク

【帝京大学】大学駅伝2019-2020シーズンに向けて~戦力分析や区間予想

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

2019年の前半シーズンが終了。各大学、夏合宿となっていきますね。

その間に、有力校の現状の戦力分析や、秋の大学駅伝の区間オーダー予想などをしていきたいと思います。

前回箱根駅伝5位帝京大学は、さらなる上昇気流に乗ることはできるのでしょうか

スポンサーリンク

【帝京大学】大学駅伝2019-2020現状の戦力分析

スポンサーリンク

主力選手・駅伝成績まとめ

10000m持ちタイムトップ10
※関東インカレは2部
島貫温太④28分30秒52≪19:箱6区5位、18:出6区11位、箱10区15位、17:全6区7位、予87位≫関東IC5千9位
遠藤大地②28分34秒88≪19:箱3区3位、18:全4区3位、出1区11位≫関東IC5千12位
平田幸四郎④29分09秒32★≪18:全8区14位、箱5区8位、17:予95位、箱9区8位、16:全8区14位≫関東IC1万7位
岩佐壱誠④29分11秒41≪19:箱7区6位、18:全3区7位、出3区7位、箱1区16位、17:全1区13位、予12位、箱7区8位、16:全3区13位、出2区8位≫関東IC5千
星  岳③29分12秒09≪19:箱10区1位、18:出5区6位、17:予188位≫関東ICハーフ12位
鳥飼悠生③29分13秒50★≪18:箱8区9位≫
中村風馬②29分13秒58★関東ICハーフ11位
小野寺悠③29分14秒22≪19:箱5区16位≫関東IC1万14位
吉野貴大④29分17秒30≪17:予63位≫関東IC1万
小森稜太④29分18秒08★≪19:箱9区3位、18:全5区4位、箱9区10位、17:全8区10位≫関東ICハーフ

その他、有力選手
谷村龍生③29分37秒87≪18:全6区9位、出4区5位≫
増田 空③29分38秒38
田村丈哉④29分41秒49≪18:箱8区11位、17:予46位≫関東IC3障2位
田村岳士④29分42秒13
橋本尚斗②29分44秒44★関東IC3障11位
岡 智洋④29分46秒21
細谷翔馬②29分53秒45
郷明日翔②5千14分19秒85★
菅家 空①5千14分20秒46★

箱根駅伝2019の成績からして、一気にエースになるかと思われた3年星・2年遠藤選手あたりはちょっと足踏み状態。その中で遠藤選手は戻りつつありますかね。4年岩佐・島貫選手、3年小野寺選手らもまずまず、秋に主役になる可能性は充分。

10000mの更新で見ると、ロード型の4年生平田・小森選手がひと伸びありましたね。平田選手は関東インカレで驚きの入賞がありました。また3年鳥飼・2年中村選手も伸びてきてぐっと層の厚みがましたね。5000mも自己ベストラッシュ、育成型のチームゆえ、下級生少ないですが菅家選手らが大幅ベストでした。

平田選手ら、中堅どころの4年生にベスト!頼もしい選手が増えた

良かった点はロードがの上級生でしょうか。特に4年生平田選手に目立った戦績がありましたね。関東インカレ2部10000mで7位入賞!どちらかというとロードで渋い走りをする選手と言った印象の選手。昨年の大学駅伝も全日本の最長距離8区での出走でした。

ただ、箱根駅伝の10人の枠には惜しくも入れず、悔しい思いの経験も。4年の春更に逞しくなりました。同じ4年でロードタイプの小森選手もここにきて完全に主力級の活躍を見せていますね。

また、4年島貫選手もスピードに磨きがかかり、5000mも13分台で、10000mと合わせて現チーム2種目チームトップに!3年鳥飼選手も箱根駅伝8区出走以降ぐっと成績が良くなって、頼もしい選手が増えました。ぐっと選手層が厚くなりましたね。

忘れてはいけないのが4年田村丈選手。関東インカレ3障では激走を見せて2位!長い距離も対応していた事もあります。秋以降もひそかにチェックした方がいい選手です。

前半エース区間候補の選手がやや伸び悩みか

その代りエース候補と言われていた選手が、もう少しでしたかね。箱根駅伝3区でごぼう抜き62分台の快走をみせた遠藤選手は、自己ベスト更新とはいかず。同じく箱根で10区区間賞の星選手も大きくは目立てず。前半区間の経験が多い岩佐選手も、少し足踏み状態でした。

この経験が秋以降どう繋がっていくか。春の状態だと、選手層は厚いのですが、出雲駅伝や全日本大学駅伝が、上位争いにうまく絡めない可能性もあるのかもしれません。この夏次第で、また前回以上の活躍があるかどうか。

下級生では2年中村選手に目途が立ってきた印象

育成で伸ばしていくチーム故に、下級生は中々駅伝メンバーまでいかないのが毎年の帝京大ですが、遠藤選手の勢いが凄かったですね。同じ2年の世代では、中村選手が出走メンバーに入ってもおかしくないくらい力を付けました。ハーフも63分台で、全日本あたり出走あるか。5000mでは郷選手がいいですね。

1年生は、今年は特にスカウトに苦戦したのではないかと思われたのですが、もう自己ベストが出ていますね。菅家選手が既に14分20秒あたりまでタイムを伸ばしてきていて、早くも帝京大のマジックにかかったでしょうか。秋以降の伸びに注目です。

【帝京大学】大学駅伝2019-2020オーダー予想

出雲駅伝2019オーダー予想

1区(8.0㎞)島貫温太④
2区(5.8㎞)岩佐壱誠④
3区(8.5㎞)遠藤大地②
4区(6.2㎞)星  岳③
5区(6.4㎞)小野寺悠③
6区(10.2㎞)平田幸四郎④

今のところ1区は4年島貫選手。トラックのスピードはありますし、関東インカレでの毎年の健闘からすると、競り合いも強い方なのかなと思います。他、岩佐選手当たりも候補でしょうか。

中盤の主要区間は遠藤・星選手のどちらかがいける状態になれれば。箱根の走りからすると遠藤選手の方が短い距離でもいけそうな気がしますがどうか?アンカーは平田選手、最長距離は今のところ彼が一番候補だと思っています。

残っている5区は、初駅伝となった箱根駅伝でやや失敗レースとなった小野寺選手。他記録会など一定の安定感はありますし、ここで一つ結果が出ればなと思っています。

全日本大学駅伝2019オーダー予想

1区(9.5㎞)岩佐壱誠④
2区(11.1㎞)島貫温太④
3区(11.9㎞)遠藤大地②
4区(11.8㎞)星  岳③
5区(12.4㎞)小野寺悠③
6区(12.8㎞)中村風馬②
7区(17.6㎞)小森稜太④
8区(19.7㎞)平田幸四郎④

全日本は出雲から1区2区入れかえて1区岩佐2区島貫選手。全日本2区はスピードエース区間の向きが強くなったかなぁと思いますので。そのあとポイントで、前回好走の遠藤選手そのまま3区、前回オーダー外れた星選手を真ん中4区に。

出雲でうまく走れたら小野寺選手引き続き起用5区。中盤のつなぎあたりでポイントになるのでは?6区には一度起用してほしいと、個人的に思っている2年中村選手。1万mの記録も伸びてきていますし、全日本あたりから登場あるかもしれません。

7区8区は4年生ですね。8区は平田選手2年連続の予想。前回からどれだけ区間順位をあげてくるか。7区は前回地元選手で5区の好走の記憶がある小森選手。もっと自信があるだろう長距離でいざエース区間勝負です。

箱根駅伝2019オーダー予想

1区(21.3㎞)島貫温太④
2区(23.1㎞)平田幸四郎④
3区(21.4km)遠藤大地②
4区(20.9km)小森稜太④
5区(20.8km)鳥飼悠生③※山登り6区(20.8km)田村丈哉④※山下り
7区(21.3km)小野寺悠③
8区(21.4㎞)中村風馬②
9区(23.1㎞)星  岳③
10区(23.0㎞)岩佐壱誠④

箱根駅伝は、現時点では例年通り4年生が中心かなぁ。特に最初の6区間に4年生4人配置です。1区はやはり島貫選手で。山下りの貴重な経験もありますが、今年のチームで1区に向いてそうなのは、今年は島貫選手かなと思ってます。

2区は今のところ平田選手かなぁ。関東インカレの好走の経験もありますし、権太坂から威力発揮できる選手かなぁと思います。そして3区2年連続遠藤選手にいい形でバトンタッチできれば、チームとして乗ってこれるかなと。

4区は、前回まで2年連続9区の小森選手を抜擢。レース経験も増えてきましたし、往路で勝負できるのではと。山登りは2人経験者を平地にしています。前回8区でまずまず走った鳥飼選手が、今のところ候補かなぁ?他に2区の選手がいれば、平田選手再度出走もあるか。

山下りはちょっと悩みましたが、ひとまず3障の田村選手を入れておきます。下りの適性は分かりませんが走るならここかなぁ?前回5区の小野寺選手も候補と思ってますがどうでしょうか?その小野寺選手は7区へ。最近ストロングポイントになってきている7区、力のある選手の力走が必要です。

8区は中村選手を登場させます。ロードで伸びてきた選手ですし、復路は存分に存在感を発揮するチャンスかなと思います。9区は、前回10区区間賞の星選手。前年の良さを最大限生かせる区間かなと。

10区は残した岩佐選手でで最後まで順位アップを狙えるオーダーへ。あとは初駅伝の4年生にできればなぁとも。一人は1年時からエントリーに入り続けている吉野選手。もう一人、昨年から急激に伸びてきた岡選手。このあたり起用悩むなぁ。

ブレーキなければ久々の3年連続シード権は見えているのかな?ただ、今年以上の成績は、他校の状況(4強、法大・國學など)を考えると、もっとプラスアルファが必要かなぁという印象です。


最も、帝京大の選手層。誰が伸びてくるかいい意味で読めない部分もあります。昨年も現3年の谷村選手が秋に勢いある走りをして、駅伝メンバーに抜擢されました。その谷村選手も再び上昇しつつありますね。育成であっと言わす部分も、帝京大は注目です

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. アリストテレス より:

    今年も楽しみな帝京大学、個人的な予想オーダーですが

    【出雲】
    島貫ー遠藤ー星ー谷村ー増田ー平田

    【全日本】
    小野寺ー島貫ー岩佐ー遠藤ー小森ー中村−星ー平田

    【箱根】
    島貫ー星ー遠藤ー岩佐ー中村
    谷村ー平田ー小野寺ー小森ー鳥飼

    ・出雲ですが三本柱で流れを作ってもらい4・5区に前回好走の谷村選手に勢いある増田選手は面白いのではないかと、最長区間は平田選手が務めるかなと思います

    ・全日本の1区は前回を見る限り重要区間ではあるもののエース格を投入するチームは関東地区では少ないはず(関学石井選手は別ですが)であれば今季5000PB、10000SBを記録している小野寺選手が上手く走れるかなと考えました。後はバランスをとりながら上位を狙っていくオーダー予想としました

    ・箱根は2区をどう乗り越えるかを考えましたが69分前後でよしとするなら平田・小森選手のロードの鬼の2人、それ以上なら島貫・遠藤・星選手からと思い、現段階ではその中で最も安定して走れそうな星選手と予想しました。岩佐選手を候補にしなかったのは岩佐選手は4区がベストと考えているためで現状4区固定としています

    これで吉野選手や岡選手やハーフ63分台を持つ複数の選手を入れられない選手層の厚さはさすがですね、1・2年生も確実に伸びてきているので今の予想オーダーをいい意味で変えさせるくらいの突き上げを楽しみにしています。まずは黒姫駅伝から

    • hakonankit より:

      >たけぽっぽさん
      今年度は距離が長くなるほど戦いやすそうな感じがしますね。その中で出雲と全日本は少し区間配置に迷ったのですが、出雲1区中村大聖選手はなるほどと感じましたねー。エースをどんどん投入して流れを作るのが得策かもしれません。スタミナ型が多いので、スピードがある加藤・田澤・伊東選手らもうまくメンバーに絡んでいってほしいですね。